FC2ブログ
北海道中央バスb0cd04c9.jpgニセコバス弘南バス三八五バス山形交通労働組合 バス画像仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バスWILLER.jpg大野観光
阪急観光都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス新車長崎遊覧バス祐徳バス昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2018/03/26

NO.1332

全路線でバスロケーションサービス開始/阪急バス


CropperCapture[1]




 阪急バスは、2018年3月26日(月)より大阪府下でバスロケーションサービス(接近案内情報サービス)の運用を開始する。
 バスロケーションサービスとは、スマートフォンアプリやパソコンなどから路線バスのリアルタイムな運行情報が確認できるシステムのこと。利用者は、バス停へのバス到着予想時刻を簡単に知ることができる。
 阪急バスは、2016年3月に京都府下および大阪府島本町の路線、2017年3月に兵庫県下および大阪府能勢町の路線おいて同サービスを開始し、提供エリアの拡大をはかってきた。
 今回サービスを導入するのは、大阪市・豊中市・箕面市・池田市・吹田市・茨木市・高槻市・摂津市・豊能町の9市町。サービス開始にともない、阪急バスの全路線でバスロケーションサービスが利用できることになる。
 また阪急バスは、新たな機能として停留所へのバス接近をメールで知らせるサービスにくわえ、バスが遅延したことを証明する「延着証明書」を阪急バスのホームページからダウンロードできるサービスの提供を開始する。














約700kmを走破する日本最長昼行高速バス「スカイ号」 約10時間半の移動なのに短く感じる?/弘南バス


CropperCapture[2]




 昼間を走る高速バスとしては日本最長を誇る、弘南バスの青森・弘前~上野線「スカイ号」。車窓を眺めながら移動でき、途中休憩では食事や買い物を楽しむこともできます。昼行便ならではの良さが思う存分に味わえる高速バスです。
 昼間を走る高速バスとしては日本最長(約700km)、トイレ、座席コンセント付きの快適な車内。青森~東京間が最安4,000円~と格安。かつて数多くの寝台特急が運行されていた東京~青森間も、現在は新幹線と高速バスが主要交通機関として活躍しています。 平日にも関わらず50%以上の乗車率。それだけ利用が根付いているということではないでしょうか。
 青森~東京間の高速バスの場合、「スカイ号」で約10時間50分、夜行便「パンダ号」(青森・弘前~上野)や「津軽号」(青森~東京新宿・東京駅)で約10時間10分~25分と、所要時間では新幹線や飛行機に到底及びませんが、運賃の安さは高速バスが一番。最大の魅力ですね。
 しかも「スカイ号」は、片道4,000円~6,500円。新幹線片道17,350円(普通運賃+新幹線特急料金)の約4割以下の値段で移動できることから、地元客を中心に一定の支持を得ています。














路線バスの現在地表示始動 しずてつジャストライン






 しずてつジャストライン(静岡市葵区)は23日、路線バスの特急静岡相良線と富士山静岡空港静岡線で、運行状況をリアルタイムで提供する新たなバスロケーションサービスの運用を始めた。30日には、一部の自主運行バスを除く68路線で確認できるようになる。
 衛星利用測位システム(GPS)を利用することでバスの現在地を捉え、運行状況やバス停への到着予測時間や遅延情報などを随時更新する。利用者はパソコンやスマートフォン、バス停の表示機で見ることができる。
 同社は、吉田町役場前や牧之原市の静波海岸入口、相良営業所、静岡空港など7カ所に表示機を設置した。2020年3月までに約60カ所に拡大する。
 運用開始に合わせ、同町役場で記念セレモニーを開いた。三浦孝文社長は、サービスの多言語対応などに触れ「交流人口の増加や地域経済の活性化に役立てれば」とあいさつ。田村典彦町長は「利用者の利便性が格段に向上する」と歓迎した。
 同社は新たなバスロケーションサービスの導入に先立ち、12日には路線バスの経路や運賃などの検索サイトをリニューアルした。














人工知能使った「AI運行バス」の実証実験/会津乗合自動車


CropperCapture[3]




 人工知能「AI」を活用したバスの実証実験が、福島・会津若松市で行われている。
 AI運行バスは、アプリで指示を出して、乗降ポイントから利用することができる。効率的な送迎を狙いに行われている、AI運行バスの実証実験。会津若松市内の25カ所に乗降ポイントが用意され、利用したい人は、スマートフォンの専用アプリを使って予約する。
 人工知能が最適なルートを選んで、配車・送迎するため、利用者はどこから乗っても最短の時間で目的地に着くことができる。この実証実験は、25日まで行われている。














高速でバス運転手、意識失い塀に衝突…持病なし






 25日午前10時25分頃、岐阜県中津川市茄子川の中央自動車道上り線で、JR名古屋駅から長野県立科町のホテルに向かっていたシャトルバスが、道路脇のコンクリート塀に衝突した。
 バスの乗客34人(2~84歳)のうち男女2人が首などに軽傷を負った。
 県警の発表などによると、バスの男性運転手(57)が走行中に突然、意識を失ってハンドル操作を誤ったという。ハンドルに突っ伏していた運転手は、その後、乗客に声をかけられて意識を回復し、バスを路肩に止めていた。
 ホテルの運営会社によると、運転手は中津川市内の病院に検査入院した結果、急性心筋梗塞こうそくと診断された。持病などはなかったといい、運営会社の担当者は「ご迷惑をおかけしたことをおわびし、再発防止に努めたい」と話した。














石勝線夕張支線の19年4月1日廃止で合意/JR北海道と夕張市






 JR北海道と夕張市は、石勝線・新夕張-夕張間(夕張支線)を2019年4月1日付けで廃止することに合意した。同支線は、夕張市長が16年8月に廃止合意を表明し、その後、鉄道に代わる夕張市内を南北に貫く公共交通網について協議が重ねられてきた。
 廃止に当たり、JR北海道が「夕張市において持続可能な交通体系を再構築するために必要な費用」として7億5千万円を拠出し、南清水沢地区で整備が進められている拠点複合施設に必要な用地を一部譲渡することが合意された。
 夕張支線は、元は追分-紅葉山(現・新夕張)-夕張間の夕張線だったが、1981年10月に石勝線・千歳空港(現・南千歳)-新得間が開業した際に全線が石勝線に組み込まれた。夕張支線の廃止により、旧夕張線で残る部分は追分-新夕張間のみとなり、同市内の鉄道駅は5駅が廃止され、残るは滝ノ上と新夕張の2駅になる。














沿岸在住の高校生らに三陸鉄道などの通学定期半額補助へ/岩手県






 岩手県は2018年度、沿岸12市町村に住み、通学定期券を購入する高校生らに対し半額を補助する制度を設ける。三陸鉄道や路線バスの利用が対象で、震災により親を亡くした遺児・孤児は補助額を3分の2に引き上げる。
 割引対象となる公共交通機関は三陸鉄道と県交通、県北バス、JRバス東北の路線バス。18年度は利用者は約900人、補助額は約5千万円を見込む。4事業者の通学定期券はJR東日本(鉄路)と比べると高額で、利用者負担が大きい。沿岸部では野田村や洋野町が通学定期券に対する独自の補助を実施しており、同村は県補助に独自分を上乗せする方針。














全線新設する全国初のLRT事業は3月中に着工へ/宇都宮市など






 宇都宮市と栃木県芳賀町が導入を計画する次世代型路面電車(LRT)について、国土交通省は20日、軌道敷設のための工事施行を認可した。全線を新設するLRTは全国で初めて。同市などは22日にも、県から都市計画法に基づく都市計画事業認可を受ける予定で、2022年3月の開業に向け今月中に着工する見込み。
 今回認可されたのは、JR宇都宮駅東口から芳賀・高根沢工業団地までの「優先整備区間」(約14.6km)で、総事業費は約458億円。全体計画は宇都宮駅西側の3km余を含む約18kmだが、市はさらに西側への延伸も検討し、18年度中に具体案を詰める。














全県共通の独自の交通系ICカード作成をWGで検討へ/長野県






 長野県はこのほど、県全域で利用できる独自の交通系ICカードの作成に乗り出すことを決めた。数年後の導入を目指し、人口減少社会を踏まえた移動手段の確保などを考える「地域における移動手段の確保・補完に関する検討会」に、2018年度にワーキンググループを設ける。JR東日本の「Suica(スイカ)」など既存の主要な交通系ICカードを基本にし、独自の機能などを付け、相互利用できるようにするという。
 バスやタクシー、鉄道などでの利用を想定し、県内交通機関にカードリーダーを設置する。県交通政策課は独自の機能を持ったカードとすることで、高齢者を対象にした割引サービスなども提供できるほか、交通事業者は利用者の乗降場所を把握しやすくなり、経営改善に生かせるといった利点があるとしている。














高岡-西高岡間に新駅「高岡やぶなみ駅」開業/あいの風とやま鉄道






 あいの風とやま鉄道は17日、高岡-西高岡間に新駅「高岡やぶなみ駅」(高岡市)を開業した。一日約1600人の利用を見込んでいる。
 同駅は無人駅で、跨線橋に自由通路を配置し、鉄道利用者以外の住民も行き来できる。名称は万葉歌人の大伴家持が国守として赴任していた奈良時代に一帯が「やぶなみの里」と呼ばれたことにちなんだ。














北海道新幹線開業2年目、前年度実績下回る見通し






 北海道新幹線(新青森-新函館北斗間148・8キロ)は、26日で開業から2年となる。利用客は延べ400万人を超えたものの、「真価が問われる」(JR北海道の島田修社長)としていた2年目(2017年度)は前年度実績を大きく下回る見通し。さらに多額の営業費用が重荷となっており、札幌延伸が予定される30年度までいかに踏ん張るかが問われそうだ。【日下部元美】
 JRによると、今月12日までの北海道新幹線乗客数は406万人。17年度の2月末までの利用客は前年同期を20・6%下回り、1日平均5100人だった。最多が8月の同7500人、最少は1月の同3400人で、特に7、10月は前年比25%減となった。
 平均乗車率は16年度の32%に対し、17年度(2月まで)は27%と5ポイント低下。JRが「当面の目標」としていた26%をかろうじて超えた。JRは「観光目的での利用が多く、季節波動が大きい」として冬場の閑散期対策に力を入れ2月は前年実績をやや上回ったが、傾向はほとんど変わらなかった。
 一方で、JRが昨年11月に公表した16年度の北海道新幹線の営業係数(100円の営業収益を得るために必要な営業費用)は146。青函トンネルの設備維持費などの負担が重く、54億600万円の営業赤字となった。17年度は、運賃収入がさらに減ることになる。
 ビジネスなど安定した需要が本格的に見込めるのは30年度予定の札幌延伸後とみられ、JR幹部は「事実上の部分開業の現状では、採算の面で厳しい」と説明する。
 島田社長は「新幹線の効果を道内の鉄道全体に広げることに引き続き取り組むとともに、青函トンネルの老朽設備の計画的取り換えを進め、(現在は最高時速140キロの青函トンネル内の)新幹線高速化などの課題も解決していきたい」と語った。
 函館市によると、今年度上期の推計観光入り込み客数は約338万2000人で、新幹線開業直後だった2016年度同期を7・7%下回った。
 開業効果の薄れを示す数字となったが、市観光企画課は「16年度の数字が大き過ぎた。2年目のダウンは想定されたこと。15年度と比較すると5・3%伸びており、新幹線効果は堅調だ」とみる。
 冬場でも天候に左右されにくい利点に加え、青函航路のフェリーや空路との組み合わせが可能で、訪れた人が目的や時間に応じたさまざまな移動手段を選べることが強みになった。海外からの観光客が好調なことも大きいという。
 人気を持続させるため、今後は登別、札幌方面や新幹線でつながる北東北など本州と連携した周遊コースの開発に力を入れる考えで、本吉孝年課長は「函館は陸・海・空それぞれの交通の要所。その特徴を生かした集客を図りたい」と話した。














SLやまぐち号、今季の運行開始



CropperCapture[4]



 JR山口線を走る観光列車「SLやまぐち号」の運行が24日、始まった。今季は、「デゴイチ」の愛称で親しまれ、昨年44年ぶりに復活したD51も客車を牽引けんいん。始発駅の新山口駅(山口市)では、D51が姿を現すと、集まった親子連れや鉄道ファンから歓声が上がった。
 同列車は新山口―津和野駅(島根県津和野町)を週末や祝日に1日1往復する。
 この日は、定刻の午前10時50分、汽笛を高らかに鳴らし、煙を噴き上げながら新山口駅を出発。福岡市の筒井結星ゆうせいちゃん(5)は父親と一緒に初めて乗車し、「毎日動画で蒸気機関車を見て楽しみにしていた。本物は大きくてかっこいい」と話した。
 今季の運行は12月までの計92日間。D51は主に3~5月と12月の運行で、「貴婦人」の愛称で知られるC57は6~11月に雄姿を見せる。また、「ポニー」の愛称で親しまれてきたC56は5月6日が山口線では最後の運行となる。
スポンサーサイト
NO.1333 |TOP| MO.1331

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  黒字路線への新規参入「既存事業者の妨害」12万筆の署名を国交省へ提出

↓ Crich Here
キャプチャ

■  第1回自動車運送事業のホワイト経営の「見える化」検討会

↓ Crich Here

■  「何かが削られているから安い」~旅行会社主導のバス下請け構造

↓ Crich Here
キャプチャ

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
12位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム