北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2015/10/13

NO.1057

循環バスに児童の絵 由利本荘、利用増狙う


CropperCapture[1]


 ふるさとの風景を描いた児童のイラストラッピングバス=写真=が今月、由利本荘市で走り始めた。市民の足として中心部を回る本荘地域循環バスの1台で、沿線の鶴舞、尾崎小学校の児童が2か月かけて描いた。市はラッピング効果と運行体系の見直しで、年間利用者を現在の約2万人から2万5000人へと拡大を目指す。
 鶴舞小は乗降口側を担当し、桜並木と特産の由利牛をユーモラスなタッチで描いた。尾崎小は運転席側で、由利高原鉄道や夕日の本荘マリーナ、子吉川の花火大会を色鮮やかに表現し、市民の目を楽しませている。
 循環バスは2003年7月にスタート。13年6月から「東西線」「南北線」の2路線体制になったが、一方向だけの運行で、改善を求める声が上がっていた。今回、路線を統合し、羽後本荘駅を発着点に運行距離15・5キロ、40か所のバス停を所要時間約55分で回る。双方向1日9便ずつで、運賃は据え置きの大人200円、小学生100円だ。














常総線1か月ぶり全通 あす水海道―下妻間再開






 関東鉄道は8日、浸水被害の影響で運休中の常総線水海道―下妻駅間(18・6キロ)の運行を10日の始発から再開すると発表した。全線開通は1か月ぶり。
 同区間では、通常の3割程度の本数で運転する。快速列車は運行されず、取手―水海道駅間、水海道―下妻駅間、下妻―下館駅間のそれぞれの区間で折り返し運転が基本となる。
 全線再開に伴い、代行バスの運行は9日まで。
 同線は9月10日に運休。14日に下妻―下館駅間、16日に取手―守谷駅間、18日に守谷―水海道駅間で運転が再開された。
 水海道―下妻駅間では踏切40か所が損傷したほか、レールや枕木を安定させるバラストが大量に流失するなどしたため、ほかの区間に比べ応急復旧工事に時間がかかったという。まだ運行システムの調整などが必要なため、通常ダイヤ再開の見通しは立っていない。














みんな大好き バス 列車






 日本で初めて路線バスが走ったとされる9月20日の「バスの日」と、鉄道が開通した10月14日の「鉄道の日」の間に合わせ、徳島市の徳島中央公園や近くのJR徳島駅などで10日、公共交通機関に親しむイベントが開かれた。
 徳島中央公園では徳島バスや徳島市交通局などが参加し、「交通エコライフキャンペーン」(県など主催)が開かれた。
 徳島バスの「お絵かきバス」のコーナーでは、子どもたちが青やピンク、緑色などの水性ペンキを使い、こいのぼりなどの下絵が描かれた車体に思い思いの色を塗った。藍住町東中富の幼稚園児、岩本夢叶ちゃん(4)は「バスにお絵かきをしたのは初めて。楽しかった」と笑顔。運転席に座ることができる市交通局のトクシィバスでは、運転手の帽子をかぶり、ハンドルを握って記念撮影をする子どもたちの姿がみられた。
 JR四国は、徳島中央公園近くの徳島運転所で「鉄道の日ふれあい祭り」を開催。親子連れらが、車両の進行方向を変える転車台に載った列車に乗る体験などを楽しんだ。
 JR徳島駅では、四国大付属西富田保育所の園児、宮本朋希ちゃん(6)と冨士谷夏海ちゃん(6)が「一日駅長」を務めた。
 制帽をかぶり、子ども用制服の上着を着た2人は、同駅の江崎誠一駅長から委嘱状を手渡され、2番ホームへ。特急「剣山5号」の出発時間になると元気よく右手を挙げ、「出発進行」の合図をした。
 朋希ちゃんは「緊張したけど、楽しかった」と喜び、夏海ちゃんは「格好良い制服を着られてうれしかった」と話していた。














バス2路線 86年で終点


CropperCapture[2]


 大淀町―川上村を結ぶ奈良交通の路線バス・八木大滝線(約20キロ)4往復と、さらに下北山村まで延びる熊野線(約63キロ)1往復が30日、過疎化に伴い廃止された。民間バスとしては86年の歴史に幕を閉じ、1日からは沿線5町村でつくる協議会運営のコミュニティーバス「R169ゆうゆうバス」が大淀町―下北山村を1日1往復する。
 奈良交通によると、国道169号を走る大淀町―下北山村のバス路線が開設されたのは1929年。最盛期の63年には、奈良公園からこの路線を通り、和歌山県新宮市まで約200キロを走る特急バスも誕生したが、その後縮小され、9年前に現在の形になった。
 この日、大淀町で買い物をし、大淀バスセンターを午後4時12分に発車する最終バスに乗った上北山村の男性(66)は「右足が不自由で橿原市内へ通院しているが、車を運転できないのでバスは命綱。便数を減らさないでほしい」と訴えていた。
 「ゆうゆうバス」となる1日からの新ダイヤに合わせて、沿線の吉野町と川上村のコミュニティーバスは、相互乗り入れを行うなど、それぞれダイヤや運行ルート、運賃を一部変更する。














「SL 玖珠の観光資源に」 機関庫まつりで移設記念式典






 「第13回機関庫まつり」が11日、玖珠町の豊後森機関庫公園などであり、町が福岡県志免町から譲り受けた蒸気機関車(SL)の移設記念式典が行われた。
 SLは1919年(大正8年)製の「9600型」で、74年に廃車になるまで長崎県内などで活躍した。引退後は志免町の公園で保存されていたが老朽化したため、鉄道遺産を生かしたまちづくりを進める玖珠町が引き受け、6月から旧国鉄豊後森機関庫前で展示している。
 式典には両町の関係者約30人が出席し、玖珠町の朝倉浩平町長は「SLを観光資源として育てていきたい」と式辞を述べた。また、ボランティアでSLの清掃を月に1度行っているSL守り隊(約60人)の尾方秀則事務局長が「SLを守り、まちづくりに精進します」と宣言した。
 式典後は関係者がSLの前でテープカットを行い、新たな出発を祝った。














京阪・石山坂本線の「青春メッセージ」運営資金を募集/地元のPT






 京阪電気鉄道・石山坂本線の車両を青春の思い出でラッピングする「電車と青春21文字のメッセージ」企画を実施している「電車と青春21文字プロジェクト」は、運営資金をクラウドファンディングで募集を始めた。募集期間は11月末まで。
 この企画は、公募で全国から「電車と青春にまつわるメッセージ」を集め、優秀作品を電車の車両内外に掲出するもので、「21文字」は同線の駅数にちなんでいる。昨年は過去最高の5千通を越える応募があったという。有志で運営する市民活動のため、これまでは企業団体から支援を受けて実施していたが、10年目の今年から自主運営として独り立ちをめざし、クラウドファンディングで運営資金を募ることになった。
 寄付金額に応じて、例えば3千円なら石坂線&大津プチツアー参加権、3万円ならラッピング電車の記念ヘッドマーク進呈、最高の15万円でラッピング電車貸切乗車と車庫での撮影会参加権、などのリターン(特典)が設定されている。
 なお、今年の「メッセージ」は電車にまつわる「~初恋・これから~」をテーマとした作品を募集する。募集期間は11月10日まで(消印有効)で、ラッピング電車の走行は2016年春の予定。














外人専用に駿豆線・バス6路線の1日フリー乗車券/伊豆箱根鉄道






 伊豆箱根鉄道は10月から、駿豆線と伊豆箱根バス6路線とが1日乗り放題になる外国人専用のフリー乗車券「Izuhakone Line 1-Day Pass (RAIL&BUS)」の販売を始めた。
 大人1000円(子供半額)で、無人駅を除く駿豆線各駅で通年販売する。駿豆線の三島-修善寺間は片道大人510円なので、この区間を往復するだけでお得になる。購入時にパスポートの提示が必要。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
199位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
7位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム