FC2ブログ
北海道中央バスb0cd04c9.jpgニセコバス弘南バス三八五バス山形交通労働組合 バス画像仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バスWILLER.jpg大野観光
阪急観光都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス新車長崎遊覧バス祐徳バス昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2017/10/31

NO.1286

同じ燃料噴射装置不良で3度目のリコール、火災の原因に…三菱ふそうトラック・バス





 三菱ふそうトラック・バス(マーク・リストセーヤ社長)のリコールに、リコール対策の「重要性を啓発する」という措置が盛り込まれた。バスやトラックの車両火災防止の焦りが見える。
 対象は大型トラック『スーパーグレート』、大型バス『エアロクイーン』『エアロエース』、UDトラックスの大型バス『スペースアローA』『スペースウイングA』の5車種60型式。これらの5車種は、いずれも燃料噴射装置の不具合を改善するために2012年12月、13年10月、そして今回の17年10月にリコールが届け出られた。同じ装置でリコールが度重なるということは異例だ。
 今回は新たに「最悪の場合、排気管にたまった燃料が発火して、火災に至るおそれがある」という事象が加えられた。該当車両は当初の約1万3550台から3万2065台に増えた。
 運転を続けるうちに、燃料噴射装置に劣化した油分(スラッジ)がたまり固着する。燃料噴射装置が閉じている状態であれば、エンジンは始動しない。逆に開いた状態で固着すると「排気側に燃料が排出され、高温にさらされて発火する恐れがある」(同社広報担当)。同社はスーパーグレートで2台、エアロクイーン/エアロエース2台で、車両火災を確認した。今年9月14日に発生した北海道小樽市の走行中の回送バスで起きたバス火災の原因を特定し、10月27日、リコールを届け出る判断をした。
 燃料噴射装置の不具合は、最初のリコールから認められていた。火災は最悪の状態で、多くは煙の発生、エンジン制御のシステム異常の警告灯の点灯が発生し、エンジンが始動しない、逆に吹き上がるという不具合だ。12年のリコールでは、これを燃料ホースから亜鉛が溶け出し、軽油の成分と混じってスラッジを発生させることが原因と考えた。そのため燃料ホースの取り換えがリコールの主な対策だった。燃料噴射装置の対策に乗り出したのは翌年だ。スラッジを除去する洗浄剤を注入し、固着を抑制する機能を追加。ECU(エンジン・コントロール・ユニット)のプログラムも書き換えた。
 それでも車両火災は起きた。小樽市のバス火災でスラッジの洗浄は「何度も行わなければならない」(前出・担当者)と結論づけた。リコールでは改めて洗浄剤を使った除去を行い、不具合がわかった装置は新品に交換することにした。
 「顧客には真摯に対応する」と、同社広報担当者は話す。リコール後のメンテナンスノートには、洗浄剤による定期的なスラッジ除去が書き加えられることになったので、バス事業者や車両の所有者は注意が必要だ。
 関連するリコール届出番号は、3071(2012年)、3244(2013年)、4135(2017年)。













バス降車直後に転倒、発車したバスにひかれ男性死亡






 30日午後5時50分ごろ、神奈川県厚木市旭町3丁目の県道で、神奈川中央交通(本社・同県平塚市)の路線バスが、降車して転倒した厚木市旭町、吉村清さん(67)をひいた。吉村さんは病院で死亡が確認され、県警は運転手の男(57)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、容疑を過失致死に切り替えて調べる。
 厚木署によると、吉村さんはバス停で降車した直後に車道側に転倒。発車したバスの前輪にひかれたとみられるという。













「西武バス」踏切進入、遮断機接触で窓破損






 先週、東京・国分寺市で「西武バス」の路線バスが警報機が鳴る中、踏切に進入し、降りてきた遮断機に接触して窓ガラスが割れる事故を起こしていたことが分かった。
 「西武バス」によると、27日午後2時すぎ、東京・国分寺市の西武多摩湖線の踏切に進入した「西武バス」の路線バスが、降りてきた遮断機と接触し、後部の窓ガラス1枚が割れた。
 バスは「武蔵野美術大学」発「国分寺駅」行きで、窓が割れたまま国分寺駅まで走行した。
 会社側の聞き取りに対し、63歳の男性運転手は「警報機が鳴っている状況で踏切内に進入した」と説明しているという。当時、バスには10人ほどが乗っていたが、割れた窓の近くにはいなかったため、乗客にけがはなかった。
 西武バス広報担当「今回ご乗車のお客様はじめ関係の皆様に多大なご迷惑をお掛け致しましたことを深くおわび申し上げます」
 西武バスは、日本テレビの取材に対して、踏切の警報機が鳴った状況での悪質な走行だと認めた上で、「今後、安全管理に対する従業員への指導、教育を徹底し、再発防止に努めていきたい」としている。
スポンサーサイト
NO.1289 |TOP| NO.1285

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





自動車運送事業のホワイト経営の「見える化」検討会

■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  黒字路線への新規参入「既存事業者の妨害」12万筆の署名を国交省へ提出

↓ Crich Here
キャプチャ

■  第1回自動車運送事業のホワイト経営の「見える化」検討会

↓ click here

■  「何かが削られているから安い」~旅行会社主導のバス下請け構造

↓ Crich Here
キャプチャ

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

2017年 台湾公視テレビ 放送
CropperCapture[30]

■  「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  バス事故/守られない運賃

2016年 TV金沢 放送
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

Click Here ↓ 
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

Click Here ↓ 

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

2016年 テレ朝 放送
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

Click Here ↓
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  「保安要員」義務化を

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

2012年 石川TV 放送 アングル~責任~

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

2007年 NHK 放送
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

click here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

2007年 テレ朝 放送「スーパーJチャンネル」

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
6位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム