北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2016/01/01

NO.1076

利用低迷、荒尾市が離脱へ 大牟田と共同運行の世界遺産バス/熊本県






 荒尾市と福岡県大牟田市が共同運行している世界文化遺産の三池炭鉱関連施設を結ぶ無料シャトルバスについて、荒尾市が来年1月から離脱することになった。大牟田市が単独で運行し、現行3ルートから2ルートになる。
 シャトルバスは9月から両市で共同運行をスタート。現在は(1)JR・西鉄大牟田駅-万田坑-三池港展望所-旧三井港倶楽部(くらぶ)-大牟田駅(2)大牟田駅-石炭産業科学館-宮原坑-大牟田駅(3)宮原坑-万田坑-JR荒尾駅-万田坑-宮原坑の3ルート。
 荒尾市が運行のルート(3)は、11、12月の乗客数は1日平均11人強と低迷。市産業振興課は「効果が低いと判断した。1月以降は路線バスを利用してほしい」としている。ルート(1)(2)は1日各6本、来年1月9日~2月末の土日曜日と祝日に運行する。














路線バス乗り放題の飛騨巡りフリー切符を発売/岐阜県と3市1村







 岐阜県と飛騨地域の高山、飛騨、下呂の3市と白川村で構成する「飛騨地域創生連携協議会」は、飛騨地域を路線バスで周遊できる乗り放題パス「飛騨めぐりバスフリーきっぷ」を発売した。地方創生交付金約300万円を活用する。
 乗車券は2日券(大人8000円、小学生半額)と、3日券(大人1万円、小学生半額)の2種類あり、店舗など69施設で割引サービスが受けられる特典付き。4つのモデルコースや、割引サービス対象施設を掲載した公式ガイドブックも配布する。協議会は今年度中に500枚の販売を目標に掲げている。














仙台圏で鉄道・バスICカードの相互利用を開始/JR東日本など







 JR東日本仙台支社、仙台市交通局、宮城交通の3社局は2016年3月26日から、ICカード「Suica」「icsca」の相互利用サービスを開始する。どちらのカードでもSuica仙台エリアの鉄道路線と仙台市交通局の地下鉄・バス、宮城交通のバスが利用できる。Suicaと相互利用している交通系ICカードもicscaのエリアで利用できるが、icscaはSuicaの首都圏エリアや新潟エリア、Suicaと相互利用している交通系ICカードのエリアでは利用できない。
 JR東日本が展開しているSuicaは、03年10月から仙台圏のJR線で利用できるようになった。仙台空港鉄道の仙台空港線でも07年3月の開業時から導入していて、仙台圏のJR線と合わせて「Suica仙台エリア」を構成している。また、仙台市交通局が発行するicscaは14年12月から地下鉄南北線でサービスを開始、15年12月からは地下鉄東西線と市営バス、宮城交通のバスにも導入された。














JRバス東北 スマートフォンサイトを開設/JRバス東北







 JRバス東北は、2015年12月17日にiPhoneやAndroidなどの画面サイズに合わせた「スマートフォンサイト」の開設を発表した。
スマホでホームページにアクセスすると自動で切り替わる。今まで通りPCサイトも閲覧可能で、ページ下の「PCサイトを見る」で移動できる。タブレット端末からのアクセスは使用端末によって異なるため、スマートフォンサイトを閲覧したい場合はリンクからアクセスすれば可能。














JR高徳線で列車脱線、「赤信号見なかった」/香川



CropperCapture[1]



 31日正午ごろ、香川県さぬき市志度のJR高徳線オレンジタウン駅の構内で、徳島発高松行き普通列車(1両編成)が脱線した。乗客乗員46人にけがはなかった。
 JR四国によると、列車は信号が赤の状態で誤って停車位置を過ぎ、本線から側線に進入。自動列車停止装置(ATS)が作動し、車止めの砂利に乗り上げて脱線した。
 現場は単線区間で、徳島方面に向かう列車が迫っていたため、信号は赤の状態だった。男性運転士(54)は同社の聞き取りに「赤信号を見ていなかった」と話しているという。
 運輸安全委員会は31日、鉄道事故調査官2人を派遣。今後、詳しい事故原因を調べる。














函館線張碓トンネルで補修材剥離 57本運休、1万人影響/JR北海道



CropperCapture[2]



 31日午前9時55分ごろ、小樽市のJR函館線朝里―銭函駅間の張碓(はりうす)トンネル(910メートル)内で、巡回中の作業員が天井の補修材(長さ50センチ、幅2・5センチ)がはがれてぶら下がっているのを発見した。JR北海道は除去作業のため、小樽―ほしみ駅間の運行を午後2時前まで見合わせた。小樽と新千歳空港を結ぶ快速エアポート17本を含む57本が運休または部分運休し、大みそかの帰省客や観光客ら計1万人に影響が出た。
 JRによると、はがれた補修材は、天井に設置されている「漏水防止板」の隙間を埋めるためのもので、12月27日には、この漏水防止板が焼ける火災が旭川市などの函館線・嵐山トンネルで起きたばかり。火災を受け、張碓トンネルでは翌28日に緊急点検が行われたが、その際は異常はなかったという。JRがはがれた原因を調べている。
 このトラブルを受け、JR札幌駅のバスターミナルには、列車をあきらめ、バスで小樽方面に向かおうとする人たちが長い列をつくった。小樽市の実家に帰るという札幌市豊平区の自営業松村基弘さん(53)は「帰省ラッシュの歳末にまたトンネルでトラブルとは。しっかり点検してほしい」と注文した。














震災復興ずさん設計横行






 東日本大震災の復興事業で、異なる工事への同じ図面の流用や安全面での欠陥など、不適切な設計が横行していることが31日、分かった。設計会社などがずさんな設計をしても、発注主体の被災自治体が人手不足でチェックをできず、県、国も見抜けなかった。ことしは震災から5年、巨額の国家予算を投じた復興事業で、作業員の安全が脅かされ、追加工事で無駄な費用もかかる実態が浮かび上がった。
 問題があったのは震災の津波被害を受けた宮城県南三陸町の漁港復旧工事や、仙台市の河川工事、同県沿岸自治体の土木工事。関係者は「氷山の一角で、ほかにもずさんな設計は多くあった」と明かした。














道路運送車両法施行規則の一部を改正する省令等の制定について/国土交通省







 ナンバープレート(自動車登録番号標、車両番号標等)をカバー等で被覆することの禁止のほか、一定の位置・方法において表示しなければならないことを内容とする道路運送車両法及び自動車検査独立行政法人法の一部を改正する法律(平成27年法律第44号)の規定が、平成28年4月1日に施行されます。
 これに伴い、ナンバープレートの表示の位置・方法の詳細について定めるため、道路運送車両法施行規則等の一部を改正するとともに、所要の告示の整備を行いました。
 現行の道路運送車両法においても、ナンバープレートは見やすいように表示しなければならないこととされていますが、これらの法令の整備により、平成28年4月1日以降、ナンバープレートについて、カバー等で被覆すること、シール等を貼り付けること、汚れた状態とすること、回転させて表示すること(※)、折り返すこと等が明確に禁止されることとなります。
 また、平成33年4月1日以降に初めて登録を受ける自動車等のナンバープレートについては、一定範囲の上下向き・左右向きの角度によらなければならないこと、フレーム・ボルトカバーを取り付ける場合は一定の大きさ以下のものでなければならないこととなります。


http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000124.html















タクシー特措法に基づく特定地域の指定候補について/国土交通省






 タクシー特措法による特定地域の指定につきましては、各年度の輸送実績等を指定基準に照らして行っているところです(平成25年度の輸送実績に基づく指定地域は19地域)。今般、平成26年度の輸送実績等が明らかとなり、指定基準に照らしたところ、下記のとおり新たに13地域が特定地域の指定候補に決まりましたので、お知らせいたします。

○ 指定候補地域(13地域)

 関東運輸局  南多摩交通圏、京葉交通圏、東葛交通圏、千葉交通圏、県南中央交通圏、宇都宮交通圏
 北陸信越運輸局  富山交通圏
 中部運輸局  静清交通圏
 近畿運輸局  大津市域交通圏
 中国運輸局  岡山市
 四国運輸局  高松交通圏、高知交通圏
 九州運輸局  久留米市


http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000218.html














参院選、約250人が立候補準備/18歳選挙権、合区実施へ







 今年夏の第24回参院選に向け、選挙区と比例代表を合わせて計253人が立候補を準備していることが12月31日までの共同通信社の調査で分かった。与党を中心に擁立作業が進み、3年前の同時期調査に比べて約80人多い。自民党は単独過半数の獲得を目指し、これに対抗する民主党などの野党は統一候補擁立も進める。選挙権年齢は「18歳以上」に引き下げられる見通しで、隣接選挙区を統合する合区が初めて実施される。
 参院選は14年衆院選後、初の大型国政選挙。安倍政権の実績が審判を受ける。昨年9月に成立した安保関連法、TPPの大筋合意、経済政策、消費税再増税などが主な争点となる。
スポンサーサイト
NO.1077 |TOP| NO.1075

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
10位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム