北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2012/02/08

NO.423

14年度完成目指し路面電車線をループ化、新型車両も導入へ/札幌市



 札幌市は、市中心部を走る路面電車について、「西4丁目」と「すすきの」の2停留所を結び、路線をループ化することを決めた。線路を新設するのは札幌駅前通りの約400mで、現行の車道中心部を通る形ではなく、歩道脇に敷設して歩道から直接乗り降りできるようにするとしていて、2014年度に完成させる予定。
 同市は05年から路面電車の延伸を検討してきた。(1)創成川東側への延伸、(2)桑園への延伸、(3)ループ化、の3案があったが、最も回遊性を図れ、中心街のにぎわい創出につながるとして、ループ化を最初に実施することにしたという。
 また、同市は従来より50cm低い約30cmにする低床式の車両で、定員も10人増の70人にする新型車両3両を13、14年度に導入することも決めたという。









大震災津波で被災し一部運休の区間を全面運行再開/福島臨海鉄道



 東日本大震災の津波で被災し、一部の区間で運行を見合わせていた貨物専門の鉄道会社・福島臨海鉄道(いわき市)が、2月1日から運行を全面再開した。
 同鉄道は、小名浜港(同)とJR常磐線の泉駅との間(約5.4km)で、1日5往復、小名浜地区の臨海工業団地の工場から製品の洗剤や亜鉛鉱石などをコンテナで輸送していた。震災で港に隣接した小名浜駅が2m超の津波に襲われ、保管していたコンテナ約150台が約200m押し流され、駅構内は土砂に覆われた。3両あった機関車も駅構内にあった2両は海水を被って使えなくなったため、一部区間で貨物列車の運行ができなくなった。駅の復旧工事は昨年10月に始まり、構内の線路12本を半減させるなど必要最低限の設備を約5億円かけて復旧した。








内陸線の愛称を「あきた・美人ライン」に決定/秋田内陸縦貫鉄道




 第3セクター・秋田内陸縦貫鉄道は、このほど公募していた秋田内陸線の愛称を「あきた(ハートマーク)美人ライン」に決定した。沿線は鉱山跡やマタギなど男性的イメージが強いが、誘客に向けてイメージチェンジに乗り出す。今後は中吊り広告や広報などで積極的に愛称を使うとしている。
 愛称は昨年10月から公募を始め、全都道府県のほか米国や台湾の在住者も含む4~94歳から計1955件の応募があった。応募数では「あきない線」と「こまち線」が多かったが、「秋田美人鉄道」など「秋田美人」を使った候補も多かった。そこで、全国的に知名度が高く、柔らかさが感じられることなどから、平仮名交じりの愛称に決めたという。
 同社はこれに併せて、鷹巣、阿仁合、角館の3駅で駅員にチョウネクタイを着用させるなど、女性的な優しさでもてなそうという取組みを始めた。また、全国の高校生を対象に、愛称「あきた美人ライン」のイメージに合うイラストを募集している。コンテストの大賞の受賞者には、内陸線の1年間乗り放題切符と図書カード3万円分を贈る。受賞作は駅に掲示したり、看板やパンフレットに使ったりする予定。







東北サミット 「がれき」6県連携



 東日本大震災からの復興を目指し、東北6県の知事らが7日、熱心に討議を交わした「第7回東北サミット」(読売新聞東京本社主催、宮城テレビ放送後援)。6県の知事らは、がれき処理や国への働きかけなどで今後も連携していくことで一致。会場となった仙台市青葉区のホテルには、満員となる約520人が詰めかけ、耳を傾けた。
 討論でまず、課題に挙がったのが、放射能への不安から進まないがれきの広域処理だ。村井知事は「被災地全体のがれきの7割が宮城に集中し、石巻港に積まれた分だけで岩手、福島両県より多い。仕分け作業には1日1000人が必要だが、人を集めても泊まる場所がない」と訴えた。
 岩手県の達増(たっそ)拓也知事も「国が国民に説明し、放射能への理解を働きかけてほしい」と求め、既にがれきを引き受けている秋田県の佐竹敬久(のりひさ)知事は「災害に県境はない。自分たちの問題として取り組みたい」と、今後も協力を継続する考えを示した。
話題は県土のあり方にも及んだ。村井知事は阪神大震災の例を挙げながら、「復旧にとどまらない抜本的な再構築が必要だ。本県は被害が大きかった分、相当の経済効果が見込まれる。10年、20年先を見据えた先進的なまちづくりを目指したい」と語った。山形県の吉村美栄子知事は、災害に強い社会を作るためには、「日本海側と太平洋側が補完しあえる『横軸』が必要」と指摘した。
 国が全額負担する復興交付金については、村井知事が「使い勝手のいい交付金という話だったが、かなり細かい査定が入る。思いきって地方に任せてほしい」と訴えると、福島県の内堀雅雄副知事も「1000年に一度といわれる歴史的な災害。政府が大胆な予算を組まないと対応できない」と述べた。





九州の観光連携考える…熊本でフォーラム、4市長が討論



 熊本市は6日、長崎県島原市、大分県別府市、宮崎県延岡市と観光面などでの連携を考える「九州横軸連携推進フォーラム」を熊本市の「くまもと森都心プラザ」で開いた。
 政令市移行を機に新たな観光、経済戦略を探ろうと企画した。4市長がパネル討論をする形で約1時間にわたって意見を述べ、約500人の市民が聴講した。
 延岡市の首藤正治市長は、政令市移行について「九州全体を発展させる責任がより重くなることを認識してほしい」と激励し、連携については、「各市の観光資源をつなげ、小さな点を生かしていく必要がある」と指摘した。
 これに対し、熊本市の幸山政史市長は「海外にも注目してもらうため、九州一丸となってアピールすることが重要。そのためにも、九州内で連携し、色んなつながりを作るべきだ。フォーラムをきっかけに具体的な協議の場を作り、九州全体の観光を浮揚させる第一歩にしたい」と語った。
スポンサーサイト
NO.424 |TOP| NO.422

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
14位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム