北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2016/07/25

NO.1149

路線バスに宅配荷物積む道内初の実験実施/北海道内のバス事業者






 路線バスに宅配荷物を積んで運ぶ道内初の「貨客混載」実証実験が、このほど上川管内の名寄、士別、下川、美深の4市町で始まった。8月からは十勝管内でも同様の実験が実施される。
 実証実験は、北海道運輸局がヤマト運輸(東京都)、札幌通運(札幌市)、地元の名士バス(名寄市)、士別軌道(士別市)と協力し、両バス会社の計3路線で1ヵ月間続けるという。過疎化で路線の維持が課題のバス会社と、ドライバー不足に直面する運送会社の双方に利点がある事業形態として注目されている。














京阪電車マナーポスター「Try! GOOD MANNERS」の第2弾/京阪電鉄






 京阪電気鉄道(株)(大阪市)は、8月から電車のマナーポスター「Try! GOOD MANNERS」第2弾を掲出する。12月からは第3弾を予定しているという。
 同社は4月から、日本民営鉄道協会の「駅と電車内の迷惑行為ランキング」調査や同社実施の「お客さまアンケート」調査をもとに、上位にあがった迷惑行為をテーマとして、シンプルなコピーとイラストでマナー向上を呼びかけるポスターを制作している。この取り組みでは、訪日外国人への対応に英語、簡体中文、繁体中文、韓国語の表記も行い、「イラストを見てすぐ分かる」内容となるよう配慮している。
 シリーズ第2弾のポスターは、「車内での会話など」をテーマに、大声での会話やヘッドホンの音漏れ等への気遣いを促す内容で約500枚を車内に掲示する。














夏休み中の路線バスで小学生50円や中学生定期券/サンデン交通






 サンデン交通(下関市)は、夏休み中の小学生を対象に1回50円で路線バスが利用できる企画「なつやすみ・こども50円バス」を始めた。バスを利用する機会が少ない子どもたちに、気軽にバスに乗ってもらおうという狙いで、今回初めて実施。
 対象路線は、サンデン交通、船木鉄道(宇部市)、宇部市交通局の全路線(一部除く)で、降車の際、運転手に「小学生です」と伝えると運賃が50円になる。適用期間は7月21日~8月31日。
 また、路線バスを連続14日間、自由に乗り降りできる中学生向けの「夏休み定期券」も販売。サンデン交通の全路線(一部除く)が対象で、8月31日まで利用でき価格は3600円。














熊本支援バス 運行報告






 東日本大震災や今年4月の熊本地震でボランティアを乗せたバスを運行した北杜市の山梨峡北交通の社長、野口正人さん(50)が22日、同市高根町箕輪新町の市社会福祉協議会で、「熊本地震から見える被災地支援~災害ボランティアとしてどう動く~」と題して講演した。
 講演は、同社協の災害ボランティアの養成研修の一環。
 野口さんは今年の5、6、7月の計3回、熊本地震の被災地に向けてボランティアバスを運行。ボランティアは被災した民家の家財道具の運び出しや、学校の体育館の崩れた壁の片づけなどを行った。
 講演では、野口さんが熊本地震の被災地で撮影したひび割れの走った道路や屋根の崩れ落ちた民家の映像を流し、「熊本では地震から3か月が経過した現在でもがれきの撤去などでボランティアが必要とされている」と現状を報告した。
 また、被災者からは「地震の時、停電で懐中電灯がどこにあるか分からなかった」との声があったことを説明。野口さんは「災害時に混乱しないよう水や食料の備蓄を確認したり、災害用伝言ダイヤルを試しに使ってみたりといった日頃の備えが必要」と訴えた。














初の安全運転訓練バス


CropperCapture[1]


 とさでん交通(高知市桟橋通)は、安全運転ができているか確認できる機能の付いたバス「安全運転訓練車」と、乗客とのやりとりを模擬体験する「接遇研修施設」を整備し、15日、報道陣に公開した。いずれも四国のバス会社としては初めてという。
 訓練車は通常のバスを改装。運転の様子を映像などで記録する「ドライブレコーダー」や、アクセルの踏み込み方がわかるメーター、燃料消費状況がわかる装置などを備えた。安全確認の訓練用に、車体外部にミラーから確認できるランプ、後部ドアの挟み込みを確認するための「手」形の装置などもある。
 研修施設は、高知市知寄町のビル内に新設。運転席や客席などバスの車内を模した設備があり、乗客とのやりとりを体験しながら、丁寧な接遇を学ぶ。
 約850万円かけて整備。19日以降、同社のバス運転手全員が年1回、バスと接遇両方の研修を受ける。片岡万知雄社長は「座学はこれまでもやってきたが、西日本一の安全安心と接遇を目指すには、どうしても実習が必要」と話した。














世界文化遺産祝うバス うえの夏まつり


CropperCapture[2]


 「うえの夏まつり」のパレードが23日、台東区の上野中央通りなどで行われ、国立西洋美術館の世界文化遺産登録決定を記念したオープンバスがお目見えした。
 バスには、上野観光連盟の二木忠男会長(63)らのほか、落語家の林家三平さんも乗車。三平さんは謎掛けを披露し、「上野の美術館と掛けまして、夏休みの休暇と解いた。その心は、『静養』がやっぱり一番です」と話すと、見物客から拍手が上がった。二木会長は「登録を機に、上野の歴史や文化を楽しみに来てほしい」と話していた。祭りは8月7日まで。問い合わせは上野観光連盟(03・3833・0030)へ。














高速道・車線維持で…自動運転、安全基準策定へ






 国土交通省は早ければ2017年秋にも、ドライバーがハンドルを握った状態で、高速道路で同じ車線を維持して走る際に必要な自動運転の安全基準を定める方針を決めた。
 国内で自動運転に関する安全基準ができるのは初めて。自動車を量産するために必要な型式指定を審査する際、テストコースなどを走行して自動運転の安全性を試験する。
 日本と欧州連合(EU)などは、国連傘下の専門会議「自動車基準調和世界フォーラム」(WP29)で、自動運転に関する共通の安全基準を作っている。自動運転の開発が進んでいる米国は加わっていない。
 WP29は17年までに、車線維持の技術に関する安全基準を策定する見通しだ。これを受け、国交省は、国連の基準に合わせ、道路運送車両法などの関連法令を改正する予定だ。
スポンサーサイト
NO.1150 |TOP| NO.1148

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
8位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム