北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2016/09/12

NO.1161

貸切り市電で子育て中の親子の交流サロンを開催/札幌市中央区




 札幌市中央区は、このほど同市の路面電車(市電)を貸し切って子育て世代の親子が交流する催し「貸切電車 DE 子育てサロン」を開催、3歳以下の子どもとその保護者15組32人が参加した。昨年12月の市電ループ化以降、市電とその沿線の活性化を目的として中央区が主催している貸切り電車イベントの一つで、市電に乗る機会が少ない子育て世代を対象に電車内で子育てサロンを実施することで、市電への愛着や理解を深めてもらうとともに、市電を活かしたまちづくりにも興味を持ってもらい、今後の利用につなげるのが狙いという。
 この日、参加者らはすすきの停留所から貸切り電車に乗車し、約1時間半かけて一周する間に、車窓から見える街並みや藻岩山などの景色を眺め、子どもや他の親子と交流した。電車内にはおもちゃが用意され、子どもたちは親に見守られながら思い思いに遊び、初めは互いに面識のなかった親たちも自然と打ち解けて、子育てに関する情報交換をしたりした。また、区の保健師や栄養士、保育士らによる子育て相談も開かれたほか、到着前最後のお楽しみコーナーでは、「はたらくくるま」の歌に合わせて保育士らによる紙人形劇が行われ、子どもたちは手拍子をしながら楽しんでいた。途中休憩では電車事業所に立ち寄り、事業所構内にある新型低床車両ポラリスやササラ電車(除雪車)などを見学、電車の前で記念撮影をしたり、事業所職員から市電について解説を受ける時間も設けられた。












クリスマスに貸切り列車で結婚の披露宴を開催/天竜浜名湖鉄道






 天竜浜名湖鉄道(浜松市)と同市天竜区観光協会は、地域資源を活用した結婚式を12月25日のクリスマスに開催する。同区内の教会で結婚式を挙げたカップルに同鉄道の車両を貸し切り、車内で披露宴を催すもので、同様の企画は初めて。
 貸切り列車(定員40人)は、天竜二俣駅-三ケ日駅間(約30km)を往復しながら、車内で披露宴を行う。参加費用は約88万円で、天竜区の食材を使った幕の内弁当や衣装レンタル料、列車の貸し切り料などが含まれている。
 カップルは1組限定で、9月30日まで募集し選考する。参加するカップルの年齢や既婚、未婚は問わない。事前リハーサルの参加や写真掲載に承諾することが条件。天竜区にまつわる思い出や応募動機200字程度を添え、同協会に郵送で申し込む。














三江線の事業廃止を9月末までに届け出る意向表明/JR西日本






 JR西日本は1日、以前から検討されていた三江線の鉄道事業廃止について、社内手続きを経たうえで9月末までに廃止の届け出を行う意思を表明した。同線の輸送密度はJRの全路線で最下位だった。同社管内で鉄道が廃止されるのは、2003年に可部線の一部区間が廃止されて以来初めて。
 同社では廃止理由として、短区間の移動が大半を占める三江線では拠点間を大量に輸送するという鉄道の特性を発揮できていない点や、少量かつ多様な移動という地域のニーズに合致しない点、過去10年間に2回の大規模な自然災害が発生しており、バスで代替可能な鉄道の被災と復旧を繰り返すのは合理的でない点などを挙げている。


「バスへの転換 現実的」

 ◇三江線廃止表明 美郷町長ら理解

 JR西日本が三江線の全線廃止を表明した1日、広島、島根両県の沿線6市町でつくる三江線改良利用促進期成同盟会会長の景山良材・美郷町長は「決定権のあるJRの判断を受け止めざるを得ない」と沈痛な表情で話した。JR西は1年後の廃止を想定しており、バスへの転換に向けた地元との協議を加速させる。同盟会は住民説明会などを経て、23日の臨時総会でバスへの転換について最終判断をする。
 同盟会の臨時総会は美郷町で午前9時半に始まり、6市町の首長や議会議長、JR西関係者ら約40人が出席。会議は約2時間、非公開で行われた。
 JR西米子支社の松岡俊宏支社長は、終了後の記者会見で、同盟会側に伝えた内容を説明した。
 それによると、▽JR西として三江線の鉄道事業はどのような形態であっても行わない▽廃止の届け出は9月末までに行う▽新たな交通プラン策定に協力し、初期投資費用の全額と一定期間の運営費用を負担する――とした。
 廃止日について、松岡支社長は、廃止届提出の1年後を想定しているとしつつ、「新交通プランの準備の進み具合で柔軟に対応する」と述べた。
 一方、JR西が昨年10月に廃止の方針を明らかにして以降、6市町は「JRの運営による路線存続」を強く求めてきた。
 景山町長も記者会見し、「地域の高齢化が進む中で、廃線は残念だ」と肩を落とし、「鉄道存続は、沿線自治体による負担が大きく厳しい。バス等による交通手段の確保が現実的だと共通理解をした」と話した。
 同席した広島県三次市の増田和俊市長は「残念の一語だが、受け止めざるを得ない。残る2路線の利用促進に取り組む」と述べた。
 江津市の山下修市長は報道陣の取材に、「(新交通プランの)運営費用を負担するのは、3年や5年でやめたと言われても困るとJR側に注文した」。広島県安芸高田市の浜田一義市長は「住民の生活の足の確保をどうするかということを議論していきたい」と話した。
 6市町は23日までに住民説明会を開き、各市町議会で報告する。

 ◇「切り捨てられた」「仕方ない」
 住民の受け止めは様々だ。元川本町観光協会職員の有田恭二さん(63)は「過疎化が進み、利用客が少ないのは住民の責任だと、切り捨てられた思いで悔しい。行政は本当に住民の思いをくみ取ってくれたのかどうか」と話した。
 美郷町の40歳代の男性は「カーブが多くて幅の狭い道路を、バスで移動するのはお年寄りには負担になる。その辺りまで議論できたのかどうか」と疑問を示す。
 また、休日の通学時に利用する女子高校生(18)は「利用客が少ないので廃止は仕方ないかと思うけど、不便になる」と話した。
 全線が非電化で6市町を走る単線の三江線は、1975年に全線が開通。1日1キロ・メートル当たりの平均輸送人員は、国鉄民営化の87年度の458人から、2014年度は50人と9分の1に落ち込んだ。全国の路線で最少で、年間の赤字は約9億円という。
 JR西と沿線自治体、両県は今年2月に検討会議を設置し、存続策を探ってきた。
 自治体が出資する第3セクター方式や、鉄道事業者が線路や車両を所有したまま自治体が経費を負担するみなし上下分離方式など3案で収支を試算し、運営には年間で最大8億5000万円の負担が必要とわかった。
 関西大経済学部の宇都宮浄人教授(交通経済学)の話「鉄道は地域のシンボルだが、維持には費用がかかり、JRだけに負担を求めては存続は厳しい。各地で地方鉄道の存廃が議論されているが、生きながらえている鉄道は、鉄道に価値を見いだした地元がお金を出して支えている。バスに転換しても収支が合わないことが前提。自治体は小回りの利く交通手段について議論を深めておくべきだ」

 ◇知事 議論見守る考え
 溝口知事は「JRの回答は残念」とした上で、バスへの移行について「一番大事なことは地元の皆さんの理解。沿線6市町が方向性を決めないと県がどうするとは具体的に言えない」として議論を見守る考えを示した。












運転士が考えごと…列車、駅350m過ぎて停車






 9日午前8時頃、秋田県井川町浜井川のJR奥羽線井川さくら駅で、秋田発弘前行きの下り普通列車(4両編成)が、ホームを約350メートル過ぎて停車した。
 乗客約80人のうち、井川さくら駅で降車予定だった4人は次の八郎潟駅から上り列車に乗車した。
 JR東日本秋田支社によると、50歳代男性運転士が、運転中に考えごとをしてブレーキをかけ忘れた。この影響で、普通列車上下2本が約10分遅れた。乗客にけがはなかった。
 JR秋田支社は「再発防止のため、社員の教育指導を徹底してまいります」としている。













就活運転体験会 三重交通






◆19日 仕事の説明会も
 三重交通(津市)は、バス運転手の採用活動の一環として、「バスの運転体験会」と、同社など三重交通グループのバス会社5社による「お仕事説明会」を、19日に四日市市新正の四日市自動車学校で開く。
 バス運転手を目指している人や興味のある人、就職活動中の学生らが対象で、運転業務への理解を深めてもらう狙いがある。
 体験会では、同校で補助ブレーキ付きの大型教習車を使い、指導員が同乗したうえでバスの運転を体験してもらう。女性を対象に女性運転手との座談会も開き、女性の視点での働き方を紹介する。
 説明会では、バス会社各社の採用担当者が業務内容を説明したり、来場者からの質問に答えたりする。
 体験会は予約制で、午前の部は午前10時から、女性限定の午後の部は午後1時から実施し、定員は各10人。説明会(予約不要)は午前の部は午前10時から、午後の部は午後1時から行う。参加費は無料で、普通免許を取得していることなどが必要。
体験会の予約はフリーダイヤル(0120・351・179)で受け付けている。問い合わせは三重交通人事課(059・229・5535)。












観光タクシー運行開始 中部空港発着点3コース






 中部国際空港構内タクシー営業会(名古屋市)は、常滑市の中部空港を発着点とした観光タクシーコースを県内に設定し、5日から運行を始めた。
 中部空港に乗り入れるタクシー会社でつくる同会が、中部空港を利用する外国人観光客らに知多半島の魅力を発信するとともに、タクシー観光の活性化を図る。
 コースは2時間半~3時間の三つ。同市の「めんたいパークとこなめ」、美浜町の「えびせんべいの里」、半田市の半田赤レンガ建物の3か所を巡る。出発地や到着地は、中部空港や名鉄知多半田駅・JR半田駅を選ぶことができる。運行時間は午前9時~午後5時で、料金は1万3500円と1万6500円(ともに有料道路料金などは別)。
 中部空港のタクシー乗り場で、案内係員または乗務員に観光タクシーの使用を伝えるほか、電話で名鉄知多半田駅・JR半田駅に配車を依頼する。申し込み、問い合わせは同会(0569・38・8565)。
スポンサーサイト
NO.1162 |TOP| NO.1160

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
11位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム