北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2012/10/17

NO.548

井笠鉄道 事業廃止へ


◇今月末 主要路線2社継承


 笠岡市など県西部と広島県福山市でバス事業を展開している井笠鉄道(本社・笠岡市)は12日、今月末ですべての事業を廃止すると、中国運輸局岡山運輸支局に届け出たと発表した。11月以降は主要路線の一部を中国バス(福山市)、北振バス(矢掛町)が引き継いで運行。井笠鉄道は事業引き継ぎ後に清算する見通しで、負債額は約32億円という。
 発表によると、路線バスは76系統あり、廃止路線は中国バスなどが来週をめどに発表する予定。76系統のうち、大阪、広島行きの高速バス5系統は、同社が引き継ぐ。定期券と回数券、井笠鉄道専用のバスカードは来月以降、使用できなくなり、同社は払い戻しについて「検討中だが、現在のところは困難」としている。
 同社によると、路線バスの輸送人員はピーク時の1967年度には約1575万人だったが、人口減少やマイカーの普及などで年々減少し、昨年度は213万人。約10年前から慢性的な赤字状態が続き、今年3月末現在、債務超過は7億2500万円に上る。従業員158人は今月末でいったん解雇されるが、希望者は中国バスなど2社が再雇用するという。
 井笠鉄道は1911年(明治44年)設立。関藤篤志社長は記者会見し、「大勢の人にご利用をいただきながら、大変申し訳なく、おわびしたい」と話した。
 通学で毎日、JR笠岡駅まで利用している井原市の女子高生(18)は「廃止されると困る。通学定期はどうなるの」と不安そうに話していた。







中国バスに暫定運行依頼


◇井笠鉄道事業廃止で沿線自治体


 県西部と広島県福山市でバス事業を展開する井笠鉄道(笠岡市)が今月末での事業廃止を決めたのを受け、沿線の関係自治体などは「井笠鉄道バス路線廃止対策会議」を14日に設置。両備グループ傘下の中国バス(広島県福山市)に11月から暫定的な運行を依頼することを決め、会議会長の三島紀元・笠岡市長が15日、依頼書を両備グループに提出した。中国バスは16日にも存続路線の概要をまとめ、中国運輸局に来年3月末までを期限とする「代替運行」の事業申請を行う方針。
 会議は笠岡、井原、浅口、倉敷、福山の5市と里庄、矢掛両町、岡山、広島両県、中国運輸局の岡山、広島両運輸支局で構成。笠岡市役所で開かれた初会合では、各首長や担当者から「通勤や通学、通院、買い物客などに多大な影響が生じる」「自治体による代替運送も検討したい」などの声が上がった。17日に第2回会合を開き、中国バスの申請を基に対応を改めて検討するという。
 両備グループを訪れた三島市長は小嶋光信・グループ代表に依頼書を手渡し、「わらにもすがる思いでお願いに来た。空白期間が生じないように市民の足を守っていただきたい」と強く要望。一方、小嶋代表は「緊急のことで、もう残された時間はない。行政と我々が役割分担をしながら、市民の不安を最小限にとどめたい」と応じた。
 また、石井知事は15日の定例記者会見で「路線維持のため、県もできる限りの支援をする」と述べ、補助金を含めて支援策を検討する考えを示した。県は昨年度、井笠鉄道に対して補助金約2600万円を支出している。







井笠鉄道路線を「公設民託」に


 今月末での事業廃止を決めた井笠鉄道(笠岡市)の路線バスの運行について、両備グループ(岡山市)は16日、関係自治体がバス車両などを管理し、グループ傘下の中国バス(広島県福山市)が運行を受託する「公設民託」方式の導入意向を明らかにした。また、可能な走行距離を「現行の約50%」とし、減便や路線廃止が必要との認識を示した。
 同グループによると、公設民託では、関係自治体が車両や車庫、営業所などのハード面を確保。民間への委託費用と運賃収入との差額は行政側が負担する。また、中国バス本社内に「井笠バスカンパニー」を設置し、井笠鉄道の乗務員は11月1日から期間雇用で受け入れるという。
 小嶋光信・同グループ代表は記者会見で、「(井笠鉄道の)バス路線はすべて赤字。民間だけで支えるのは無理」と強調した。
 また、中国バスは同日、11月から5か月間の代替運行について、中国運輸局に申請した。







毒グモ、大阪市バス内に…靴に付着して乗った?


 大阪市交通局は15日、市営バス酉島営業所(大阪市此花区)で、市バス運転手が車内から特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」1匹を発見し、駆除したと発表した。
 セアカゴケグモが市バスで見つかるのは初めて。同局が全10営業所で構内や車内を緊急点検したところ、別の営業所の側溝でも4匹を見つけた。いずれもけが人はなかった。
 発表によると、14日午前8時半頃、バスの中央部分の床に1匹いるのが見つかった。15日までの緊急点検の結果、他のバス約660台からは確認されなかった。靴などに付着して車内に入り込んだとみられる。







福鉄新車両デザイン


 福井鉄道(本社・越前市)の新型車両のデザインが、利用者らによる人気投票で、車体下部にシルバーのラインが入ったオレンジ色に決まった。来春から、旧型車両と順次入れ替える。
 「福井鉄道新型車両デザイン総選挙!」と銘打ち、9月6~23日に人気投票を実施。赤、オレンジ、黄のいずれか1色で全体を塗装するタイプと、赤、オレンジ、黄でそれぞれ全体を塗装した上でシルバーのラインを入れるタイプの計6案を提示し、インターネットや駅、沿線の市役所などで投票を呼びかけていた。
 投票総数は6606票。“当選”した「オレンジ×シルバー」は、全体の30・7%にあたる2028票を集めた。次点は「赤×シルバー」で、1587票(24・0%)だった。
 同社鉄道部の担当者は「予想以上の投票数があり、関心の高さがわかった。皆さんに親しんでいただけるよう、新型車両の愛称も募集したい」と話している。







遠鉄タクシー 配車スマホ、ネットで


 浜松市など県西部が地盤の遠鉄タクシー(本社・浜松市中区)は、電話の自動音声やスマートフォンなどで配車受け付けを自動的に行うシステムを導入した。午前中や突然の雨など利用が集中する時間帯も、スムーズにタクシーを配車できるようにする。2013年3月までに配車台数の15%程度に当たる月間1万5000回の利用を見込む。
 同社が新たに導入するのは、〈1〉事前に配車場所を登録し、専用番号に電話すると自動で配車できる「タッくる」〈2〉スマートフォンの専用アプリで全地球測位システム(GPS)機能を使って居場所を教え、手配する「スマホ配車」〈3〉自宅のパソコンや携帯電話から登録した住所に配車する「ネット配車」――の3種類。同社によると、ネット配車については、県内初のシステムという。
 同社によると、突然天候が崩れたときや、通院のための利用者が多い午前中などには、電話によるタクシー配車が集中する。タクシーの台数に余裕はあるのに、電話がつながらないために、なかなか配車できない事態が多いという。新たな自動配車サービスを導入することで、利用者は配車を依頼しやすくなり、会社にとっても注文を受けやすくなる。
 浜松市では10月からスタート。磐田市と掛川市ではスマホ配車、ネット配車が10月から、タッくるは11月からサービスが始まる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
14位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム