北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2015/01/19

NO.992

車載カメラに居眠り姿…バス事故の運転手逮捕






 千葉県白井市で市のコミュニティーバスの乗客8人が重軽傷を負った事故で、印西署は15日、バスを運転していた印西市武西、会社員飯島透容疑者(73)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で逮捕した。
 飯島容疑者は、コミュニティーバスの運行を市から委託されている「ちばレインボーバス」(印西市)の運転手。
 発表によると、飯島容疑者は14日午前9時半頃、白井市大山口の市道でバスを運転し、民家のフェンスに衝突するなどの事故を起こして乗客2人に重傷、6人に軽傷を負わせた疑い。
 県警交通捜査課と同署は15日、ちばレインボーバス本社を同容疑で捜索し、勤務記録などを押収した。同署は、バスの車載カメラに、衝突直前に飯島容疑者が居眠りをしている様子が映っていたとしている。一方で飯島容疑者は、「脇見はしたが、居眠りはしていない」と話しているという。
 同社は「多くの皆様に迷惑をかけ、おわび申し上げる。ケガをしたお客様の一日も早い回復をお祈りするとともに、再発防止に取り組む」とコメントした。飯島容疑者は、別の会社の運転手を経験した後、十数年間勤務しているという。















乗客から「運転手が居眠り」…高速バス運行中止






 16日午前9時40分頃、茨城交通が運行した水戸駅発東京駅行き高速バスの男性乗客から「運転手が居眠りしている」との連絡が同社にあった。
 乗客の指摘を受け、男性運転手は茨城県の常磐道守谷サービスエリア(SA)でバスを緊急停車し、同社は運行を中止した。乗客16人にけがはなかった。同社は「ご迷惑とご心配をおかけして心よりおわび申し上げます」とのコメントを出した。
 発表によると、乗客は30~45分後、同SAに到着した後続のバス2台で目的地に向かった。
 同社の検査で、運転手は睡眠時無呼吸症候群のおそれはないとされており、勤務による過労状態にもなかったという。運転手は「眠気は催したが寝ていない」と話しているという。
 同社の担当者は、「バスのドライブレコーダーの映像では運転手が寝ているようなそぶりは確認できなかった」としている。













若桜鉄道SL45年ぶり復活 4月試験走行


CropperCapture[1]

若桜鉄道が試験走行を検討しているSL「C12 167号」


 県東部の若桜、八頭両町を走る第3セクター・若桜鉄道が4月11日、若桜―八東駅間(9・4キロ)で、蒸気機関車(SL)
の試験走行を実施する。旧国鉄時代の1970年4月以来、45年ぶりの“再登板”。人口減で利用客が伸び悩む中、経済効果が認められて定期運行が実現すれば、集客の<救世主>として期待が高まる。(北瀬太一)
 同社などによると、SLは70年まで若桜―鳥取駅間(29・5キロ)を結び、特産の杉材などを積む貨物も連結していた。
 試験走行には、2007年に若桜町がJR西日本から譲り受け、現在は若桜駅構内に展示しているSL「C12 167号」を活用。検討案では、12系の客車3両とディーゼル機関車「DD16」を連結し、客は乗せず時速15キロで走行する。
 その際、弁当販売のほか、見学・写真撮影者用の有料駐車場を設け、宿泊情報などを提供。経済効果を見込めれば、定期運行を本格的に検討する。
 渓谷を走る沿線には古い駅舎や町並みが残り、写真撮影に絶好のスポットが多い。県も新年度予算案に、経費の補助金を盛り込む方針だ。
 若桜鉄道は1987年開業で、ピークの99年度は約67万人に上った乗客が、2013年度は約41万人まで落ち込む。沿線の両町の人口も1985年の計約2万8000人から、約2万2000人(昨年12月)に減少。
 同社の山田和昭社長は「SLが、沿線に活気を取り戻す集客装置になれば」と話す。

        ◇

 SLで集客に成功したケースは多い。
 79年からJR山口線・新山口駅(山口市)―津和野駅(島根県津和野町)(62・9キロ)を走る「SLやまぐち号」。津和野駅発だけで、年間2万人以上が利用している。
 津和野町は、撮影スポットを紹介した冊子を配布し、無料駐車場も整備。町観光協会は「他の観光スポットにも誘客できれば」とする。
 76年からSLを運行する大井川鉄道(静岡県島田市)には、毎年20万人以上が訪れる。昨年は「きかんしゃトーマス号」を期間限定で走らせ、全国から家族連れを呼び込んだ。
 同社は「SLは今や、経営を支える屋台骨。更に利用客増の仕掛けを考えたい」としている。














岡田氏手腕に期待 民主再生へ「一丸で」






 民主党の新しい“顔”に地元選出の岡田克也代表代行(61)が決まった18日、県内の同党関係者からは、党の再生に向け、岡田氏の手腕に期待する声が上がった。今春には統一地方選も控えており、かつて「民主王国」と呼ばれた三重での党勢回復を目指し、リーダーシップの発揮を求める声も相次いだ。
 川越町にある岡田氏の後援会事務所では、後援会関係者や県連幹部ら十数人が、代表選の開票状況を伝えるテレビ中継を見守った。岡田氏の代表選出が決まると、拍手がわき起こり、祝福の電話が鳴り響いた。後援会連合会の中嶋正会長は「岡田さんには民主党が二大政党の一翼を担えるよう活躍してほしい」と期待を寄せた。
 岡田氏の代表就任は、2005年9月の郵政選挙で民主党が大敗し、代表を引責辞任して以来、約10年ぶり。今回の代表選では、県連と県議会の民主党系会派「新政みえ」が、岡田氏支持を打ち出していた。
 代表選の結果について、県連の金森正副代表は「厳しい戦いだったが、岡田氏がこれまで積み重ねてきた実績が評価された」と分析。春の統一地方選に向け、「厳しい選挙が予想されるが、新代表の下でまとまり、立ち向かっていきたい」と話した。
 党の態勢立て直しに向けて、岡田氏に期待する声も多く聞かれた。新政みえ代表の三谷哲央県議は「代表選が接戦だったことを踏まえ、党内を一つにまとめてほしい」と注文。他の県議や町議も「自民党との対立軸がぶれると、国民や県民に分かりにくくなる」として、対立軸の明確化を強く求めた。
 一方、自民党県連の水谷隆幹事長は、岡田氏の新代表選出について「ある程度予想していた結果。代表が誰であろうが、自民党としては国民から負託を受けた経済再生や地方創生にしっかり取り組んでいく」と述べた。
スポンサーサイト
NO.993 |TOP| NO.991

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
10位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  QRコード

QR

■  検索フォーム