北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2012/08/03

NO.509

東北道における高速ツアーバス事故に関する国土交通省の対応について



 本日午前4時10分頃、宮城県白石市の東北自動車道下り線において、乗客35名を乗せた高速ツアーバスがトラックに追突した後、中央分離帯に衝突した事故が発生致しました。
 本件事故概要及び事故を受けた国土交通省の対応等について、下記の通りお知らせ致します。

【資料1】 東北道で発生した貸切バス事故の概要と国交省の対応

東北道における高速ツアーバス事故における事実関係について

 平成24年8月2日4時10分頃、宮城県内の東北自動車道において発生した高速ツアーバスの事故について、関東運輸局が当該運行事業者である株式会社CRUISING WORLD に立入検査を実施し、これまでに判明した事実関係は次のとおり。
○ これまでに判明した事実関係について
1.運行計画は次のとおり。東京ディズニーランド(22:15発)~新宿駅西口(23:30発)~長町駅(5:50着)~仙台駅(6:10着)、途中、3か所のサービスエリアにおいてそれぞれ20分間の休憩を取る計画となっている。(所要時間7時間55分)なお、運行指示書は作成されている。

2.今回の運行の実車距離は、計画上、394kmであり、実績においても395km前後であるが、乗務時間が11時間30分(10時間を超える。)であるため、交替運転者の配置が必要であるにもかかわらず、交替運転者を配置してなかった。このため、当該事業者に対し、今後の運行にあたっては基準に従って交替運転者を配置するよう徹底した。

3.今回の乗務に係る点呼の実施について、点呼記録簿によると、当該運転者に対して乗務前の8月1日19:10に対面による点呼を実施している。

4.運転者の健康管理の状況については、確認中である。

○ なお、ツアーを企画実施した旅行会社である株式会社アイ.ティ.エスに対しては、本日17時より大阪府が立入検査を実施しているところ。



【資料2】 高速ツアーバスにおける安全確保の再徹底について(公益社団法人日本バス協会会長及び高速ツアーバス連絡協議会会長宛)

 高速ツアーバス等の安全確保については、本年4月29日に関越自動車道で発生した高速ツアーバスの重大事故を受け、5月から6月の期間に高速ツアーバス運行事業者等に対する重点的な立入検査等を実施したほか、6月11日には「高速ツアーバス等貸切バスの安全規制の強化」を策定し、それに基づき、今夏の多客期の安全確保のための緊急対策等を実施してきたところです。
 しかしながら、本日(8月2日)午前4時10分頃、宮城県白石市の東北自動車道下り線において、乗客35名を乗せた高速ツアーバスが前方を走行していたトラックに衝突し、乗客35名が軽傷を負うという事故が発生しました。高速ツアーバスについては、4月に重大事故が発生したばかりであり、また現在、今夏の多客期の安全確保のための緊急対策等の様々な対策を実施している最中であるにも関わらず、再びこのような重大な事故が発生してしまったこと、事故後に実施した立ち入り検査において、当該運行が交替運転者の配置基準に規定する乗務時間(運転者1人の1日の乗務時間は10時間まで)に違反している事が確認されたことは大変遺憾であります。
 当該事故の発生原因については関係機関において調査中ですが、緊急対策のうち、特に交替運転者の配置基準は重要な項目の一つであるため、同種事故の再発を防止するためにも、交替運転者の配置基準の遵守をはじめ輸送の安全に万全を期すよう、貴会傘下会員に対して、再度周知徹底をお願い致します。



【資料3】 高速ツアーバスにおける安全確保の再徹底について(高速ツアーバスを企画実施する第1種旅行業者の代表者宛)


 高速ツアーバス等の安全確保については、本年4月29日に関越自動車道で発生した高速ツアーバスの重大事故を受け、5月から6月の期間に高速ツアーバスを企画実施する旅行業者に対し、集中的立入検査等を実施したほか、6月11日には「高速ツアーバス等貸切バスの安全規制の強化」を策定し、それに基づき、今夏の多客期の安全確保のための緊急対策等を実施してきたところです。
 しかしながら、本日(8月2日)午前4時10分頃、宮城県白石市の東北自動車道下り線において、乗客35名を乗せた高速ツアーバスが前方を走行していたトラックに衝突し、乗客35名が軽傷を負うという事故が発生しました。
 高速ツアーバスについては、4月に重大事故が発生したばかりであり、また現在、今夏の多客期の安全確保のための緊急対策等の様々な対策を実施している最中であるにも関わらず、再びこのような重大な事故が発生してしまったことは大変遺憾であります。
 当該事故の発生原因については関係機関において調査中ですが、このような事故が再び発生することがないよう、緊急対策の内容を適切に実施し、高速ツアーバスの運行の安全確保に万全を期すようお願い致します。







東北道バス事故:運行会社専務「補償に誠意を尽くしたい」



 宮城県の東北自動車道の夜行バス事故で、バス運行会社「クルージングワールド」(千葉県成田市)の伊地知晴之専務(45)は2日夜、同社で記者団の取材に応じ「大変申し訳ない。被害者の補償には誠意を尽くしたい」と謝罪した。
 伊地知専務によると、事故を起こした多田進運転手(61)は半年前に入社。5月3日に体調不良を訴え、病院で検査を受けたところ脳梗塞(こうそく)の恐れがあることがわかり、そのまま治療のため入院。同17日に退院した。他の医療機関から乗務復帰を可能とする診断書を提出させた上で、同24日から夜行バスの乗務を再開させたという。
 多田運転手は夜行バス運転後、到着地で昼間仮眠し、再び運転する業務を6日連続で行った後、1〜2日間休む勤務についていた。直近では7月28日まで2日間の休暇後、29日夜から夜行バスで各地を往復する勤務につき、1日昼には少なくとも10時間程度の仮眠を取っていたという。







高速バスを一斉点検




 国土交通省北陸信越運輸局は2日、高速ツアーバスの事故を防止するため、金沢市のJR金沢駅周辺で、出発するバスの一斉点検を実施した。運転手1人当たりの夜間の上限走行距離を1日原則400キロなどとした、新基準が守られているか調べた。金沢駅は、4月に関越自動車道で7人が死亡する事故を起こしたバスの出発地。午後9時10分ごろから、運輸局職員が出発前のバス運転手から聞き取りをし、車内を点検。







運行上限基準、1時間半超える=宮城の高速バス事故―国交省



 宮城県白石市で起きた東北自動車道の高速ツアーバス事故で、バスの運転手が、国土交通省が設定した夜間乗務時間の上限基準の10時間を超えて運転する予定だったことが2日、バス運行会社に対する同省関東運輸局の特別監査で分かった。
 国交省によると、このバスの運行指示書の記載では、上限を1時間半超え、11時間半になっていたという。運転手1人当たりの夜間乗務時間を上限10時間とした基準は、7月20日から施行されていた。 







運転上限1時間半超える=交代なし、行政処分検討―宮城の高速バス事故・国交省



 宮城県白石市で起きた東北自動車道の高速ツアーバス事故で、バスの運行指示書が夜間乗務時間の上限を1時間半超え、11時間半だったことが2日、国土交通省関東運輸局の特別監査で分かった。上限を超える場合は交代する運転手が必要だが、バス運行会社「クルージングワールド」(千葉県成田市)は配置しておらず、国交省は道路運送法違反に当たるとして、行政処分を検討する。
 運転していたのは、同社の多田進運転手(61)。足を打撲する軽傷で入院した。宮城県警は自動車運転過失致傷の疑いで、今後詳しく事情を聴く。
 国交省は、関越自動車道で乗客7人が死亡したバス事故を受け、過労防止のため運転手1人当たりの夜間運転上限を原則400キロ、乗務時間(出庫から入庫までの時間)を10時間とする新基準を7月20日から実施した。
 同省によると、事故を起こしたバスの運行指示書では、8月1日午後8時に出庫後、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)を出発。仙台駅に到着後、2日午前7時半に入庫する予定だった。
 国交省は新基準施行後、各地で出発前のバスに一斉点検を実施。クルージング社の別のバスも7月20日夜、仙台駅で東北運輸局の点検を受けたが、問題なしとされた。時間が限られ、乗務時間を点検しなかったという。 







県内路線バスの利用促進に共通券を試験販売、9月分完売/徳島県


 徳島県は、県内の路線バスの利用促進に、徳島、鳴門、小松島の3市営バスと徳島バス(徳島市)の各路線のどの区間でも実質200円で乗れる共通券「バス友カード」を試験的に導入する。新たな料金体系を模索する試みで、好評なら継続する考え。
 カードは10枚綴り1000円で、降車時にカード1枚に加えて100円を払えば、どの路線のどの区間でも利用でき、中距離以上の利用では割安になる。料金体系をシンプルにして気軽に乗ってもらうのが狙いで、2010年に県などが開いた「徳島活性化コンテスト」で出された学生のアイデアを基に企画したという。9~11月の各月1ヵ月間使用できるものを事前に100セットずつ限定販売するが、7月上旬に発売を始めた9月利用分は既に完売する人気ぶりで、10月以降の利用分は9月以降に販売する。








小中生向けに14日間バス乗降可の夏休み定期券販売/サンデン交通



 下関市を中心に路線バスを運行するサンデン交通は、小中学生向けに14日間バスを利用できる「夏休み定期券」を販売している。
 定期券は夏休みの期間(21日~8月31日)限定で、使い始めから14日間、同社の全バス路線(大阪線、福岡線を除く)が乗降り自由になる。小学生1800円、中学生3500円。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
11位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム