北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2014/07/07

NO.935

路線バスで蔵のまち観光をと「喜多方周遊乗車券」発売/会津バス






 会津乗合自動車(会津バス:会津若松市)は5日から、会津若松駅前発の路線バスで喜多方市内に入り、同市中心部の観光スポットを周遊できる企画往復乗車券「マップ付き喜多方周遊乗車券」を発売する。会津若松-喜多方間の往復乗車券に加え、喜多方市街地の路線バスの自由乗降券、観光スポット16施設の特典クーポン、ラーメン店8店舗の50円引き割引券が付く。
 価格は、会津若松-喜多方間の往復乗車分より約300円お得な大人1500円(子ども半額)で、発売日当日のみ有効。マップ付きバス乗車券は同社初の試みで、喜多方市内の観光スポットやバスの時刻表などを記した観光マップに乗車券が付いている。各施設の特典は商品値引きやオリジナルグラスのプレゼント、コーヒーの無料サービスなど。ラーメン店8店舗の割引サービスは複数店舗で受けられる。














夏休み期間中、小中学生対象に市電・市バス乗り放題券/鹿児島市






 鹿児島市交通局は、夏休み中の7月19日~8月31日、市電や市バスが乗り放題になる乗車券「夏休みチャレンジパス」を、小中学生を対象に発売する。観光スポットの入館料や利用料が割引になる。小学生の同伴者への割引の特典もある。
 市外に住む小中学生も購入でき、路線バスのほか「カゴシマシティビュー」や観光レトロ電車などに乗車できる。また、パスを持つ小学生の同伴者(中学生以上の2人まで)は1回の乗車運賃が1人100円になる。平川動物公園、かごしま水族館、桜島フェリー、仙巌園など市内の18施設では、受付でパスを提示すると割引になる。
 パスは、小学生2000円、中学生4000円で、7月1日から8月20日まで発売する。購入には、顔写真(縦3cm、横2.5cm)と中学生以上は生年月日が確認できる生徒手帳などの身分証明書が必要。














ローカル線の支援拠点にスカイツリー近くにグッズ店/いすみ鉄道






 いすみ鉄道(千葉県大多喜町)が、東京スカイツリーの近くに、ローカル線のグッズ販売店「元祖・ローカル線本舗」を出店した。全国の他のローカル線11社の商品もそろえ、増収を狙う。
 東京都墨田区業平1丁目の商店街の一角で、約30平方メートルの店舗の中に、片側にはいすみ鉄道、もう片側には同社以外の11のローカル線のグッズを並べた。クリアファイルやメモ帳、バッジ、タオル、せんべい、もなかなど約100点をそろえている。














社長を一般から募集、民間勤務経験者を対象に/若桜鉄道






 第3セクター・若桜鉄道(鳥取県若桜町)は、このほど開業以来初めて、代表取締役社長の全国公募を始めた。経営手腕のある常勤社長を迎えることで、経営改革と鉄道の活性化を図る考えで、観光振興などで思い切った方策を実行するため、民間勤務経験者を公募し民間の視点を取り入れたいとしている。全国の第三セクター鉄道35社が加盟する第三セクター鉄道等協議会によると、加盟社のうち公募社長は、いすみ鉄道(千葉県)、山形鉄道(山形県)、由利高原鉄道(秋田県)の3社だけという。
 公募要綱によると、応募資格は鉄道事業法で定める欠格事由に該当せず、就任時までに若桜町か八頭町に居住、または通勤圏内に居住できることなど。「求める人物像」として「マネジメント能力、経営感覚、コスト意識など、組織運営に優れたリーダーシップを発揮でき、鉄道の活性化に取り組める人」「心身が健康であり、人間性が豊かな人」などを挙げている。
 任期は原則2年(更新制)で、報酬は年収500万円程度。書類による1次選考と個人面接による2次選考の上、8月中旬の就任を予定している。募集期間は7月16日まで。
 同社は、1930年開業の国鉄若桜線が起源で、県や沿線自治体などが87年に設立し、JR西日本から同線郡家-若桜間(19.2km)の経営を引き継いだ。利用者の減少による経営の悪化から一時は廃止も検討されたが、最終的には公有民営の上下分離方式を導入して存続を図ることが決定。09年4月から八頭・若桜町が若桜線の施設・車両を保有し、若桜鉄道は両町から無償で施設・車両を借りて列車を運行している。














双方の株主総会の承認で両社の統合が決定/土佐電鉄と高知県交通






 土佐電鉄(高知市)と高知県交通(同)は、27日に開かれた両社の株主総会で承認が得られ、両社の統合が決まった。出資を予定する高知県など関係自治体と両社は10月1日の新会社設立へ向けて準備を本格化させる。














勝山駅の駅舎にレトロな雰囲気のカフェをオープン/えちぜん鉄道






 えちぜん鉄道は28日、勝山駅(勝山市)の駅舎内に「えち鉄カフェ勝山駅」をオープンする。同社が、観光客や市民がコーヒーを飲みながら交流できる拠点を目指して整備した。同駅舎は昨年、開業した大正時代の姿に改修され、カフェも当時のレトロな雰囲気を漂わせていて、そんな中で本格的なコーヒーが堪能できる。
 店員は専門家からコーヒーの入れ方など技術を学んだ同社員が務める。飲み物のメニューはソフトドリンクを合わせて15種類そろえ、ケーキもある。営業時間は午前10時~午後5時で、水曜日が定休。














JR北「スーパー北斗」配電盤から煙…緊急停車





 
6日午後9時45分頃、北海道長万部町のJR室蘭線静狩―長万部駅間で、札幌発函館行き特急「スーパー北斗18号」(7両編成)の1号車の配電盤から発煙するトラブルが発生し、列車は緊急停車した。
 JR北海道によると、先頭の1号車にある配電盤から白い煙が上がっているのに気づいた乗客が、近くの緊急ブザーを鳴らし、運転士が列車を停止させた。乗客約300人にけがなどはなく、1~3号車の乗客を4号車以降の車両に避難させた。
 列車は同日午後11時50分頃に運転を再開し、長万部駅で乗客を降ろし、函館までは臨時列車で代行輸送を行った。発煙トラブルのあった車両は函館運輸所に運び、原因を調べている。














「宇宙戦艦ヤマト」、路線バスと共に発進






 SFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」のイラストが描かれた丹後海陸交通のラッピングバスの出発式が5日、京都府宮津市で開かれた。
 6日から来年3月末まで、路線バスとして丹後半島の海岸沿いを走る。
 宇宙戦艦ヤマトの最初のテレビ放映は1974年に始まり、昨年はリメイク版が放映された。12月には新作映画が上映される。
 ラッピングバスは、アニメを活用した地域活性化イベントに取り組む一般社団法人「GO―TAN(ゴータン)」(宮津市)が企画。出発式ではヤマトや主人公の古代進らを描いたバスが披露され、関係者がテープカットをして祝った。















新幹線食堂車が「復活」…開業50年イベントで






 東海道新幹線が10月で開業から50周年を迎えるのを機に、記念のイベントが目白押しとなっている。

 ◆東京・大阪でも 

 名古屋市中村区のジェイアール名古屋高島屋1階入り口前には19日から8月17日まで、新幹線「700系」先頭車両の左先端部分(全長約6メートル、高さ約2・3メートル)が設置される。浜松市のJR東海浜松工場に置かれていた車両を切断・加工したもので、車両の実物を店頭に展示するのは初めての試みという。8階にはグリーン車の座席を並べ、自由に座れるようにする。
 さらに同店では、8月6~17日に開く「夢の超特急展」で、2000年に廃止された新幹線食堂車の復活を企画。スタッフとして働いていた調理師の監修で当時のメニューのビーフカレーやカツカレー、「のぞみ」「ひかり」の定食セットなど約10種類の料理を提供する。実際に使われていたイスを用意し、車両の内装も再現。運転台やパンタグラフの実物も並べる。
 JR東海の柘植康英社長は「家族連れに楽しんでもらえる内容で、東京や大阪でも開催する。店全体で50周年を盛り上げていくことになっている」と話した。

 ◆企画展・関連グッズ 

 JR東海の博物館「リニア・鉄道館」(名古屋市港区)では11月24日まで、50年の歴史や車両設備の進化をたどる企画展を開催中だ。今月26、27日には浜松工場で、応募者を対象に「新幹線のお医者さん」とも呼ばれる黄色い車体の新幹線「ドクターイエロー」の車内を特別公開する。
 また、同社グループは今後、新幹線の運転士が業務中に使うものと同じモデルの懐中時計、N700系新幹線改造車のプラレールといった記念商品を販売。財務省も、団子っ鼻が特徴の初代「0系」が富士山と桜を背景に走る姿を描いた1000円の記念硬貨と、100円の記念硬貨の発行を予定しており、10月頃から申し込みを受け付ける。
 関連書籍の出版も相次いでいる。開業当時から現在までの約500点の写真集「新幹線500」(講談社)を今月末に刊行する鉄道写真家の広田尚敬さん(78)は「新幹線は半世紀の間に、日本人の生活にとって欠かせないものになった。それぞれの思い出を振り返り、その役割を見直すきっかけになれば」と話している。















名古屋市バス、減らぬミス 路線間違いや停留所通過






 名古屋市営バスの運行ミスが減らない。市交通局は現場に危機感がないと悩み、運転士からは現場の声が届かないと不満が漏れる。2011年の事故隠し発覚を機にミスの報告は上がるようになったが、対策は後手に回り続けている。
 「行き先、(出)発時刻を再確認して、間違えないようお願いしますね」
 6月下旬の午後、名古屋駅前のバス停。市交通局職員が車内の運転士に声をかけた。赤字で「経由確認」などと書かれた看板を手に、数分おきにバスが着く度に走り寄る。
 運行ミス防止強化月間を掲げ、6月に始めた対策の一つだ。路線間違いが起きやすい50カ所超で、全11営業所と市交通局で実施。同局からは経理などバス事業以外の職員も含め、のべ300人超が出た。無線で全車両に注意喚起し、出発前の運転士の点呼に同局幹部が立ち会う試みもした。
 それでも6月のミスは67件にのぼり、5月までの月平均57件を上回った。国土交通省中部運輸局は「利用者に影響する重大な問題なのに、組織内で危機感が共有できていない」と指摘。7~8月に、バス事業者に対して初めてとなる立ち入り調査をする。
 なぜミスが減らないのか。市交通局の宗田和彦・自動車運転課長は「運転士は車庫を出ればずっと1人。緊張感が切れないようプレッシャーを与え続けるのは難しい」と話す。だが、それだけではない。そもそもミスの原因分析がほぼ手つかずになっている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
7位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  QRコード

QR

■  検索フォーム