北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2016/01/22

NO.1089 格安ツアーバスの実態(テレビ朝日・動画1)

国交省がツアーバスを抜き打ち監査/新宿で






 スキーツアーバス事故を受け、国土交通省は21日夜、都庁近くのバス駐車場で、運行前の貸し切りバスへの街頭監査を抜き打ちで行った。
 調査対象の6台のうち、5台で計8件の道路運送法違反が見つかった。走行ルートを記す運行指示書に休憩地点や時間が書かれていないなど4件、運転手の名前を車内に表示していないなど4件だった。その場で是正後、運行させたという。















バス事業者監査、一部を民間委託…国交省検討







 長野県軽井沢町で15人が死亡したスキーツアーバス転落事故を受け、国土交通省がバス事業者への監査を強化するため、監査業務の一部を民間委託する方向で検討に入ったことがわかった。
 今回の事故では、バス運行会社で多数の法令違反が発覚しているが、規制緩和で増加する事業者に対し、監査体制が追いついていないのが実情。実効性を高めるために民間の力を借りる必要性があると判断した。
 同省は、バス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)に対し、事故の2日前、運転手の健康管理に問題があったなどとして道路運送法に基づき行政処分したが、事故後の特別監査で、これ以外にも多数の法令違反が見つかった。
 貸し切りバス事業者は2000年からの規制緩和で、2倍近い約4500業者にまで膨らんだ。監査員は360人程度で、1年間に抜き打ち監査を受ける事業者数は1~2割にとどまる。














バス会社、労使協定も結んでおらず…書類送検へ







 スキーツアーバス転落事故で、厚生労働省青梅労働基準監督署は20日、事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)が労働基準法などに違反していた疑いが強まったとして、東京地検に書類送検する方針を固めた。
 同社は、法定労働時間を超えて働かせる場合に労使が締結を義務付けられている「三六協定」を結んでいなかったという。同社の高橋美作みさく社長(54)は同日、報道陣に対し、運転手らと労使協定を結んでいなかったことを認め、「私の知識不足」と述べた。
 労働基準法は労働時間の上限を原則1日8時間、週40時間と定めており、三六協定を結んだ場合に限り、事業主はこれを超えて働かせることができる。青梅労基署は事故が発生した15日以降、同社に立ち入り調査をして勤務実態を調べていたが、悪質だと判断した。














「旅行者の安全確保徹底を」業者に通知 東京都






 長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故を受け、東京都は21日までに、都に登録している旅行業者など約2000社に対し、旅行者の安全確保を徹底するよう通知した。国の作成したガイドラインなどに沿って、バス事業者の選定や運賃契約の手続きを適切に行うよう求めた。
 都は事故発生以降、今回のツアーを企画した「キースツアー」(東京・渋谷)や、事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)と取引があった旅行会社などを旅行業法に基づき立ち入り検査。業務実態などを確認している。














格安ツアーに潜む危うさ 事故1週間、スキーバス同乗ルポ







 大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から22日で1週間。バス会社などのずさんな運行管理が次々と明らかになり、安全への信頼が揺らいでいる。その一方で車中泊のバスツアーには今も多くの学生が集まる。今回の事故と同じように東京から長野へのツアーに参加してみると、「格安」の裏側に危うさが見えてきた。
 「スキーやったことないんだけど」「寝られるかな」。午後11時の都庁(東京・新宿)近くの駐車場は、スノーボードや大きなリュックサックを担いだ若者でにぎわっていた。ツアー料金は、往復の運賃に現地での休憩場所と温泉の利用料、リフト代がセットで約1万1千円と安い。追加500円でスキーウエアと板、ブーツも借りられる。
 参加者の大半は大学生のグループだ。東海大の男子学生(21)は「同じ大学から事故の犠牲者が出て、とても他人事とは思えない」と不安を口にする。それでも車中泊のツアーにしたのは「料金が安いし、寝ている間に現地に着くから時間を有効に使える」。初めて参加した男子大学生(22)は「聞いたことのあるツアー会社を選んだが、運転手がどこの会社か分からないので、もう信じるしかない」と話した。
 「運行中はシートベルトをお締めください」。運転手が午後11時すぎの出発を前に呼びかけたが、確認作業はない。車内は40人余りが乗り、ほぼ満員状態で少し暑い。座席の上に足を上げている乗客も多く、見渡せる範囲にいた乗客約10人のうち、シートベルトを着けていたのは1人だった。
 バスは午前0時ごろに埼玉県内のパーキングエリアに到着。30分間休憩した後に出発し、車内は消灯となったが、あちこちでスマートフォンの画面の光が浮かんだ。群馬県内で2回目の休憩。時刻は午前2時すぎ、寝入った人が多かった。休憩中、大型バス乗務歴20年という運転手(54)は「今回事故を起こしたバスの運転手が慣れないまま運転させられていたなら気の毒だ」と話した。
 バスは午前6時、長野県飯山市の斑尾高原に到着。参加者は待機場所のホテルに入り、ゲレンデのオープンを待った。近くの駐車場には大型バスが並び、多くの運転手が仮眠していた。「正直、体力的にもきつく、日帰りツアーなんてやりたくない」と言う別の運転手(45)は「うちみたいな中堅や新参の会社は仕事を選べない。眠いが、コーヒーを流し込んで何とかしのいでいる」。
 今回の事故では運転手が無断で運行ルートを変更したとされる。ある運転手(50)は「渋滞に巻き込まれた時はその場の判断でルートを変えるが、事後報告になる」と明かす。運転手は「今日も大半の乗客がシートベルトを締めていなかった。安全のため徹底したいが、狭い車内は息苦しいからすぐ外されてしまうかもしれない」と疲れた表情で話した。














ギア操作ミスか 軽井沢のバス転落、事故時ニュートラル状態






 長野県軽井沢町のバス転落で、県警が検証した事故車両のギアがニュートラルの状態だったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。ニュートラルの場合はエンジンブレーキが利かないことから、下り坂でスピードが上がって制御できなくなった疑いがある。県警は運転手がギアの操作を誤って事故につながった可能性があるとみて調べている。
 県警は19日と20日に事故車両を検証した。捜査関係者によると、ギアはニュートラルだった。事故直前も同様の状態だった可能が高いという。
 メーカーによると、事故車両の運転席にはフットブレーキと補助ブレーキがあり、補助ブレーキを使うと強力なエンジンブレーキがかかる仕組み。いずれかを使うとブレーキランプが点灯する。ギアがニュートラルだとエンジンブレーキが利かないため補助ブレーキの効果がなく、ランプもつかない。ギアは6速でマニュアル。変え損なうとニュートラルになる。
 監視カメラの映像ではランプが点灯していた。県警は、ギア操作を誤ってニュートラルになったままで、フットブレーキを使ったものの車体を制御できなくなった可能性があるとみてギアやブレーキを精査している。
 監視カメラの映像などによると、土屋広運転手(65)=死亡=のバスは現場の手前約250メートルの左カーブでセンターラインをはみ出し、続く手前約100メートルの右カーブでガードレールに接触、直後の左カーブで対向車線にはみ出して転落した。
 現場の約1キロ手前の峠付近では比較的ゆっくり走行していたが、下り坂に入って加速し、制限速度の時速50キロを大幅に超えるスピードが出ていたとみられる。
















テレビ朝日/モーニングショー

動画 up しました

https://youtu.be/Yy7zI9rLFA0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
9位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム