北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2015/04/06

NO.1015

市バス、逆回りで運行/名古屋市交通局






 名古屋市交通局は5日、同市西区内を1周する路線の市バスが逆回りで運行していたと発表した。
 同局によると、同日午前11時に西区の平田住宅を出発し左回りに運行して同住宅に戻るバスの男性運転士(39)が、受け取ったダイヤ表のバス停の順序の記載が右回りになっていたため、それに従って右回りに運行したという。運行後に、ダイヤ表を作る男性担当者(31)が、今月のダイヤ改正の際に誤ってこの時間の路線についてバス停の順序を逆にしていたことが判明した。同局は、午後0時36分に左回りの代行バスを出した。
 同路線は、1回の運行で平均16人ほどが利用する路線という。同局は「利用者に迷惑をかけたことをおわびする。今後、再発防止を徹底する」としている。














学生向け定期券の「家族割」、2枚目を半額に/とさでん交通






 とさでん交通(高知市)は、4月から、片道運賃が770円以上の長距離通学が割安になる「学生ワイドフリー定期券」で「家族割」を始める。同券を購入している学生の兄弟らが対象で、2枚目以降の購入が現行の半額(1ヵ月が1万3860円など)になる。
 同券は、旧高知県交通が2001年に導入し、14年10月のとさでん交通発足後は、高速バスやMY遊バスを除き、とさでん交通のバスと路面電車の全線で利用可能となっている。14年4月現在、土佐市の高岡や宇佐方面から高知市への学生ら約60人が利用しているという。














食品会社とコラボでレトルトカレーを開発販売/わたらせ渓谷鉄道






 わたらせ渓谷鉄道は、駅弁などで提携する食品会社と共同で、レトルト食品「わたらせ渓谷鉄道カレー」(200g、税込み500円)を開発し、有人駅や神戸(ごうど)駅構内の直営レストランでなどで販売している。
 食品会社は「フリーデン」(平塚市)で、沿線などの農場で育てた「やまと豚」の肉を使用し、野菜は大きめにカットして煮込んだ。同社は、高速道路のサービスエリアや道の駅などでの販売も検討している。
 パッケージは、同鉄道の車両の色をイメージした銅(あかがね)色を使い、公式ロゴを入れた。パッケージの中には、沿線の風景写真のポストカードが1枚入っている。ポストカードは四季折々の4種類で、同鉄道主催の写真コンテストの入賞作品から選んだ。














北近畿丹後鉄道を引き継ぎ京都丹後鉄道が開業/WILLER TRAINS






 WILLER TRAINS(ウィラートレインズ)は4月1日、北近畿タンゴ鉄道の運営を引き継ぎ「京都丹後鉄道」を開業した。宮豊線(宮津-豊岡間)、宮舞線(宮津-西舞鶴間)、宮福線(宮津-福知山間)の3路線を運行する。
 第三セクター・北近畿タンゴ鉄道を上下分離方式で運営することになり、運行会社としてウィラーグループが決定し、同グループが新たにWILLER TRAINSを設立したもの。施設の保有などは引き続き北近畿タンゴ鉄道が行う。














近鉄内部・八王子線を引き継いでスタート/四日市あすなろう鉄道






 近畿日本鉄道(近鉄)の内部・八王子線が4月から、同社と四日市市によって設立された三セク鉄道「四日市あすなろう鉄道」に引き継がれ、新たなスタートを切った。四日市市内を走る同線は、近鉄四日市-日永-内部間5.7kmを結ぶ内部線と、日永-西日野間1.3kmを結ぶ八王子線からなり、線路の幅が762mmと狭い「ナローゲージ」の鉄道として知られ、新社名にもこの特徴が折り込まれた。
 これまで近鉄が運営してきたが、経営の悪化により存続問題が浮上。四日市市が施設や車両を保有し、近鉄75%、四日市市25%の出資で設立した新会社「四日市あすなろう鉄道」が無償で借り受けて列車を運行する公有民営方式に移行することになった。新たな運行開始にあたり、各駅の駅名標は新社名入りに一新し、近鉄四日市駅は内部・八王子線の部分のみ「あすなろう四日市駅」に変更された。














伊賀鉄道の公有民営化を決定、17年4月に移行/伊賀市






 伊賀市と近畿日本鉄道(近鉄)が出資する伊賀鉄道(JR関西線・伊賀上野-近鉄大阪線・伊賀神戸間16.6km)が2017年4月から、市が車両や施設を所有し、伊賀鉄道が運行する「公有民営方式」に移行する。市と近鉄、伊賀鉄道がこのほど確認書を交わした。三重県内では四日市市の近鉄内部・八王子線が4月から公有民営化する。
 同鉄道は、07年から近鉄が所有する線路を使用して伊賀鉄道が運営する「上下分離方式」で運行していたが赤字続きで、13年度は3億1600万円の赤字を市が6千万円、残りを近鉄が補填していた。運営方式の変更により、市の負担は17年度から10年間で計18億4500万円と試算している。10年目には、鉄道事業自体は赤字で市が1億5300万円を支出するが、伊賀鉄道は黒字になる見通しという。
 確認書によると、近鉄が市に電線や線路などの鉄道施設を無償譲渡し、車両10両は所有する伊賀鉄道から近鉄が譲り受けた上で、市へ無償譲渡する。事業廃止時には市が鉄道施設を撤去し、土地を近鉄に返還する。また、移行までに、近鉄は市に一時金3億円を支払う。














相互乗り入れに向けて整備中の田原町駅舎を供用へ/福井鉄道






 福井鉄道(越前市)とえちぜん鉄道(福井市)の相互乗り入れ工事が進む田原町駅(福井市)の整備で、福鉄が工事を担当する駅南側の駅舎を31日から使用を開始する。駅舎は鉄骨平屋建てで、外壁には県産材を使用している。同社は今後、えち鉄と連携した信号設備の整備などを進め、2015年度内の相互乗り入れを目指す。
 えち鉄も両社路線の結節点になる田原町駅北側など三国芦原線田原町-鷲塚針原間の6駅で、乗り入れで使用される次世代型路面電車(LRT)対応の駅舎整備や設計を進めている。














信楽高原鉄道と甲賀市内3駅で桜を植樹/沿線住民らの支援団体






 信楽高原鉄道(甲賀市)の沿線住民で作る「雲井の駅を守る会」と同鉄道が共同し、勅旨、雲井、紫香楽宮跡の3駅でこのほど桜を植樹した。今後5年ほどかけて、水口から信楽の山間部でも桜やモミジの植栽を進めたいとしている。
 沿線の魅力づくりを目指し、守る会会員や同鉄道、市職員ら約100人が参加し、ヤマザクラ、シダレザクラなど苗木50本を駅前広場や線路沿いに植えた。














特急発煙 電圧制御装置の異常か






 北海道と本州を結ぶ青函トンネル(約54キロ・メートル)で3日、走行中の函館発新青森行き特急「スーパー白鳥34号」(6両編成)の車両から発煙したトラブルで、JR北海道は4日、車両のモーターの回転速度に合わせて電圧などを制御する装置に何らかの異常が起き、発煙した可能性が高いとの見方を示した。同社は車両を現場から北海道函館市の函館運輸所に移動させ、午後から国土交通省北海道運輸局の立ち会いの下、詳しく原因を調べる。
 発表によると、5号車床下にある配線3本のゴムの被膜が焦げ、煙が発生した。配線の近くには、モーターの回転速度に合わせて電圧や周波数を制御する装置がある。この装置に異常が起きた結果、配線に過剰な電気が送られて高熱になり、発煙した可能性が高いとみている。
 3日の発車前に行った簡易な車両検査や過去の定期検査では、モーターや制御装置に異常はなかったとしている。また、過去に同型車両の制御装置の異常で配線の被膜が焦げたこともなかったという。
 一方、同社は、車掌が緊急停車の約30分前から車内での異臭に気づいていたことを明らかにした。車掌はその後、車両の外で火花が出たことに気づき、3日午後5時15分頃、非常ブレーキをかけて車両を停止させた。
 整備担当社員が現場で車両を調べた結果、配線の被膜が焦げていた。トンネルに入る前から被膜が焦げていた可能性があるという。地上に避難した乗客124人のうち女性2人が体調不良を訴えたが、既に回復したという。
 同社は、火災事故ではなく車両故障による発煙トラブルと判断。車両は現場に停車させていたが、国交省から移動許可が出たことから、4日午前4時50分頃、いったん青森県外ヶ浜町の新中小国しんなかおぐに信号場に移動させ、同省東北運輸局職員が調査した。車両はその後、詳しく調べるために北海道に引き返し、同11時25分頃、函館運輸所に入った。青函トンネルを含む津軽海峡線は4日朝、上下線で運転が再開された。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
6位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム