北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2011/10/25

NO.397

東北の3新幹線 延べ374本を増発 

 JR東日本は年末年始(12月28日~1月5日)に東北、秋田、山形の3新幹線で延べ374本を増発する。仙台支社によると、前年より66本少ないものの、通常ダイヤの本数が増えているため、全体の運行本数では大きな変化はないという。
 増発の内訳は東北184本(前年比63本減)、秋田77本(12本減)、山形113本(9本増)。利用のピークは下りが12月30日、上りが1月3日を見込んでいる。増発分のうち上下20本は新型車両E5系を投入する予定で、国内初のファーストクラス「グランクラス」も利用できる。
 東北の在来線は宮城、福島、山形3県で前年より37本少ない106本を増発する。大みそか深夜から元旦にかけ、東北線の仙台―平泉間を結ぶ「ふるさと初詣号」など、初詣客向けの特別列車を運行する。








転落事故のタクシー運転手が死亡

tky11102421540016-g1.jpg

 東京都品川区西大井の陸橋付近の道路からタクシーが約7・5メートル下のJR横須賀線の線路内に転落した事故で、骨折して病院に運ばれたタクシー運転手、栗原勝司さん(74)=東京都葛飾区=が25日未明、死亡した。警視庁大井署によると、栗原さんは肋骨を折っており、内臓が傷ついた可能性があるという。タクシー乗客の男性(56)は腕の骨を折るなど重傷だが、命に別条はない。







タクシー漂う閉塞感/青森

 県内のタクシー業界が苦境にあえいでいる。需要の起爆剤にと期待した東北新幹線全線開業の効果も東日本大震災で一気にしぼみ、右肩下がりの営業収入は今年度も過去最低を更新する勢いだ。タクシー台数を削減する「減車」の取り組みも進んでおらず、課題は山積している。(岡部雄二郎)
■「最後の希望」 17日の東北新幹線新青森駅。午後2時33分着の「はやて23号」から駅前のタクシーに乗り換えた乗客は、わずか5組。暇をもてあます運転手たちは、路上でたばこをふかしたり車内で雑誌を読んだりしていた。
 「ひどいもんだろ。震災直後はもっとだったよ」。運転手の1人(58)が苦笑いした。観光客の数がようやく震災前に戻りつつある今でも、レンタカーやバスツアーとの競合で、乗せられるのは1日5、6組。「期待していた分、がっかり。もう業界が上向くことはないだろうね」。この道30年のベテラン運転手(55)がため息をついた。
 「新幹線という最後の希望が吹っ飛んだ。展望が見えてこない」。県タクシー協会の渡辺博美専務理事(55)の言葉は率直だ。
 もともとタクシーは短距離利用の地元客が大半だが、長引く不景気やマイカーの普及で売り上げは右肩下がり。協会によると、2010年度の県内の営業収入は約156億円で10年前の6割に落ち込み、過去最低を記録した。低迷の歯止め役と期待されたのが、全線開業だった。
■新企画導入も 新青森駅に降り立つ観光客を取り込むため、青森市のタクシー業界では運転手が観光案内役を務める「ガイドタクシー」や新駅と市中心部を一律1500円で結ぶ「定額タクシー」を相次いで導入。開業した昨年12月から今年2月までの収入は前年比で毎月97%を超え、出足はまずまずだった。しかし、震災の起きた3月に前年比88・5%と一気に失速すると、その後も90%を超えるのがやっとで、これまでに前年を上回った月は一度もない。弘前市や八戸市など他地域も同じ状況にある。
■減車進まず さらに悩みの種となっているのが、運転手の賃金向上や渋滞解消のためにも必要とされる減車問題だ。
 東北運輸局青森運輸支局は昨年2月、国の特別措置法に基づき、供給過多に陥っている青森、八戸、弘前の3交通圏で事業者や自治体と協議会を設置。タクシーの台数削減や需要回復について話し合いを進め、秋には各事業者から改善計画を受け取った。
 運輸支局は「他社の動向を気にしてか、減車は計画通りに進んでいない」と指摘するが、事業者側にも言い分はある。青森市の中堅タクシー会社の社長は、「客が減り続ける中では、少しでも多く車を走らせて乗ってもらわないともたない。中小会社には特に大きな問題だ」とこぼした。
 運輸支局は11月にも計画の進捗状況をとりまとめ、協議会を再開。減車や需要回復に向けたさらなる取り組みを検討する考えだ。







新潟市の「横バス」 運行を拡充

ngt11102415030000-g1.jpg

 新潟市江南区の横越地区を試験運行している住民バス「横バス」が、11月1日からルートを一部変更し、本数を増やして本格運行を始める。
 中学生の通学の足を確保するため、地元団体などが「横バス協議会」を設立、運行を地域の観光バス会社「フィールド・あが」に委託し、市の補助制度を利用して運行費の最大70%の支援を得て昨秋から試験運行してきた。
 運行ルートは北ルートが従来と同じ横越出張所-亀田駅東口間で、10往復から11・5往復に増便。南ルートは横越出張所から二本木までは同じだが、その後は旧亀田町の曙町4丁目などの住宅地を経てサンウイングを通るルートに変更になる。本数は10往復のまま。運行は平日のみ。運賃は均一200円(小学生100円)。







九州初の復興支援ツアー JTB発売、被災地めぐる

 JTB九州(福岡市)は24日、東日本大震災の被災地を支援する2泊3日のボランティアツアーを28日から発売すると発表した。九州からの被災地復興ボランティアツアーは初めてだという。
 福岡空港を出て青森空港に到着。岩手県平泉町の中尊寺などをめぐり、宮城県南三陸町のホテルに宿泊する。南三陸町では津波で被災した水産加工場の視察や、NPO法人などで構成する「宮城復興支援センター」のボランティアから話を聞く交流会も予定している。
 ツアーは11月25日から来年3月まで。料金は大人9万9800円からで、収益の一部は南三陸町に寄付される。




スポンサーサイト
NO.397 |TOP| NO.396

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
11位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム