北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2016/03/28

NO.1118

名神高速でバスなど4台の事故、8人けが…大津






 26日午前9時30分頃、大津市蛍谷の名神高速道路下り線で、「京福バス」(福井市)が運行する高速バスやトラックなど計4台が絡む事故があった。
 滋賀県警によると、8人が病院で治療を受けており、バスの男性運転手(51)が重傷、乗客ら7人が軽傷という。
 県警の発表では、高速バスがトラックに追突し、はずみで前方を走行していた乗用車とタンクローリーに玉突きしたとみられる。運転手はトラックとの間に体を挟まれたという。残る負傷者は乗客5人と乗用車の男女2人。
 京福バスによると、高速バスは26日午前7時10分に福井駅東口を出発し、午前10時40分に大阪梅田に到着する予定で、乗客は32人。運転手は高速バスの運転に慣れており、乗車前の検査でも問題はなかったという。同社の担当者は「事故を起こしたことは大変申し訳ない。原因究明を急ぎたい」と話した。
 現場は瀬田西インターチェンジ(IC)付近の片側2車線の直線。事故の影響で、午後1時現在、下り線は瀬田西IC付近から約11キロ渋滞している。














石巻市で仙石線に新駅開業、生活再建へ鉄路で一歩/JR東日本






 JR東日本は26日、東日本大震災で被災した石巻市で仙石線の新駅「石巻あゆみ野駅」を開業した。「復興や新しい社会、未来への歩み」という思いが駅名に込められ、新たな街づくりの核となることが期待されている。ミヤコーバスは新年度に、あゆみ野駅を既存のバス路線に編入する計画。
 石巻市は同駅をJR石巻駅などに次ぐ交通結節点と位置付け、公共交通網の再編事業に取り組んでいる。駅の近くには被災者向けの防災集団移転団地「新蛇田地区」と「新蛇田南地区」があり、2018年3月までに5300人が移る見込み。駅周辺には石巻西高や石巻運転免許センター、医療・福祉機関といった公共施設も多く立地していて、新駅は震災以前から課題だったアクセスの不便さ解消にもつながると期待される。














飯田線生かし地域活性化へワークショップ/駒ヶ根市などの実行委






 駒ヶ根市や市内商工団体などでつくる「駒ヶ根市の鉄道100年地域活性化事業実行委員会」は、JR飯田線を生かした地域活性化について考えるワークショップ(WS)を開いた。一般市民ら17人が参加し、同市の将来像について意見を出し合った。
 同実行委は、市内の飯田線4駅開業から100年を迎えた2014年度から、飯田線の利用促進や駅周辺の市街地活性化などを目的に活動している。同WSは、市民に身近な問題として考えてもらおうと企画したもので、年1度のペースで開く計画で、15年1月に引き続き今回が2回目だった。














大分市が燃料電池車導入 県内初 イベントで試乗会も






 大分市は、水素で走る燃料電池車(FCV)1台を公用車として導入した。二酸化炭素などの温室効果ガス削減が目的で、県内の自治体では初の導入。今後、公務で使用し、イベントなどで展示や試乗会も行う。
 市によると、車はトヨタ自動車が世界に先駆けて一般向けに発売した「ミライ」。市はリース会社を通して、約460万円で5年契約した。
 市役所で25日、納車式が行われ、佐藤樹一郎市長やトヨタ自動車関係者らが出席。試乗した佐藤市長は「静かで振動も少なく、乗り心地は快適。水素社会を実現するため、市全体で取り組みを進めたい」と話した。














いさりび鉄道 出発進行






 北海道新幹線の開業に伴い、JR江差線の運行を引き継ぐ第3セクター「道南いさりび鉄道」が26日、函館、木古内の両駅で出発式を行った。
 函館駅では特別列車「ながまれ号」と、新函館北斗―函館駅を結ぶ「はこだてライナー」が両側に停車するホームで式典を開始。同ライナーの出発式も兼ね、高橋はるみ知事やJR北海道の島田修社長、国会議員ら約90人が出席した。
 同鉄道の小上一郎社長は「地域住民の足であると同時に北海道経済を支える物流の大動脈として、将来に向かって(鉄道を)守る使命を担っている」と決意を表明。高橋知事は「新幹線の利用客を運ぶ2次交通としての期待もあり、今後も支援したい」とあいさつした。その後、テープカットやくす玉割りが行われ、列車が次々と発車した。
 一方、木古内駅でも早朝に出発式を開催。木古内町のマスコットキャラクター「キーコ」や「祝開業 道南いさりび鉄道」などと書かれた横断幕を掲げた住民が見守る中、列車が出発した。
 また、ながまれ号が同日午後、同町のサラキ岬付近を通るのに合わせ、沿線で地元小学生ら約100人が大漁旗を振るなどして開業を祝った。木古内小4年の佐藤汐夏君(10)は「様々な人に来てもらい、道南のおいしいものを知ってもらいたい」と話した。














新幹線、北へ 各駅で歓迎イベント






 津軽海峡を隔てた「北の大地」と本県が北海道新幹線で結ばれた26日、県内各駅では歓迎イベントが行われ、住民らが郷土芸能や料理で観光客をもてなした。青函トンネル工事の事故で夫を亡くした女性は「あの人の苦労が報われた」と、目の前を走り抜ける新幹線を感慨深げに見つめていた。
 新駅「奥津軽いまべつ駅」(今別町)では午前6時、阿部義治町長ら関係者がテープカットなどで開業を祝福。午前6時47分に最初の列車である新青森発の下り「はやて91号」、同7時25分には新函館北斗発の上り「はやぶさ10号」が次々と入線し、町民らは、新幹線の車両がプリントされた小旗を振って出迎えた。
 駅前では、郷土芸能「荒馬あらま」が披露され、郷土料理「あづべ汁」も振る舞われた。下車した千葉県我孫子市の男性会社員(28)は「力強い歓迎を受けて、とてもうれしい。町のスポットを回りたい」と喜んだ。
 開業を地域活性化につなげようと、同駅と津軽鉄道の津軽中里駅(中泊町)を結ぶ路線バスの運行も始まった。阿部町長は「周辺市町村と一緒に津軽半島をPRし、地域を元気にしたい」と意気込んでいた。

 新青森駅(青森市)では出発式が行われ、三村知事やJR関係者ら35人が参加。午前6時32分、下り一番列車「はやて91号」が佐藤敏喜駅長の合図で発車すると、手を振って見送った。
 ホームには鉄道ファンが集まり、列車が到着するたびに市職員らがねぶたばやしで出迎えた。青森市三好の男児(10)は「一番列車を見られて感激。新幹線で北海道に行くのが楽しみ」と目を輝かせた。
 駅構内には、県産リンゴをPRしようとリンゴジュースが出る蛇口も設けられ、多くの人でにぎわった。

 今別町浜名にある青函トンネルの「入口広場」では、トンネルを通過する新幹線を見ようと地元住民や鉄道ファンが詰めかけた。午前6時51分、北海道に向かう「はやて91号」がトンネルを最初に通過すると、夢中でカメラに収めていた。
 トンネル工事中の事故で作業員の夫を亡くしたという女性(77)は「夫の苦労が今、報われたのかな……」とつぶやいた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
12位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム