北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2016/03/02

NO.1106

3月27日からの相互乗り入れに伴う新ダイヤ発表/えち鉄&福鉄






 えちぜん鉄道と福井鉄道は、3月27日に始める田原町駅(福井市)での相互乗り入れなどに伴うダイヤ改正を発表した。同駅を結節点に福鉄福武線・越前武生駅(越前市)からえち鉄三国芦原線・鷲塚針原駅(福井市)間の総延長約27kmで互いの車両を乗り入れ、乗り換え負担の軽減や移動時間の短縮を図る。
 午前6~9時の通勤通学時間帯は、越前武生-福大前西福井(福井市)間で上下2本ずつの普通列車を運行する。下りは越前武生を午前6時51分、7時15分にそれぞれ出発し、福大前西福井に約1時間で到着。上りは福大前西福井を7時53分と8時15分に出発、約1時間で越前武生に着く。
 午前9時~午後6時台には、越前武生-鷲塚針原間で毎時上下各1本の急行列車を運行する。今の田原町駅での乗り換えに比べ、両駅間の所要時間が約20分短縮され約1時間となる。














京都造形芸術大生がデザインしたトートバッグを発売/一畑電車





 一畑電車(出雲市)は、京都造形芸術大学(京都市左京区)の学生がデザインを手がけたトートバッグを発売した。しまね産業振興財団と同大学との連携事業から生まれた商品の第1号で、現存する国内最古級の名物車両「デハニ50形」がモチーフ。同社の主要駅や公式サイト上で取り扱っている。
 連携事業は「しまね新商品開発プロジェクト」で、財団が大学側に委託して2010年度にスタート。島根の地域資源を素材とした新商品の開発に、学生の若い感性を生かして地域活性化に結びつける取り組みを続けており、今回のバッグが初の商品化となった。縦23cm、横30cmの小ぶりなサイズで、カーキ色の地にデハニ50形の前面と側面の絵を散りばめ、一部の車両だけに着色。車両の輪郭と色を故意にずらしてアクセントを生み出している。1点1300円。














交通系ICカードの全国相互利用サービスを開始/関西のバス16社






 スルッとKANSAI協議会加盟のバス事業者16社は、これまで利用できた「PiTaPa」「ICOCA」に加えて、新たに交通系ICカードの全国相互利用サービスを導入し、4月からサービスを開始する。全国から来訪する利用者も手持ちのカードで16社のバスを利用できるようになる。
 新たに利用可能となる交通系ICカードは、「Kitaca」(北海道旅客鉄道)、「PASMO」(パスモ)、「Suica」(東日本旅客鉄道)、「manaca」(名古屋交通開発機構及びエムアイシー)、「TOICA」(東海旅客鉄道)、「はやかけん」(福岡市交通局)、「nimoca」(ニモカ)、「SUGOCA」(九州旅客鉄道)。













高速道料金、距離で統一…圏央道西側区間は安く






 東日本、中日本、首都の高速道路各社は、4月1日午前0時から適用する首都圏の新たな高速道路料金を発表した。
 今回の改定では、建設コストの違いを反映して路線によって異なっていた料金を、距離当たりの料金体系中心にそろえたのが特徴だ。
 改定には、慢性的に渋滞している首都高の交通量を分散するため、圏央道や外環道の利用を促す狙いがあり、4月以降、埼玉、神奈川両県を通る圏央道の西側区間は従来より1キロ当たり7円程度安くなる。
 圏央道などについてはまた、自動料金収受システム(ETC)車で、出発点と終点のインターチェンジ(IC)が同じで経路が複数ある場合、最短距離を基本に料金を決めるルールも取り入れる。
 例えば、厚木(神奈川)―桜土浦(茨城)で圏央道を使う場合、現行の体系では5210円必要になるところが、このルールを適用すると3930円に下がる。首都高を使う方が走行距離が短いとはいえ、渋滞も多く発生しており、料金の引き下げにより圏央道や外環道など様々な路線を選びやすくする。














乾電池電車 ギネスの雄姿ラッピング…由利鉄






 由利高原鉄道(由利鉄)を舞台に、昨年11月に達成したギネス記録「乾電池で走る車両が線路上を走行した最長距離」。あの感動を再びと、由利鉄に来月、「エボルタ乾電池電車」の雄姿が、列車ラッピングで再現される。乾電池電車を手がけた埼玉県立川越工業高校の生徒の笑顔も写るデザインで、沿線に夢と希望を運び、鉄道ファンの話題と人気を集めそうだ。
 ラッピングされる車両は、2003年導入のYR2002号。ロングシートにテーブル付きで、グルメ列車などのイベントに重宝されている。車体には現在、鳥海山の雪景色が描かれている。
 ギネス記録は昨年11月3日に達成。生徒たちがエボルタ600本を搭載した乾電池電車で、由利鉄の前郷―矢島駅の往復22・615キロを完走した。当日は大勢の鉄道ファンが集まり、テレビのドキュメンタリー番組やコマーシャルでも取り上げられたことから、由利鉄や由利本荘市の知名度がアップ。春田啓郎社長が、エボルタを製造するパナソニック側に、ラッピング広告の協力を求めていた。
 ラッピング列車は3月下旬にお披露目される予定。ヘルメットをかぶった同校電気科電車班の生徒13人が窓から笑顔を見せているほほ笑ましいデザインになっている。
 ラッピング期間は当面、2年間の予定で、パナソニック広報課は「秋田県と由利本荘市の皆さまに多大な協力をいただいたお礼とギネス達成の記念。末永く愛してもらえればうれしい」と話している。
 由利鉄は、出発式や記念乗車券の発売でエボルタ・ラッピング列車の「出発進行」に花を添える。春田社長は「話題づくりを誘客につなげたい」と期待している。














バスで映画流し「英語」…通信制で不適切授業






 ウィッツ青山学園高校(三重県伊賀市)の通信制で、不適切な教育が行われていたとして、文部科学省は1日、伊賀市に対し、同校への指導強化を求める通知を出すことを決めた。
 同市教委によると、同校は教育特区の市内で教員が行うべき添削指導を、市外のキャンパスで教員以外の職員が行っていた。また、大阪市内のテーマパークで土産を買った際のお釣りの計算を「数学」としたり、バスの移動中に外国映画を流して、それを「英語」の授業にしたりしていた。
 文科省によると、こうした行為は構造改革特区法などに違反し、教育内容も学習指導要領に沿わないという。通知は2日に出す予定で、同省は同市に対し、新入生の募集停止を同校に要請することなどを求める。
スポンサーサイト
NO.1107 |TOP| NO.1105

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
12位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム