北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2011/03/25

2011.3.25 NO.349

東北地方を発看する高速バスの運行再開・新設状況について(国土交通省)

1.全般的な状況
 東北地方を発着する高速バスの運行路線は、順次、再開'新設されており、3月24日現在、別紙(アドレスクリック)のとおりです。首都圏と東北方面との移動ルートについては、直行する路線パスの他、
・山形空港紐由で、山形⇔仙台
・上越新幹線紐由で、新滞⇔仙台
・東北新幹綿縫由で、那須塩原⇔郡山 で運行されています

2.首都圏、と東北方衝を結ぶ路線の状況(3月23日の実績)
 首都圏と東北方面を結ぶ高速バス路線については、路線数では、地震発生前の30路線に比べ、約8割の25路線が運行されています。運行する各バス事業者においては、各路線の旅客静要に可能な限り対応するため、一部路線を新設した他、いわゆる続行梗(複数台のバス車両で運行)を増発しておリ、バスの輸送力では、地震発生前に比べ、191%まで増強されています。

詳細はこちら↓↓↓
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000090.html




東北道、全面再開 支援物資の輸送が加速

 東日本大震災により、一部区間で通行が制限されていた東北自動車道は24日、一般車両の通行止めが解除された。地震と津波発生から25日で2週間。東北道はすべての車両が全線通行可能となり、被災地の復興支援活動や、首都圏など他県の親族による安否確認が加速するとみられる。
 一般車両の通行止めが解除されたのは、一関インターチェンジ(IC)―宇都宮IC間。22日に一関IC以北が全面解除された後も、被災地への物資や人員輸送など災害対応を優先し、通行は救急車などの緊急車両、トラックなどの大型車に制限されていた。
 仙台市泉区の泉ICでは、夜明け前から乗用車100台以上が列をつくった。規制が解除された午前6時になると、車が高速道に吸い込まれるように動きだした。
 大崎市の長者原サービスエリア(SA)など、東北道内のガソリンスタンドには、解除直後から近郊の乗用車などが1キロ以上並んだ。
 東日本高速道路東北支社によると、高速道路のガソリンスタンドも供給不足が続いており、給油を制限する場合がある。同支社は燃料切れに注意を呼び掛けている。
 東北道のほか、山形、磐越の各自動車道、宮城県内の仙台北部、仙台南部道路の通行規制も24日午前6時に解除された。三陸自動車道は利府ジャンクション(JCT)―鳴瀬奥松島IC間でも一般車両の通行が可能になり、石巻方面との利便性が増した。
 三陸道と仙台東部道路、常磐道にまたがる利府JCT―山元IC間は規制を解除するが、利府JCT―仙台若林JCT間の上り線(南行き)は補修工事のため、緊急車両と大型車も含め通行止めとする。山形道の宮城川崎IC―村田JCT間は工事が完了し、全車両の通行が可能になった。





生活関連/バス    

 エイチ・アイ・エス(H.I.S)=東京=はJR仙台駅東口とJR新宿駅西口を結ぶ臨時高速バスを期間限定で運行する。新宿発は25~27日、仙台発は26~28日で1日1往復。料金は片道3980円。要予約。連絡先は東北予約センター050(5808)8405。
 旅行会社タビックスジャパン(東京)は24日、仙台―郡山間で行ってきた高速バスツアーを同日で終了すると発表した。東北自動車道が同日早朝から一般車両も通行可能となったためという。
 富士セービングバス(東京)は、JR仙台駅東口―JR新宿駅西口間の「支援バス」を1日3往復運行する。仙台からは午前8時発が2便と午後11時発、新宿からは午前8時発2便と午後10時40分発。片道4000円。連絡先は富士セービングバス03(3839)3041。
 宮城交通(仙台市)は25日、福島交通(福島市)との共同で、相馬―仙台間の高速バスの臨時運行を始める。1日4往復で、乗降場所は相馬市役所、相馬営業所、仙台駅前の3カ所。片道1500円(子ども半額)。





井原線の活性化へ3ヵ年の連携計画案を決定/沿線の活性化協議会

 岡山県などが設けている井原線(福山市-総社市)の活性化協議会は、2011年度から3年間の沿線地域公共交通総合連携計画案を承認した。
 内容は、(1)福山-井原間など競合バス路線との共通乗車券の試験導入に向けてバス事業者と協議する、(2)12年度からの高架下の貸付料値上げを検討する、(3)JR、バスとの接続時間を改善する、(4)会員組織の年会費、特典、運営体制を見直す、などが盛り込まれている。同計画は、国土交通省の地域公共交通活性化・再生総合事業の活用を予定しているが、同事業は10年度で廃止され、11年度からは新たに地域公共交通確保維持改善事業が創設される見込みで、車両やレールの改善など安全性向上などは補助対象となるがイベント車両運行など利用促進にかかる経費の半額補助は対象外になるとされる。計画には車両、レールの修繕(国の補助3分の1)に約4400万円を計上したが、同省の補助制度変更を見定めるため、経費のかからない事業を優先的に進めるとしている。





運転状況記録装置の導入できず列車の速度落とすことに/井原鉄道

 第三セクター・井原鉄道(井原市)は、6月から井原線の運転最高速度を時速110kmから95kmに落とすことにした。国土交通省の省令で定める運転状況記録装置を設置することが困難なためとしている。
 同装置は速度やブレーキ操作、前方映像などを記録するもので、2005年4月のJR福知山線脱線事故を受け、06年7月の省令改正で11年6月末までに既存車両への設置を義務付けた。しかし、同鉄道が装置を全13車両に備えると約8千万円の経費がかかり、厳しい経営の中では対応は困難と判断、同線のピーク時の1時間の運転本数が10往復未満であるところから、省令の例外規定に基づき、最高速度を100km/h以下にすることで当面の設置を免れることにしたという。





女性専用車両を4月から土日祝日にも実施し、終日化へ/JR西日本

 JR西日本は、京阪神エリアで実施している女性専用車両を、乗客からの要望などを受け、4月4日から土日祝日を含む全日に終日運行することにした
 同社は2002年10月に、京阪神エリアの普通電車や一部の快速に女性専用車両を本格導入した。これまで平日の始発~午前9時と午後5時~9時に限定していたものを、全日・終日に拡大する。新快速などは、これまでどおり女性専用車両は設けないという。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
9位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム