北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2012/01/31

NO.421

国に鉄道事業の廃止届を提出、3月末にも営業終了へ/十和田観光電鉄



 十和田観光電鉄(十和田市)は、このほど国に同電鉄線(十和田市-三沢間、14.7km)の廃止届を提出した。利用者の8割が地元の中高生で、同社は並行する県道を走る代替バスを運行し、廃線後も利便性確保に努めるとしている。
 鉄道事業法に基づき、届け出で廃止日は2013年1月31日としているが、今年3月31日に営業を終える予定で、国は今後、県や沿線自治体などから意見を聴取し、利便性に支障がなければ3月末への廃止日の繰上げを認める。
 1922年に開業した同線は、70年度の165万人をピークに利用者が減り続け、2010年度には46万人にまで減少。今年3月末に「十和田市駅」が入居するビルからの退去を求められていることや、老朽化した鉄道施設の更新に多額の費用が必要なことから、同社は昨年10月、3月末での廃止を表明していた。








3月から休日のラッシュ時や平日昼間の運行を減便へ/平成筑豊鉄道



 第三セクター・平成筑豊鉄道(福岡県福智町)は、経営の安定化を図るため3月17日から実施するダイヤ改正で、大幅に運行本数を減らして経費を削減することを決めた。
 今回の改正では、平日と土日祝日を分離したダイヤを初めて編成したのが特徴で、毎年春と秋に実施している乗降人員調査の結果を受け、朝夕ラッシュ時の利用が少ない平日以外はラッシュ時の本数を減らし、また平日の昼間の運行も削減することにした。現行では回送列車を含め1日216本を運行しているが、改正後は平日が171本、土日祝日が115本となる。
 この改正により乗務員が4人少なくてすみ、人件費を年間約1280万円削減できるほか、年間走行距離が現行の約116万kmから約88万kmになるため、燃料費が約1170万円節約できると見込んでいる。








青い森鉄道と共同企画で連絡乗車券をセット発売/十和田観光電鉄



 十和田観光電鉄(十和田市)は、青い森鉄道(青森市)の三沢駅から十和田市駅を結んでいるが、同電鉄線は今年3月末で廃線を予定していて、青い森鉄道と共同で両社線の連絡運行を復活させ、2種類の連絡乗車券をセット販売することになった。
 今回発売される「ありがとう 十和田観光電鉄線 連絡乗車券セット」は両社版の計2種類で、十和田観光電鉄版は十和田市-千曳間の往復乗車券と三沢駅入場券がセットに。青い森鉄道版は千曳-十和田市間と十和田市-八戸間の連続乗車券と三沢駅入場券がセットになっている。十和田観光電鉄版は十和田市駅窓口で、青い森鉄道版は十和田観光電鉄三沢駅の窓口でそれぞれ1千セット発売される(青い森鉄道の駅では発売しない)。価格は両セットともに2380円で、郵送受付も行っているが、発売期間は1月20日~3月31日までで、売切れ次第販売終了になる。








「パチンコ店に向かえ」バス運転手をつえで殴打



 佐賀県警伊万里署は30日、佐賀県伊万里市南波多町井手野、無職井手直紹容疑者(55)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。
 発表によると、井手容疑者は同日午後4時40分頃、同市の伊万里駅前に停車した路線バスの車内で、30歳代の男性運転手の顔を持っていたつえで数回殴り、唇を縫うなどのけがを負わせた疑い。容疑を認めている。終点の駅前バス停に到着後、井手容疑者は市内のパチンコ店に向かうように求め、運転手が断ると、腹を立てて殴打したという。









札幌発「北斗星」油漏れ、運休



 30日午前1時頃、青森市浦町のJR津軽線青森信号場で、札幌発上野行き寝台特急「北斗星」(11両編成)の電源車床下タンクの排油バルブが壊れ、燃料の軽油が漏れているのを、点検中の作業員が見つけた。修理のため、同特急は青森駅まで移動して運休。乗客128人は30日朝、新青森駅発の東北新幹線で東京方面に向かった。青函トンネル内からも油漏れの痕跡が見つかったが、JR北海道函館支社は「駆動機関車に接触する位置ではなく、引火の危険性は低かった」と説明している。








EVタクシーGPSで配車



 電気自動車(EV)タクシーの普及促進を目指す府や民間企業などでつくる「環境EVOT事務局」は30日、車載端末を通じて効率的に配車や充電などをする「運行最適化システム」の運用実験を始めた=写真=。21社、計35台のEVタクシーが参加し、JR大阪駅などに設ける専用端末やスマートフォンのアプリ(応用ソフト)をじて配車を受けるという。
 府では2010年度、EVを導入したタクシー事業者に、1台100万円の補助金を支給。32社がこの制度を利用し、現在は全国一の計50台が営業する。ただ、EVは30分かけて充電しても走行距離が約150キロと短く、充電器の設置場所も府内24か所と少ない。このため、事業者の収入減につながるケースが相次ぎ、対策が急務となっていた。
 「運行最適化システム」は、EVタクシー専用に開発されたもので、車載端末の全地球測位システム(GPS)機能で車の位置情報を管理。乗客が専用端末などから配車を依頼すると、最も近くにいるタクシーが駆けつける。運転手は、車載端末から最寄りの充電器の場所を知ることもでき、走行距離の無駄を減らす効果もあるという。
 府などは今回の結果を基に、来年度には、さらに台数を増やして本格的な実験を行う予定。府新エネルギー産業課の担当者は「環境に優しいEVタクシーを積極的に利用してほしい」と呼び掛けている。








陸自車両と観光バス衝突 1人死亡、11人けが 八代の九州道



 28日午前8時35分ごろ、熊本県八代市坂本町の九州自動車道上り線、生名子(おいなご)トンネル内で、陸上自衛隊えびの駐屯地(宮崎県えびの市)の大型トラックと、鹿児島県いちき串木野市の「山光(さんこう)交通」の観光バス(乗客乗員43人)が衝突。バスの添乗員今林健二さん(39)=福岡市東区奈多2丁目=が死亡、稲田隆広運転手(64)と客の計11人が重軽傷を負った。
 熊本県警高速隊によると、自衛隊のトラックが走行車線に落ちていた毛布などを避けようと、追い越し車線に車線変更した際、トラックの右後部と、後ろから走ってきた観光バスの左前部が衝突したという。添乗員の今林さんは乗降口付近にいて挟まれたとみている。
 トラックは訓練参加のため、えびの駐屯地から熊本市の健軍駐屯地に向かっていた。運転していた野(ひばりの)和彦2等陸曹(44)と同乗の2等陸尉(49)にけがはなかった。
山光交通によると、バスの乗客はディスカウントショップ「ニシムタ串木野店」が無料招待した日帰り旅行の参加者で、いちき串木野市から佐賀県の嬉野温泉や祐徳稲荷神社を経由し、長崎県大村市に向かう途中だった。けがをした乗客は16-85歳で、うち女性(85)と男性(55)の2人が骨折などの重傷という。
スポンサーサイト
NO.422 |TOP| NO.420

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
8位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム