北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2015/09/11

NO.1049

中心部と郊外の分離で効率運行目指す新バスシステム始動/新潟市






 新潟市の新バスシステム「バス高速輸送システム(BRT)」が5日から始動する。路線バス網を再編し、中心部を運行する基幹軸と郊外部を運行する支線に分けてバスの効率的な運用と路線の維持を図る。市は新型バスや待合所など施設の整備費用を負担し、初めてバス運営に関与する。運行するのは従来のまま民間企業の新潟バスだが、今後、市は市民の声を聞いて運営に反映させる考え。
 新たな試みは、新潟駅から万代地区、古町地区、市役所を経て西区青山に至る「万代橋ライン」を基幹軸とし、バスを2台つなげたような連節バス4台を導入して輸送量を強化する。一方、郊外部を走行する支線は万代橋ラインのバス停で乗り換えることになり、IC乗車券を使えば料金は乗り換えても据え置く措置をとる。市は一連の投資に国の補助金などを含め13億円をつぎ込み、新潟バスに無償でバスを貸与し運行してもらう。
 今回、市が税金を投じて初めてバス運営に関与するのは、10年間でバス利用者が4割、便数は2割それぞれ減るなど利用低下に歯止めがかからず、何もしなければ市内の公共交通がなくなってしまう懸念が生じているためである。市民の反対運動が続いていて、利用者の利便性と運行の効率性の間の調整をどう図っていくかが問われている。
 こうした中、開業初日にはトラブルが続出し、厳しいスタートになった。バスに搭載しているICカード乗車券の運賃徴収機器の一部が、新たに導入された乗り継ぎ割引などに対応できず、運賃を過徴収するケースが発生した。また、交差点で連節バスが反対車線で信号待ちしていた路線バスに接触する事故があったが、両バスの右サイドミラー同士が接触しただけで、幸い乗客らにけがはなかった。














北条鉄道の支援に駅舎をデザインしたTシャツを製作販売/加西市






 加西市は、同市と小野市を結ぶ北条鉄道が前身の播州鉄道開業から今年で100年、第3セクターとなって30年を迎えたことを記念して、北条町-粟生駅間の全8駅の駅舎をデザインしたTシャツ(全8種)を作った。1枚2000円(税別)で販売し、売り上げの一部(1枚200円)は同鉄道の枕木購入費(1本4500円)に充てるという。
 同市が2014年度から取り組んでいる「若者シティセールス創造事業」の一環で、若手クリエイターらに地域の資源を活用した作品制作やイベントなどを行ってもらい、活性化を図ろうというもの。この事業を紹介されたグラフィックデザイナーの西口仁美さん(大阪府泉佐野市)が企画を提案し、市と協議しながら同鉄道のPRにもなるTシャツを製作した。
 同鉄道の各駅舎はこぢんまりとした木造など趣があり、中でも1915年建築の長、法華口、播磨下里の各駅舎は国登録有形文化財に指定され、訪れる鉄道ファンも多い。西口さんは自身で撮影したそれぞれの駅舎の写真と、イメージした抽象画を組み合わせてTシャツにプリントしたという。














市民に公共交通機関の利用を呼び掛けるパネル展を開催/高松市






 高松市は、市民に公共交通機関の利用を呼び掛けるパネル展を、4~8日まで市役所1階市民ホールで開いている。展示に合わせて琴電のマスコットキャラクター「ことちゃん」「ことみちゃん」が来場し、また、琴電ICカード乗車券「IruCa(イルカ)」の販売キャンペーンを行う。
 会場では、利用促進に向けた市の施策を紹介していて、中心商店街周辺などを巡回する3路線を統合して10月から運行を開始する「まちなかループバス」や、20日に美術館通りなどで開催するイベント「カーフリーデー高松」をポスターやチラシでPR。琴電瓦町駅の懐かしい写真なども展示している。














バスで泣き始めた赤ちゃん 運転手の言葉、ネットで拡散






 バスの車内で泣き始めた乳児をあやせず困った母親に、運転手が車内アナウンスで語りかけた言葉がネット上で話題になっている。 8月31日午後、15人ほどが乗った横浜市営の路線バスで母親の腕に抱かれた赤ちゃんがぐずり始めた。母親と友人の女性が2人であやしていたが、赤ちゃんは手足をばたつかせ泣き声は大きくなるばかり。友人は途中で下車し、母親は立ち上がりあの手この手であやすも泣きやむ気配はなかった。 10分ほど経った時、車内アナウンスが流れた。 「お母さん、大丈夫ですよ。赤ちゃんですから気になさらないでください。きっと眠いか、おなかすいているか、おむつが気持ち悪いか、暑いかといったところでしょうか」 明るい口調でミラー越しに語りかけたのは、鈴木健児さん(46)。乗車歴20年のベテラン運転手だ。 「迷惑をかけないよう何とかしたい、というお母さんの焦りをひしひしと感じた。今後バスや電車を使うのをためらうんじゃないかと心配になって」と振り返る。このやりとりがネットに投稿されるとツイッターなどで拡散され、「感動。まさにプロ」「運転手さん素晴らしい」などの投稿が相次いだ。 神奈川県横浜市瀬谷区で子育て支援活動するNPO法人「まんま」の波木井(はきい)美由紀事務局長(49)は、電車やバスへのベビーカー利用など公共交通機関のハード面の整備は進んでいる一方で、子どもをあやせない時に「乗客の冷たい視線を感じ『心のバリアー』を実感する親は少なくない」と話す。 同法人では、2007年から区内のタクシー会社と連携して、育児の知識を学んだ運転手が妊婦や子育て中の親などの外出を支援する「子育てタクシー」を県内で初めて運行した。 利用者は年々増えているといい、そのニーズの一つに「公共交通機関を使う際の精神的な負担がかからない」ことがあるという。しかし、タクシー利用は公共交通機関と比べ経済的な負担が大きいことからも、「子育て中の親は『泣き出したらどうしよう』など緊張して利用している。温かい目で社会が見守ってくれれば」と話す。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
10位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム