北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2013/08/05

NO.745

バスが来ない…その時、運転手は営業所で休憩中






 横浜市交通局は3日、市営バス磯子営業所(横浜市磯子区)の男性運転手(45)が誤ってバスを営業所に入庫させたために、出発が24分遅れたと発表した。
 同局運輸課によると、運転手は同日午前9時10分に磯子駅前を出発する市営バス(峰の郷行き)を運転するはずだったが、運行指示書を見間違え、同営業所にバスを止めて休憩していた。
 磯子駅前の停留所でバスが来ないのを不審に思った男性からの電話でミスが発覚。各停留所でバスを待っていた約25人に影響した。同課は「注意喚起を行い再発防止に努める」としている。


※ここの市営バスはホンマ不祥事が絶えないな…














バス利用促進へICカード乗車券利用者に球根プレゼント/新潟市






 新潟市は30日から、新潟交通(新潟市)のICカード乗車券「りゅーと」を使ってバスで学習交流施設「いくとぴあ食花」に来場した人に花の球根をプレゼントするサービスを試験的に開始する。今後、他の公共施設や商店街でも導入を検討している。
 同市では、2000年から10年間でバス利用者が約4割減少し、一方でマイカー利用は年々増大して、11年の市の調査では、市内の移動手段の約7割を自動車が占めている。公共交通の利用喚起を図るため、市は新潟交通と協力し、りゅーとに記録された利用履歴をカードリーダーを通してパソコン上で確認できるソフトを開発し、りゅーとによるバス利用が確認できた同施設への来場者に、チューリップの球根や花の種をプレゼントするサービスを実験的に始めることにした。














三セク支援の「枕木応援団」に市民らの参加増える/北条鉄道






 第三セクター・北条鉄道が市民に枕木の交換を支援してもらおうと、2008年10月に創設した「枕木応援団」は、12年3月までの3年半で118口の応募だったものが、昨年度は1年間で323口を集めた。
 加西、小野両市を結ぶ北条鉄道の営業区間(北条町-粟生間、13.6km)に約2万本の枕木があり、20~30年のサイクルで交換が必要となるため、「応援団」にその交換を1口4500円で支えてもらうもの。応援団が増えたのは、2年前から地元企業の寄付で駅舎やトイレが整備されるようになり、沿線住民にも鉄道維持の動きが広まったのが理由とみられる。















日専連えひめを買収し、鉄道事業と連携させ再建へ/伊予鉄道






 伊予鉄道(松山市)は、クレジットカード事業などを手掛ける日専連えひめ(同市)をこのほど買収した。日専連えひめは消費低迷などで2012年度は9600万円の最終赤字となり、伊予鉄は同社を6億円で買収して業務効率化を進めるほか、鉄道事業などと連携してカード会員を増やし再建を目指す。
 日専連えひめは、10月1日に「いよてつカードサービス」に社名変更し、現在約19万人いるカード会員に、伊予鉄が新しく発行するクレジットカード「スピカ」に切り替えてもらう予定。としている。














SL走る山口線、全線復旧に1年以上…豪雨被害






 山口・島根両県の豪雨災害の被害実態が次第に明らかになっている。
 山口県内の住宅の全半壊は2日、96棟に拡大。全線復旧に1年以上かかる見通しとなったJR山口線と山陰線では、JR西日本が代行輸送などを行う。
 山口県災害対策本部などによると、2日午後5時までの豪雨による死者は2人、行方不明者は1人、負傷者は10人。県警は福岡県の60歳代とみられる男性の行方を捜索したが、発見されなかった。
 一方、住宅被害は全壊35棟、半壊61棟、一部損壊が6棟に拡大。床上・床下浸水は1436棟となった。
 JR山口線と山陰線では2日までに、それぞれ宮野―益田駅間、益田―長門市駅間で運転が見合わされている。
 山口線では5日から、宮野―地福駅間で運行を再開。地福―益田駅間では同日からバスを1日上下線計20本運行する。
 山陰線では4日から奈古―長門市駅間で運行を再開し、宇田郷―奈古駅間ではタクシー上下線計18本で代行輸送する。5日からは益田―須佐駅間でバスを上下線計16本運行。須佐―宇田郷駅間のバスでの代行輸送は、国道191号の復旧後となる。
 バスやタクシーの時刻表は、JR西日本ホームページや駅舎で確認できる。














JR豊肥線が全線復旧 豪雨以来1年ぶり






 熊本駅と大分駅を結び、九州を横断するJR豊肥線は4日、昨年7月の九州北部豪雨による大きな被害で不通となっていた宮地(熊本県阿蘇市)―豊後竹田(大分県竹田市)間の運行が再開され、約1年ぶりに全線復旧した。
 大分駅で午前8時すぎ、JR九州の唐池恒二社長や大分県の広瀬勝貞知事らがテープカットし、豊肥線を通る九州横断特急が出発。唐池社長は「地元の皆さんや建設会社のおかげで当初の予定より1カ月早く開通できた」と喜びを語った。
 宮地駅でも午前7時5分、地元の小学生3人による一日駅長の合図で、最初の普通列車が出発した。
 昨年7月12日に熊本県阿蘇市乙姫で1時間の降水量が観測史上最大の108ミリを記録。同市内のトンネル内部のレールが押し流されたり、線路土台の盛り土が流失したりするなど、豊肥線全体で130カ所が被災した。うち99カ所が集中した宮地―豊後竹田間の約35キロが不通となり、バスで代行輸送してきた。
 JR九州は復旧に約45億円を投じ、24時間態勢による工事で1年余りでの再開にこぎ着けた。豊肥線は今年10月に運行を開始する豪華寝台列車「ななつ星in九州」のルートにもなっており、観光客の増加も期待されている。














青函トンネルの海底駅、廃止を検討 JR北海道






 JR北海道は2日、北海道と本州を結ぶ青函トンネルにある海峡線竜飛海底駅(青森県外ケ浜町、海面下135メートル)を来春から廃止する方向で検討していることを明らかにした。北海道新幹線の工事のためで、北海道側にある吉岡海底駅(福島町、同149.5メートル)の廃止も検討する。
 両駅は災害時の避難用として1988年に設置され、現在は観光客らの見学コースとして使われている。竜飛海底駅には1日2回、函館駅と新青森駅から特急を利用した見学ツアーで訪れることができるが、今年11月10日の特急停車が最後となる見通しだ。
 北海道新幹線の新青森―新函館の開業は2016年春の予定。開業準備のため、JRは青函トンネルの北海道側入り口付近にある知内駅(知内町)の廃止も検討する。国土交通省に届け出れば駅は廃止となり、駅名は路線図や時刻表から姿を消す。














JR北海道函館線、ブレーキ不調で運行中止






 3日午前6時50分頃、滋賀県米原市長久寺のJR東海道線関ヶ原―柏原駅間で、走行中の新座にいざ貨物ターミナル(埼玉県)発百済くだら貨物ターミナル(大阪市)行き貨物列車(26両)の電気機関車の機械室から煙が出たため、緊急停車した。
 運転士らが約30分後に火を消し止めた。同列車は約8時間後に運転を再開した。けが人はなかった。
 JR貨物によると、機械室内にある電流を調整する抵抗器の一部の焼損がひどく、滋賀県警米原署や中部運輸局が原因を調べている。機関車は同5時35分頃にもブレーカーが作動し、運転を一時停止していたといい、同署などは関連を調べる。
 火災の影響で、東海道線は特急「しらさぎ」を含む上下計25本が運休、7本が最大6時間43分遅れ、約5800人に影響した。














鉄道の輸送障害が過去最多 12年度、事故死者数は最少






 国土交通省は4日までに、鉄道が運休や30分以上遅延した輸送障害は2012年度、過去最多だった前年度(5278件)を603件(11.4%)上回る5881件起きたと発表した。
 踏切やプラットホームなどで起きた鉄道の事故(自殺を除く)は前年度より55件少ない811件で、03年度の833件を下回り過去最少。事故による死者数も19人減って295人で、00年度の311人を下回り過去最少だった。
スポンサーサイト
NO.746 |TOP| NO.744

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
8位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  QRコード

QR

■  検索フォーム