北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2013/05/24

NO.713

秋田市循環バス、運行継続




 秋田市は、昨年7月~今年3月に試験運行した、一律100円の運賃で中心市街地を巡る循環バスについいて、今年度も運行を続けることを決めた。試験運行中の利用者は採算ラインを下回ったが、市民から継続を望む声が多く、市が運行を委託する秋田中央交通(秋田市)に赤字分を補填(ほてん)する形で継続する。市は「市民へのPRが課題」としている。
 循環バスは昨年7月の「エリアなかいち」開業に合わせ、「なかいちで生まれたにぎわいを市街地全体へ分散させる」のが狙い。1周約4キロのコースで、秋田駅前、中通総合病院、秋田市民市場や複数のホテル前など、13か所のバス停をつなぐ。午前9時~午後5時、おおむね20分に1本運行している。
 市まちづくり整備室によると、昨年7月~今年3月の利用者は計2万9498人。1周当たりの利用者は5・5人で、市が採算ラインとした同11人の半数にとどまった。
 同室は期間中の8、10、2月、循環バスを利用した約2400人にアンケートを行った。その結果、利用目的は「買い物」が約30%でトップだったが、次いで「通院」が約15%と、市の予想を上回った。利用頻度は「週2、3回」が最多で約20%、次いで「月2、3回」が約15%だった。
 回答者のうち、約6割が継続を望んだ。また、11、12月に市が周辺施設10か所で約300人にアンケートをしたところ、約8割が運行継続を望んだという。
 市は採算ラインに届かなかったものの、「継続を望む声が多く、今年はJRの大型観光キャンペーン、来年は国民文化祭と観光イベントが続き、利用者が増える」と判断し、運行継続を決めた。事業費として今年度当初予算に849万円を計上し、ここから秋田中央交通に赤字分を補填する。試験運行時の補填額は約380万円の見込み。














ガソリン価格の高騰もあり12年度乗客数が過去最多/えちぜん鉄道




 えちぜん鉄道(福井市)の2012年度の自社線のみの乗客数は324万6153人(前年度比0.4%増)で、目標の328万人は下回ったものの、03年の開業以来2年続きで最多となった。
 ガソリン価格の高騰による電車通勤への切り替えなどで、通勤定期利用者が58万512人(同約2万9千人増、5.3%増)と増えたのが大きな要因とみられるが、一方、これまで堅調に増加してきた通学定期利用者は116万1308人(同約1万2千人減、1.1%減)と初の前年度割れとなった。長期休暇時に学生が定期代わりに購入することの多い回数券も37万1517人(同1.3%減)と、人口減・少子化の影響が実数として表れたと分析している。
 路線別では、三国芦原線が196万1899人(同0.6%増)、勝山永平寺線が129万5201人(同0.9%増)で、ともに過去最多になっている。














観光客5144万人に回復 昨年/宮城




 2012年に県内を訪れた観光客は5144万人と、前年より828万人(19・2%)増えたことが、県の観光統計(速報値)でわかった。被災地を巡るツアーが一定の人気を得ていることや、震災で中止されたイベントが再開されたことなどが後押ししたとみられる。県内の旅館やホテルの宿泊客数も888万人と、復興事業に携わる作業員らの利用が増え、前年より46万人(5・6%)増えた。
 同統計によると、県内観光客の市町村別では、イチゴ狩りが再開された亘理町が6・7倍、被災地ツアーが好評だった女川町が5・3倍、「しばた桜まつり」が再開された柴田町が4・1倍と、大幅に伸びた。10年と比べると、まだ1000万人近く少ないが、震災から着実に回復していると言えそうだ。
 一方、宿泊客数は、10年と比べても83万人(10・4%)多い。復興事業に従事する建設作業員らの宿泊先として利用されるケースが増え続けていることが大きい。被災した旅館やホテルの営業再開や、コンテナホテルなど新たなタイプの宿泊施設の建設が相次いでいる効果もあるとみられる。
 県の担当者は、「被災地ツアーに温泉など他の観光資源を組み合わせたプランを企画するなど、復興による“ミニバブル”に終わらないように努めていきたい」と話している。













ピーチで来れば列車もお得…JR、フリーパス発売へ




 JR北海道と格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは22日、ピーチの利用客を対象に、JRの道東や札幌、小樽などのエリアで5日間にわたって特急始めすべての列車が乗り放題となる乗車券「Peach道東フリーパス」を6月から発売すると発表した。
 乗車券は大人1万5000円(子供7500円)でJR新千歳空港駅のみどりの窓口で発売する。ピーチの関西空港発新千歳空港行きの利用客が、新千歳空港に到着した日に搭乗券をみどりの窓口に提示すると購入できる。
 フリーパスは、JRの普通、急行、快速、特急列車の自由席が乗り放題で、道東の根室や釧路、網走、札幌、小樽、道北の旭川、富良野などの駅で乗り降りできる。
 JRによると、大人が特急列車などを利用した場合の一般的な片道の運賃は、新千歳―根室が1万110円、新千歳―網走が9800円。広範囲に移動した場合はフリーパスが得になる。
 JRは「低料金のピーチ社の利用客には、お得なフリーパスが喜ばれると考えた。JRの利用も増えてくれれば」と期待する。ピーチ社は「北海道に向かう便の利用は好調に伸びており、フリーパスで北海道をもっと楽しみやすくなるようにしたい」としている。














真田の地に観光タクシー 上田市、来月から




 戦国武将真田幸村ら真田氏発祥の地をPRしようと、上田市は6月1日から8月31日までの土日に、真田氏ゆかりの寺や城跡などを巡る観光タクシーの試験運行を始める。戦国武将人気を背景に、真田氏歴史館の来館者数は伸びている。
 市が県タクシー協会上小支部に業務委託して実施。完全予約制で、土日の午前と午後に9人乗りタクシーを1便ずつ運行する。
 運転手がガイドを行い、歴史館のほか、真田氏館跡、真田氏本城跡、長谷寺、信綱寺の5か所を約2時間で巡る。市が諸経費を負担するため、保険料などとして1人500円(入館料は別)の料金で利用できる。
 歴史館や、菩提(ぼだい)寺の長谷寺などゆかりの施設は3キロの範囲内に点在する。各施設をつなぐ公共交通機関がなく、道路の起伏も多いため、徒歩で巡るのは容易でなくマイカーを持たない人には敬遠されてきた。
 それでも、歴史館の来館者数は2012年度、前年度比10%増の約3万1700人になり、08年度と比べ1万人以上増加。市は観光タクシー導入で、さらに観光客が増加すると見込む。
 市真田地域自治センターの高橋義幸センター長は「観光タクシーの運行を通じ、多くの人に真田地域まで足を伸ばしてもらえるようになれば」と期待。期間中の乗車実績が良ければ、その後はタクシー会社が運営に乗り出してほしいとしている。
 希望者は、希望日の二つ前の木曜までに市真田地域自治センター産業観光課(0268・72・2204)へ申し込む。応募者多数の場合は金曜に抽選を行う。














大手私鉄の駅員らへの暴力行為が高水準で推移/日本民営鉄道協会




 日本民営鉄道協会は、2012年度の全国大手私鉄16社の駅員や乗務員らに対する暴力行為が231件だったと発表した。02年度83件だったが年々増加し、08年度には236件に上り、同年度以降5年連続で200件台で推移している。統計を取り始めて以降で過去最悪だった08年度に次いで2番目に多く、本州のJR3社と合わせると769件に上った。
 加害者のうち77%が飲酒しており、約半数が午後10時以降の深夜に発生していた。一方、12年度に起きた本州のJR3社の駅員らに対する暴力行為は、JR東日本286件(前年度比52件減)、JR東海155件(同2件増)、JR西日本97件(同28件減)だった。














タクシー内で覚せい剤密売 容疑の4人逮捕、警視庁




 営業中を装ったタクシーの車内で覚醒剤を密売したなどとして、警視庁組織犯罪対策5課と小松川署は23日までに、東京都江戸川区の無職、河村和浩容疑者(23)と同区のタクシー運転手、堀賢司容疑者(53)ら4人を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)などの疑いで逮捕した。
 組対5課によると、4人は容疑を否認している。
 河村容疑者らは堀容疑者のタクシーに「貸し切り」と記した札を置き、覚醒剤目当ての客以外の乗車を拒否。待ち合わせた客に覚醒剤を売っていた。タクシーを使った密売は「亀戸・両国辺りで『貸し切り』となっているタクシーで覚醒剤が買える」という口コミで広まり、客が集まっていたという。
 逮捕容疑は昨年5月、墨田区両国付近を走行中のタクシー車内で覚醒剤(約0.1グラム)を職業不詳の男(31)=公判中=に1万円で売るなどした疑い。
スポンサーサイト
NO.714 |TOP| NO.712

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
10位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム