北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2013/11/29

NO.820

流線型に銅色ライン…北陸新幹線「E7系」公開


20131128-241988-1-N.jpg


公開された北陸新幹線の新型車両「E7系」(28日、宮城県利府町で)



 2015年春に金沢まで開業予定の北陸新幹線に投入される新型車両「E7系」が28日、宮城県利府町の新幹線総合車両センターで報道陣に公開された。
 JR東日本とJR西日本が初めて共同開発した。外観はシンプルな流線形で、白色をベースに空をイメージした青と、北陸の伝統工芸の銅器をイメージした銅色のラインでまとめた。最上位のグランクラス(18席)を備え、内装に格子柄のシートや漆塗りを連想させる壁面などを採用して高級感を演出している。
 列車名は「かがやき」「はくたか」などに決定している。最高時速は260キロで、東京―金沢間の所要時間は現在の約3時間50分から2時間半程度に短縮される。














札幌で積雪10センチ、「ササラ電車」が初出動


20131128-234307-1-N.jpg


雪が積もった札幌市内で今季初出動したササラ電車(28日午前10時31分、札幌市中央区で)



 北海道内は28日、発達した低気圧の通過に伴い、内陸部を中心にまとまった雪が降った。
 札幌市中央区でも午前10時現在の積雪が10センチとなり、市電の線路を除雪する「ササラ電車」がこの冬初めて出動した。
 ササラ電車は、竹を細く割って束ねたササラを約800本取り付けた除雪車両。同日午前9時半に同区の電車事業所を出発した電車は、ササラを勢い良く回転させ雪をはね飛ばしていた。初出動の時期は平年並みで、昨年より1日遅いという。
 札幌管区気象台によると、午前10時までの12時間降雪量は、上川町層雲峡で22センチ、美瑛町で21センチ、旭川市で19センチなど。29日にかけて道内上空に真冬並みの寒気が流れ込み、同日午前6時までの24時間降雪量は多いところで30センチを予想している。














4部署で「過去から改ざん」…参院でJR北幹部






 参院国土交通委員会は28日、レールの計測データの改ざんなどトラブルが相次ぐJR北海道の野島誠社長ら幹部3人を参考人として招致し、集中審議を行った。
 野島社長とともに招致された笠島雅之工務部長は、改ざんが確認された9か所の保線担当部署のうち、4か所について「過去から改ざんを行っていたことが分かった」と発言。他の部署も調査を進め、年内に調査結果を取りまとめる方針を明らかにした。
 笠島工務部長は4か所について、北海道南部の「室蘭」「伊達紋別」と、北部の「富良野」「上川」の各保線管理室だと明言。一方、改ざんが始まった詳細な時期は示さなかった。
 また、最初に改ざんが発覚した函館保線管理室については、上部組織の保線所や本社の関与も調査しているとした上で、「保線所や本社の人間は『関与していない』と答えており、現時点では関与は確認できていない」と説明した。国土交通省鉄道局の滝口敬二局長は「上部組織の関与の可能性について、問題意識を持っており、監査で改ざんの動機や背景を調査している」と述べた。














UDトラックスがリコール、駐車ブレーキ不具合






 UDトラックスは28日、駐車の際に使うブレーキに不具合があったとして、トラック「クオン」など8車種3万5663台(2006年11月~今年9月製造)のリコールを国土交通省に届け出た。
 国交省によると、駐車ブレーキの構造に問題があり、レバーを引いてもブレーキのききが悪かったり、かかるのが遅れたりする。昨年8月以降、駐車場でトラックが勝手に動き出して前方のガードレールに衝突するなど3件の物損事故が起きている。














「1票の格差」、初の選挙無効 戸惑う政界






 「1票の格差」が最大4.77倍だった7月の参院選を違憲・無効とした28日の広島高裁岡山支部判決は参院を特別扱いせずに投票価値の平等を求める立場を明確にした。政界では従来の判決をもとに5倍未満の格差なら合憲との相場観があっただけに、新たな司法判断に戸惑う声が漏れる。衆院との役割の違いや選挙制度のあり方を巡る論争が激しくなりそうだ。
 参院の区割りは都道府県単位で、3年に1度の半数改選のため偶数かつ最低2人の定数が必要。衆院よりも格差是正の制約が大きい。例えば人口が最も少ない鳥取(定数2)はこれ以上減らせないため、東京(同10)の格差を解消しようとすると、東京の定数を40人以上にする必要がある。
 1票の格差が法律で「原則2倍未満」とされる衆院と違い、参院には明確な基準がなく、過去の司法判断などから5倍が憲法違反の目安とされてきた。政界は参院の方が緩やかな理由を「首相指名選挙や予算、条約での議決は衆院が優越する」「参院は『再考の府』として衆院ほど厳格な投票価値の平等は求められない」と解釈している。
 議会の役割や位置づけによって格差への評価は異なる。例えば、米上院では、憲法が人口に関わりなく各州に「州代表」として定員2人を割り振り、60倍を超す大きな格差も許容されている。
 これに対し、日本の憲法には参院を地域代表とする規定はない。都道府県単位の選挙制度は1947年に国会が決めたものだ。木下智史・関西大教授(憲法)は「参院の位置付けは時代で変わってきた。参院がノーと言えば法案が通らないなど存在感が増しており、民意をより反映させるべきという判決の趣旨は理解できる」と指摘する。
 一方、今回の判決は衆院選を巡る20日の最高裁判決が国会の裁量を広く認め、小幅な是正を評価した点に触れなかった。ある法曹関係者は「選挙制度改革の難しさをどうとらえるかで、今回の判決と最高裁の直近の判断には大きな差がある。今回は抜本是正にかかる手間が十分考慮されていない印象だ」と話す。
 一連の訴訟は各地の高裁・高裁支部で12月26日まで残り15件の判決がある。上告後に最高裁が審理し、来年夏にも統一判断が示される見通しだ。
スポンサーサイト
NO.821 |TOP| NO.819

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
6位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム