北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2012/03/07

NO.427

市営バス乗務拒否、児童ら乗れず20人遅刻


 栃木県那須烏山市営バスの運行業務を委託されている高根沢町内のバス会社の男性運転手(62)が業務につかず、路線バス1本が運休していたことが6日、わかった。
 同市はバス会社に対し、経緯や再発防止策を報告するよう求めている。
 同市などによると、運休したのは、5日午前7時25分高部車庫発烏山中学校行きのバス。バスには烏山小の児童ら約35人が乗車する予定だったが、バスが来なかったことから保護者らが児童を送った。しかし、約20人が授業開始時刻に遅れたという。
 男性運転手は、「これまで市や会社にバスの整備不良について訴えてきたが、改善されなかった。このままではお客さんの安全を守れないと思った」と話し、会社側は「子どもたちを乗せることができなかったのは申し訳ないが、バスの整備に問題はない。運転手本人と連絡がつかず、なぜ業務につかなかったのか分からない」としている。







バスとワゴン衝突、6人死傷


 1日午前5時50分頃、熊谷市平塚新田の県道で、東松山市上野本、建築作業員越後谷秀勝さん(43)のワゴン車が中央分離帯を越えて反対車線のガードレールにぶつかり、「国際十王交通」の成田空港行き高速バスと衝突した。
 ワゴン車には同所の建築作業員の男性4人が同乗し、和田誠司さん(55)が脳挫傷で死亡。また、屋代修司さん(48)が頭を強く打ち意識不明の重体、佐藤次郎さん(53)と沼田司さん(58)が顔や太ももに重傷、越後谷さんも胸に重傷を負った。
 バスの乗客5人と男性運転手(64)のうち、乗客の男性1人が頭に軽いけがを負った。熊谷署で当時のくわしい状況を調べている。







のと鉄道で花見を兼ねて同窓会を開催/穴水高校同窓会金沢支部


 穴水高校同窓会金沢支部は、のと鉄道を貸し切って穴水町を訪ねる「同窓会」を4月22日に初めて開催する。通学で利用した列車で当時を懐かしみながら、ふるさとの魅力を再発見しようと交流会を企画したもので、「桜のトンネル」で知られる能登鹿島駅へ花見に訪れ、母校へも足を運んで生徒と触れ合い、能登ワインの工場などを訪ねるほか、町職員を交えて町の将来について語り合う計画。
 同支部は1989年に設立され、名簿などで把握している分だけで約1千人の卒業生が所属している。昨年、「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されたことや、東日本大震災で人と人とのつながりの大切さが見直されたこともあり、地元での「同窓会」の開催を決めたという。








ネット使う交通・観光情報一括提供で自治体と協力/JR九州など


 九州旅客鉄道(JR九州)や西日本鉄道など40社は、福岡県などと協力し、今秋にも個別に管理している交通や観光、災害に関する情報を各ホームページなどを通じて一括して提供するサービスを始める。これまで個々に提供していた各種情報を一元管理し、旅行者らの利便性を高めたい考え。今後は小売業や病院、福岡県以外の九州・沖縄の自治体などにも参加を呼び掛け、提供情報を拡充していくとしている。
 JR九州や西鉄のシステム子会社などはこのほど、各社・自治体の情報共有システムの構築を目指す「九州ITS利活用研究会」を発足させた。観光サイトを運営する九州電力子会社や駐車場運営のトラストパーク、福岡県以外の九州のIT(情報技術)関連企業も参加していて、異業種企業や自治体の連携で情報を一元管理する試みは全国でも珍しいという。
 今後は各社・自治体が管理する情報内容を整理した上で、データの共有化や一括提供する手法などを具体的に詰める。外国人旅行者らの利用も想定し、外国語表記も用意するほか、災害や事故の発生時の情報も取り扱う。自治体が指示する避難場所のほか、鉄道やバスなどの運行状況を街頭の電子看板(デジタルサイネージ)で一斉に提供する予定。








ナラ枯れの京都東山に緑化貢献するエコ乗車券販売へ/京阪電鉄

 京阪電鉄は、「ナラ枯れ」が問題となっている京都・東山地域に植樹するため、企画乗車券が1枚購入されるごとに10円を積み立てる「おとくなチケットdeエコキャンペーン」を3月1日に始める。12月31日までで、今年は3年目。昨年は積立金317万円で約800本を植樹したという。
 対象となる企画乗車券は、「京阪みやこ漫遊チケット」(発売期間=3月17日~6月3日、10月1日~12月30日)、「1dayチケット」の鞍馬・貴船、大原(それぞれ通年販売)、比叡山(3月20日~12月2日)、嵐山・東山(既に販売、12月24日まで)の5種類。








公共交通ICカード普及 発行10万枚超


 県内の公共交通機関が発行するICカードの普及が進んできた。2007年の開業時から導入している富山ライトレール、10年に富山市の市内電車と路線バスに導入した富山地方鉄道の両社の発行枚数は計10万枚超。利便性向上のため、富山地鉄はICカード「ecomyca(えこまいか)」の利用範囲を17日から鉄道全線に拡大する。
 12年1月現在、ライトレールの「passca(パスカ)」の累計発行枚数は4万8000枚超で、「えこまいか」は約3万2000枚。両社を割安で利用できる65歳以上の高齢者向けICカード「おでかけ定期券」は今年2月までに約2万3000枚発行された。
 共通利用が可能で、1枚で市内の公共交通の大半をカバーできることが好評のようだ。
 さらに利便性を向上させるため、富山地鉄は、市内電車と路線バスだけでなく、17日からは鉄道線本線、立山線、不二越・上滝線でも「えこまいか」の利用を可能とする。また、富山地鉄は市内電車と路線バスで運賃の15%割引(13年3月末まで)を実施中だ。鉄道線もICカードを利用した場合は1割引きとなる。
 交通系ICカードの利便性の良さから、富山大では13年4月から、IC化した学生証に「えこまいか」機能を持たせる計画を進めている。
 一方、大手コンビニチェーン「セブン―イレブン」の県内全71店舗(2月末現在)には、JRのICカードで代金を支払える端末が整備されている。







新型車両が運行 富士急行


 富士急行(富士吉田市)は、著名な工業デザイナー水戸岡鋭治さんが内外装を手がけた新型車両「6000系」の営業運転を開始した。
 新型車両は、床一面に木材を使い、木の温かみを強調したデザイン。座席の布地にチェック柄など5種類の模様を使用し、車両連結部に紺色ののれんを配置するなど、遊び心も加えた。
 初日の2月29日は、日付の語呂から同社が定める「富士急の日」だった。水戸岡さんがデザインした記念乗車券も発売され、祝賀ムードに花を添えた。3月18日には、新型車両の導入を記念し、記念グッズの販売会や車両撮影会が行われる予定。


スポンサーサイト
NO.428 |TOP| NO.426

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
9位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム