北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2013/04/09

NO.662

岡電路面電車「故郷」日光へ


20130404-488789-1-N.jpg


黄緑色とオレンジ色にお色直しを終え、里帰りを待つ車両(岡山市中区で)




 栃木県日光市で活躍後、岡山電気軌道(岡山市北区)が岡山市内で走らせてきた路面電車が、現役を終え、日光市へ戻ることが決まった。7日、「さよなら運転」が行われる。
 電車は1953年製で、69年から同社が運行。数年前に通常運行から退き、昨年、同社の開業100周年を記念した企画で、日光市の観光施設への無償譲渡が決まった。
 電車は、同じように日光市から岡山市へやってきた同型の2両と共に同社が所有する車両の中で一番古く、車両の床は板張り。構造上、クーラーなどの設備をつけることもできなかったが、趣深い雰囲気にファンも多いという。
 また、外装がチェック柄に塗装されるなど、「おしゃれ電車」としても親しまれた。現在は、日光市で運転されていた当時と同じ黄緑色とオレンジ色に塗装し直され、故郷に戻る準備を整えた。
 23日に岡山市を出発。今後は、観光施設で一般展示される予定という。
 7日は午前10時30分頃から、東山線と清輝橋線で、それぞれ2往復を貸し切りで「さよなら運転」した後、午後1時30分頃より岡山市中区の同社東山車庫で、他の同型2両との撮影会が予定されている。同社は「岡山で走る最後の雄姿。是非、カメラを持って出掛けてほしい」としていた。









路面電車 全39電停で不備




 総務省長崎行政評価事務所は、長崎市の路面電車の運営状況について調査し、全39電停の74ホームで点状ブロックの未設置やホーム幅が狭いなどの不備があるとの結果をまとめ、長崎電気軌道に改善を求めた。
 調査は地域の各課題について改善を求める目的で実施しており、初めて路面電車を対象にした。同社に対し、九州運輸局を通じて6月までに改善状況を報告するよう求めた。
 調査結果によると、「住吉」など18ホームは国の基準(1・5メートル以上)よりも幅が狭く、スロープ幅も24ホームが国の基準(1・2メートル以上)に達していなかった。視覚障害者の転落を防ぐための点状ブロックは「観光通り」など60ホームで未設置で、「蛍茶屋」には転落防止柵がなかった。
 「公会堂前」では変更前の時刻表が掲示され、「大浦海岸通り」では案内図の一部が破れて読めないなど、サービス面でも不備が見つかった。
 このほか、2010年4月~12年11月末にかけて6回以上の接触事故が起きた13区間のうち、長崎駅前―桜町間(事故16件)など7区間は運転士への指導や注意喚起が行われていないとして改善を求めた。
 長崎電気軌道は「ホーム幅の問題など早急な解決が難しい課題もあるが、出来ることから改善したい」としている。








笹子トンネル崩落から4か月




 中央道・笹子トンネル天井板崩落事故で犠牲になった会社員松本玲さん(当時28歳)の両親が、長年勤めた仕事を3月末で辞め、訴訟など事故責任の追及に専念する。事故を忘れないようにと、押しつぶされ、炎上した車の保存を、中日本高速道路に対して求めてもいる。(横山耕太郎)
 松本さん夫妻は兵庫県芦屋市在住。父邦夫さん(62)は2010年4月から兵庫県西宮市の私立中高一貫校に勤務し、国語の授業や進路指導に当たってきた。事故の知らせを受け妻和代さん(62)と山梨に向かった。遺体の損傷が激しく面会すらかなわなかった娘と、天井板崩落という重大事故について、帰りの電車で考えた。「仕事を辞めないといけないだろう」と予感した。
 週末は、娘が暮らした東京都千代田区のシェアハウスに向かい、遺品を整理したり、住人仲間らと話をしたりした。仕事は休まず、生徒たちにも事故の話はしなかったが、定年まで4年を残したこの春、40年の教員人生に区切りをつけた。
 芦屋市の男女共同参画センターで嘱託職員として18年間働いた和代さんも3月末で退職した。娘には「女性が職を持つことの大切さ」を教えてきたという。今後は、損害賠償訴訟などで、中日本高速の責任を追及していくつもりだ。
 先月25日、「娘の死を受け入れる一歩にしたい」と、娘ら5人が命を落としたワゴン車が保管されている日下部署塩山分庁舎を訪ねた。「ここにあの子はいたのか」。焼けこげたワゴン車を目の当たりにした邦夫さんは、突きつけられた現実を受け止め、娘が乗っていた座席に花束を手向けた。和代さんは「何か残っているかも」と真っ黒のすすを手でかきわけたが、娘の所持品は見つからなかった。
同27日には、「日航機墜落事故で事故機を保存したように、ワゴン車を事故の記録として残し、社員教育に使ってほしい」と、中日本高速に車両の永久保存を求める要請書を他の遺族とともに送付した。
 「娘が頑張っていることが支えだった」。松本さん夫妻にとって喪失感はあまりに大きい。告別式に来てくれた人たちへの礼状書きや遺品整理もこれからという。それでも和代さんは「なぜ事故が起こったのか知りたい。二度とこういう事故が起こらないシステム作りを進めてもらいたいし、事故を風化させてはならないと思っている。正面から事故と向き合っていく」と話した。








「特急北斗」床下から出火、乗客ら110人無事




 8日午後8時50分頃、北海道八雲町本町のJR函館線八雲駅構内で、停車中の札幌発函館行き「特急北斗20号」4号車の床下から「火が出ている」と運転士から指令センターに通報があった。運転士が見つけた。
 火は八雲駅員が消火器を吹きかけた。煙は車内に入ったが、乗客ら約110人にけがはなかった。
 JR北海道で原因を調査している。










JR信越線「妙高5号」脱線 崩落斜面の状況調査


20130408-548041-1-N.jpg


復旧作業が続く妙高市のJR信越線の脱線事故現場(7日)




 妙高市のJR信越線で6日夜、普通列車が脱線した事故は、7日も復旧作業が続けられたが同日夕現在、復旧のめどは立っていない。
 JR東日本新潟支社などによると、長野発直江津行き普通列車「妙高5号」(6両編成)が妙高高原駅―関山駅間を走行中、進路左手の斜面が高さ7メートル、長さ13メートルにわたって崩れ、線路上に土砂が流れ込んだ。
 列車は土砂に乗り上げ、約190メートル走ってから先頭車両の前輪を脱輪して停車した。この日は、運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人も正午過ぎに現場調査に入り、2時間にわたって崩落した斜面や線路などの状況を調査した。この事故で、乗客乗員27人にけがはなかった。









タクシー料金値上げ  初乗りは1キロ500円に




 県内のほとんどのタクシー事業者は4日、運賃を値上げした。改定前に初乗り運賃が1・5キロ当たり550円~580円だった小型車は、中型車とまとめて「普通車」となり、1キロ当たり500円になった。JR盛岡駅のタクシー乗り場には、「普通初乗料金500円」の表示板が設置された。
 県内でのタクシー運賃の値上げは18年ぶり。改定したのは、玉山区を除く盛岡市、矢巾町、滝沢村の「A地区」の20社と85の個人タクシー、A地区以外の「B地区」の121社で、県内のタクシー事業者数の95%以上にあたる。
 普通車の初乗り運賃は両地区とも同500円。距離の加算運賃も値上げされ、これまでは両地区とも小型車の加算運賃の上限は317メートル当たり80円だったが、A地区で291メートル当たり80円、B地区では294メートル当たり80円となった。
 初乗り運賃は安くなるものの、長距離で利用するほど、従来よりも運賃が高くなる。特定大型車、大型車もそれぞれ値上げされた。
 一方で、高齢のため免許を返納した人や障害者は運賃が1割安くなるという。
 東北運輸局によると、2002年の規制緩和による業者間の競争激化、利用客の減少、リーマンショック以降の収益悪化に加えて、燃料費の値上がりなどが運賃値上げの要因だという。
 県タクシー協会の小野幸宣会長(77)は「輸送人員は減少し、燃料代も上昇、乗務員の年収も下がっている。利用客の安全な輸送のためにも値上げせざるを得なかった。ご理解をお願いしたい」と話している。
スポンサーサイト
NO.663 |TOP| NO.661

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
199位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
7位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム