北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2013/11/01

NO.805

コミュニティーバス、住民の手で運行 「行政に頼らない」






 路線バスが廃止された地域などで住民の移動手段として運行されるコミュニティーバスが増えるなか、住民らが行政に頼らず自主財源で運営する試みが出てきている。住民自ら運転手を務めたり、地元の商店などを回って車内広告を集めたりと工夫。赤字回避は楽ではないが、関係者は「地域の足を自分たちで守りたい」と意気込んでいる。
 スーパーなどが集まる神奈川県横須賀市の京浜急行電鉄追浜駅前に、「ハマちゃんバス」のステッカーを貼ったワゴン車2台が滑り込んできた。「日差しが強いね」「元気にしてた?」。世間話を交わしながら、高齢者ら約15人が2台に乗り込んでいく。
 同市追浜地区の7つの町会は昨年2月から10人乗りと14人乗りのワゴン車2台をコミュニティーバスとして共同で運行。高台の県営住宅と駅や病院を結ぶ約8キロを平日に7往復している。運賃は無料だ。
 ガソリンや保険料など経費は年間300万円超。市から3年間の期限付きで年間40万~50万円の補助金をうけているほかは大半を乗客らのカンパで賄う。車両2台は企業からの寄付で、人件費節約のため住民のボランティアが運転する。
 県営住宅から駅までの歩道には計約200段の階段があり、住民らは以前から市に路線バスの運行を陳情していたが、しびれを切らして自主運行に踏み切った。
 病院で診察を終え、ハマちゃんバスに乗り込んだ辻満さん(69)は「通院に歩いて1時間かかっていた。バスは本当に助かる」と笑顔。自らもハンドルを握る自治会長の及川敏男さん(69)は「カンパに協力してもらい何とか続けたい」と話す。
 北海道函館市の「陣川あさひ町会」は昨年4月から、市内の陣川町地区で民間バス会社に委託して大型バス「Jバス」を運行。同町会の自営業、上野山隆一さん(48)は、仕事の合間に町会メンバーと地元商店を回り、「車内広告を載せませんか」と飛び込み営業を続ける。
 1年目の昨年度は約720万円の委託費に対し約50万円の赤字。今年度からは市の補助を一部受けられることになったが、上野山さんは「自主財源を増やす努力を続けたい」と話す。今年1月にはバスの絵の焼き印を押した木札を売り、約30万円の売り上げがあった。
 京都市伏見区では、地元住民がつくる「醍醐コミュニティバス市民の会」が33人乗りと14人乗りの2種類を運行。スタートから10年目の先駆事例で、ルート上にある病院などから協賛金を集めて自主財源での運行を軌道に乗せている。
 同会の今福久事務局長(83)は「バスの重要性が地域に浸透するには時間がかかるが、『バスを走らせる』という強い意志を住民全体で持つことが大切」と指摘している。














松山市が観光アプリ、スマホでルート紹介






 松山市は31日、観光情報などを発信するスマートフォン(スマホ)用のアプリ「スマイル松山 ハイク&安心ナビ」の提供を始めたと発表した。夏目漱石や正岡子規のゆかりの地を巡る観光ルートなど約20コースを紹介。俳句を投稿でき、地図上に自分だけのバーチャル句碑も建てられる。市内散策の楽しさを増すことで、観光客の増加につなげる。
 松山を訪れた観光客に、旅の途中で俳句を詠んでもらおうと、俳句の投稿・閲覧機能を付けた。投稿した俳句は自分だけが見られるバーチャル句碑として画面内の地図上に表示されるが、優秀句に選ばれると他の人も見ることができるようになる。10~20句を優秀句として選び、定期的に入れ替えていくという。
 松山市内の住民にも活用してもらおうと、健康増進に向けたオススメのウオーキングコースを紹介している。大規模災害時に備えて避難場所が検索できる機能を付けるなど防災支援アプリとしての役目も持たせたという。アプリは、アップルの配信サイト「アップストア」などから無料でダウンロードできる。松山市がスマホ用のアプリを提供するのは初めて。














特急減便のJR北海道、年末年始は臨時列車で対応へ






 北海道旅客鉄道(JR北海道)の相次ぐトラブルと1日からの特急列車の減便・減速を受け、JRの利用が増える厳冬期の影響を懸念する声が出ている。北海道庁は30日、影響緩和などの輸送対策検討会合を開き、対応を協議。特に年末・年始の混雑が懸念されている。JR北海道は臨時列車を運行させ、バス事業者に増便を求める可能性に触れた。
 道内の観光地は冬場に大雪に見舞われる地域も多く、マイカーで訪れる観光客は夏場に比べると大幅に減る。「極端な悪天候でない限り定時運行するJR列車の役割は、むしろ冬場が大きい」(網走市内のホテル)。列車の減便が長期化することを不安視する声があり、「春以降は以前のダイヤに戻るのか注目している」(帯広市のホテル)との意見もある。
 特に影響がでるのが帰省客らが増える年末・年始だ。通常11往復が5往復に減る札幌―函館間の混雑が懸念されている。JRは臨時列車を最大5往復運行することを検討しているほか、事前に混雑が見込まれる列車を告知することで混雑の解消を図る考えという。
 現状では臨時列車を5往復運行させても通常ダイヤに1往復足りない。JR北海道の担当者は混雑が解消しない場合に備え「札幌、函館間の都市間バスの増便をご検討いただければと思っている」と話し、バス増便を求める可能性にも触れた。
 ただ、年末年始以外のバスの増便は「厳冬期はバスの利用が落ち、増便のリスクが高い。長期にわたり増便するのは、現時点では難しい」(札幌市内のバス会社)との見方が強く、実現しても年末年始の一時的な措置にとどまりそうだ。
 この日の会議では、JRで緊急トラブルが起きた場合に備え、各地の振興局とJR北海道の支社などが緊急連絡網を整備することや、トラブルの際の乗客の避難場所や代替輸送手段の確保なども確認した。














震災復興予算、23%が無関係の事業に 検査院指摘






 会計検査院の検査では、復興予算としての使い道が疑問視されるケースがまた見つかった。検査院は、2012年度まで2年間に予算計上された1401事業を調べたところ、326件(23%)が復興に直接関係ない事業だったと指摘。特に16事業は「被災者への効果が少なく改善の必要がある」としている。
 このうち、震災で悪化した雇用情勢を改善する目的である厚生労働省の「求職者支援制度」は、11年度の支出額の8割近い計約9億6千万円が岩手、宮城、福島の3県以外の労働局で使われていた。検査院は「復興との関連を検証できない」と指摘。同省求職者支援室は「12年度からは3県のみに支出した」という。
 捕鯨基地を抱える宮城県石巻市を復興するとして、農林水産省が11年度に財団法人日本鯨類研究所などに支出した約22億円も、検査院は「復興効果は不十分」とした。同年度に捕獲・販売された鯨肉のうち、石巻市内の業者に販売されたのは5%にとどまっていた。














20代の24%、勤め先「ブラック企業」 連合総研






 20代会社員の4人に1人は「うちの会社はブラック企業」と認識――。連合系の調査機関「連合総研」は31日、パワーハラスメントや長時間労働など労働環境が劣悪な「ブラック企業」に関するアンケート調査で、20代社員の24%が勤め先がブラック企業にあたると思っているとの結果を発表した。同総研は「若い社員ほど長時間労働などに厳しい目を向けている」とみている。
 調査は10月上旬、首都圏と関西圏で20~64歳の民間企業に勤める会社員2千人を対象にアンケート形式で行われた。
 調査によると、勤め先がブラック企業にあたると思うと答えた人の割合は全体の17%に上った。20代(24%)が最も高く、30代(21%)、40代(15%)と年代が高くなるほど低くなった。
 「過去1年間に職場で違法状態があったか」との質問に対し、全体の29%が「ある」と回答。具体的には「残業代の未払い」(19%)が最も多く挙げられ、「有給休暇を取れない」(14%)などが続いた。
スポンサーサイト
NO.806 |TOP| NO.804

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
11位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム