北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2014/04/21

NO.903

観光バス、中央分離帯越え逆走 名神高速、十数台と事故



fc2blog_20140421063147f4e.jpg



 20日午後6時ごろ、愛知県一宮市大和(やまと)町(ちょう)の名神高速・一宮ジャンクション付近の下り線を走行していた2階建て観光バスが中央分離帯を越えて上り線に進入した。バスは約200メートル逆走し、乗用車や大型トラックなど十数台と次々と接触した。バスに乗客はおらず、大型トラックは横転したが、運転手は軽傷という。
 愛知県警高速道路交通警察隊によると、観光バスは前面が大破。60代のバス運転手は一時、車内に閉じ込められた。救出されたが、出血がひどく、病院に運ばれた。県警はバス運転手の回復を待って、自動車運転過失傷害容疑で調べる方針。バスは「NEK交通」(大阪府内/有限会社エヌ・イー・ケイ)の所有という。
 岐阜県羽島市消防本部によると、この事故による負傷者はバスとトラックの運転手を含めて男性6人、女性4人の計10人。いずれも意識はあり、命に別条はないという。
 県警によると、事故当時、現場付近は混雑していた。バスは逆走の際、走行車線と追い越し車線の間を走り抜けていったという。
 中日本高速道路によると、名神高速道路上り線は午後6時25分から一宮ジャンクションの出入り口区間が通行止めになった。


(NEWS 動画)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140421-00000006-jnn-soci



(違反歴)

http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/koutsu/penalty/syobun.kashikiri.24.12.pdf


http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/osirase/hyosyo/btt/20over.25.12.31.pdf


http://www.pref.osaka.lg.jp/kotsukankyo/ryuunyuu/kouhyou20121220.html


※ 違反常習犯である。事前に対策は講じられたのではないか?!















上下分離方式導入で高速バス会社に運行委託へ/北近畿タンゴ鉄道






 京都新聞の報道によると、第三セクター・北近畿タンゴ鉄道(KTR、宮津市)は、鉄道運行と施設保有の「上下分離方式」移行で収益改善を目指す方針だが、運行会社の候補となる「最適提案事業者」に、高速路線バス事業のウィラーアライアンス社(東京都港区)を選ぶ方針であることが分かった。近く取締役会で正式に決め、両社と沿線自治体の協議で事業改善の実施計画を策定、鉄道事業者の免許を取得し、本年度中に運行事業の委託契約を締結するという。
 KTRの2012年度経常赤字額は8億4千万円と、全国の三セク鉄道で最多の赤字が続き、毎年度、出資する沿線自治体の穴埋めで経営を保っている。上下分離の導入により、運行やサービス、地域貢献の向上で収入増を図る考えで、昨年10月から1月まで運行会社を募った。4社が応募し、鉄道事業者ではないが、安全面の提案内容で評価が高かったウィラーアライアンス社を候補に選んだ。同社は「西日本ツアーズ」として大阪市で1994年創業し、高速バス事業を全国展開している。














金沢まちバスの13年度乗客数は過去最多に/金沢商業活性化C






 金沢商業活性化センター(TMO)が休日にJR金沢駅と金沢市中心部間を運行している「まちバス」(100円)は、2013年度の総乗客数は過去最高の24万2703人となり、石川県外からの乗客数の割合も過去最高の47.5%となった。平均乗客数も、1日当たり2057人、1便当たり66.9人といずれも過去最多となった。
 同バスは、2008年度に有料運行を開始。これまでの最多記録は08年度の24万2356人だった。上半期(4~9月)と下半期(10~3月)で比べると、上半期は11万7630人(前年同期比2.0%減)となった一方、下半期は12万5073人(同5.3%増)と、例年は乗客数が落ち込む冬季の伸び率が大きかった。景況感の改善や市中心部でディズニーのキャラクターをあしらったクリスマスツリー、フラッグを掲げるイベントが初めて実施されるなど新規イベントが好評で、まちなかへ出掛ける人が増えたとみている。
 県外客の割合は、富山9.5%、福井5.2%、北陸以外31.4%で、海外客は1.4%だった。














地元特産を使用した「いちはら梨サイダー」を開発/小湊鉄道






 小湊鉄道(市原市)は、同市の農協と連携し、市内の特産品の梨を使った「いちはら梨サイダー」を開発、駅などで発売を始めた。県内生産地で様々な梨関連商品が発売されているが、サイダーは初めてという。
 果汁に市内産の「豊水」を使っているが、同市の梨はお盆の進物需要などに応える“早出し”と高い品質で市場評価が高い。昨年の市制施行50周年などの開催を記念して、同鉄道が地域ブランド化のために開発した。ラベルは同鉄道列車と梨の木をデザインし、330ml入り250円(税込み)。















JRが配布の時刻表に誤り…休日運休を記載せず






 JR九州熊本支社は19日、家庭用に配布した大野下駅(熊本県玉名市岱明町)の時刻表に誤りがあったと発表した。
 同支社によると、午前7時22分同駅発の上り電車が、土、日曜日、祝日は運休となることを記載していなかった。駅の利用者からの指摘で分かったという。
 3月15日のダイヤ改正に伴い、同支社は同月13日、新聞への折り込みなどで、玉名市を中心に時刻表約2万4530部を配布した。修正して再配布するという。














十和田湖観光、再生なるか






 十和田八幡平国立公園内の十和田湖畔で、環境省の十和田ビジターセンターが刷新され、20日オープンした。十和田湖を一望できる展望デッキ新設などの魅力アップで、地元は観光客増に期待する。しかし湖畔の廃業ホテルなどは廃屋のまま。十和田湖の遊覧船は今年から運航会社も航路も半減。「再生」への課題は山積みだ。(長原和磨)

◇観光のけん引役に

 「地域活性化に貢献する魅力的な施設になるよう精いっぱい努力したい」。20日の開所式で環境省の奥主喜美大臣官房審議官は、こうあいさつした。「自然の魅力を生かした拠点となるよう期待したい」(小山田久・十和田市長)、「センターを中心に繰り広げられる様々な活動に期待をふくらませている」(細越満・秋田県小坂町長)と続き、期待感がにじみ出た。
 新施設の目玉は、十和田湖周辺を再現した立体模型や、豊かな自然で生息するカモシカの剥製の展示。辺りに生息する動植物の生態を学べる。1979年開所の旧施設より展示内容が充実。延べ床面積は4倍の約800平方メートル。2階には展望デッキや休憩ラウンジが設けられ、総工費は約5億8000万円。
 県によると、十和田八幡平国立公園(十和田地区)を訪れる観光客は2003年の約334万人から、震災のあった11年には約161万人に減った。センターの刷新が決まったのはこの間の08年だった。

◇廃虚の街

 十和田湖国立公園協会によると、ビジターセンターのある十和田湖畔休屋やすみやと隣の秋田県小坂町の休平で、営業するホテルや民宿は05年に24軒だったが、14年は14軒。廃屋の窓ガラスは割れ、ベニヤ板が張られ、廃材が積み重ねてある。
 昨年6月、視察した南川秀樹環境次官(当時)は廃屋の撤去に乗り出す方針を明らかにした。環境省東北地方環境事務所(仙台市)によると、全国31の国立公園で「十和田湖畔ほど廃屋が集中している所はなく、観光に悪影響」。しかし「撤去の調整相手の経営主体が存在しない」などで、撤去方針が決まったのは1軒にとどまっている。
 十和田湖の遊覧船は今年、十和田湖観光汽船の破産で、十和田観光電鉄による休屋発着の周遊コースのみ。奥入瀬渓流に接続する子ねの口と休屋を結ぶルートはない。1日最大39本だった便数も17本に減る。
 ホテル十和田荘の中村秀行社長は、宿泊客は最盛期の1990年代前半に比べ、半減していると明かし、「廃屋が多く、がっかりしたと苦情を受けた。リピーターになってもらえない。抜本的な改善が必要だ」と訴える。


<ビジターセンター>

 国立公園の地形や動植物などを訪れた人がわかるよう解説展示する施設で、全国に102か所。最も重要な環境省の直轄整備分は、十和田を含む39か所。十和田には12年、約3万人が訪れた。都道府県整備分は48か所、市町村整備分は11か所。
スポンサーサイト
NO.904 |TOP| NO.902

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
5位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  QRコード

QR

■  検索フォーム