北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2017/01/12

NO.1198

業界初 全11席のありそうでなかった「完全個室」バス 実現できたワケとは


キャプチャ




 関東バス(東京都中野区)が全席「完全個室」の夜行高速バス「DREAM SLEEPER(ドリームスリーパー) 東京・大阪号」を、両備ホールディングス(岡山市)と共同で2017年1月18日(水)から運行。その車両が1月11日(水)、中野サンプラザ(東京都中野区)で報道陣へ公開されました。
 関東バスによると、業界で初めて、全席を扉付きの完全個室とし、「まるでホテルに宿泊しているような感覚」とのこと。11人という定員も、業界では最少といいます。
 各個室は幅約85cm、奥行き約160cm(部屋により若干の差異あり)で、全面カーペット敷き。スリッパやミネラルウォーター、アイマスク、耳栓、歯ブラシなどのアメニティが用意されるほか、コンセント、充電用USBに加えて車内Wi-Fi、プラズマクラスターイオン発生機なども備えられます。トイレは温水洗浄機能と水浄化機能付き。パウダールームも独立して設置されます。
 このバスの最大の特徴は、全室扉付きで、仕切りが天井まで達していること。これまで、座席の前後や側面を部分的にパーティションやカーテンで区切ることにより個室空間を作るバスはありましたが、天井まで扉と壁で仕切った“完全個室”は初めてです。
 新型のバス車両を走らせるためには、まず、国が定めた道路運送車両の保安基準に適合させなければなりません。完全個室とするうえで保安基準上まず課題となるのが、ワンマンバスには運転席から旅客の状況を確認するルームミラーなどの設置が義務付けられているという点。個室が並ぶ車内で、運転席からルームミラーで旅客の状況を確認することは、物理的に不可能です。
 この基準に対し、たとえば両備グループの中国バス(広島県福山市)が横浜~広島間で運行している「DREAM SLEEPER」(定員14人)では、“個室”の4席には室内に、カーテンで仕切る10席には通路の天井に複数のカメラをそれぞれ設置し、運転席のモニターで車内の様子を把握できるようにしています。
「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」では、全個室内の後方上部にカメラを配置し、その映像を運転席にあるみっつのモニターに映し出せるようにすることで、保安基準をクリア。“完全個室”を実現しました。また、個室の扉が開いていれば運転席のランプが点灯し、出入りも把握できます。ただし個室内カメラはプライバシー保護のため、乗客が座った状態ではモニターに映らないようになっています。
「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」は、東京の池袋駅西口と大阪のなんば(OCAT)、両備バス門真車庫のあいだで1日1往復の運行。大阪行きは池袋22時50分発、なんば6時40分着、門真車庫7時30分着。東京行きは門真車庫21時50分発、なんば22時40分発、池袋6時40分着です。
 片道の価格は、東京~新大阪間を新幹線「のぞみ」グリーン車で移動するときの代金に匹敵する大人2万円(2017年2月28日までは運行記念割引として大人1万8000円)。9000円の運賃に、1万1000円の座席料金という内訳です。
 車両開発の責任者である両備ホールディングスの松田敏之副社長によると、この価格は、約1億円の車両開発費を8年で償却することを考えて割り出されたもの。新幹線に宿泊料金を含めた場合などと比較して、十分需要があると見込んだそうです。
「『DREAM SLEEPER 東京・大阪号』では、移動中にホテル同様の休息時間を過ごせるだけでなく、深夜発、早朝着で移動前後の時間も有効活用できるという付加価値が価格に反映されています。移動で宿泊を兼ねるので、たとえば東京~大阪を往復して2泊3日となるところを、0泊3日で済ますこともできます。『時間を有効に使いたいからバスを選ぶ』というお客様に乗っていただきたいです」(松田副社長)
“完全個室”は実現されましたが、日本の車両保安基準上、座席をフルフラットにすることはできません。しかし、「浮遊感を感じながら深く眠ることができる」(関東バス)という「ゼログラビティシート」の採用で、フルフラットとは一線を画した眠りを提供するとのこと。背もたれを40度、座面を30度傾斜し、フットレストを水平にすることで、「胎児がお腹の中にいる状態」を再現するというシートです。これは横浜~広島間の夜行高速バス「DREAM SLEEPER」でも採用されています。「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」では、フットレストも電動になり、ボタンひとつで「ゼログラビティ状態」になる機能が加わりました。
 おもにビジネス利用と女性を想定しているという「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」。両備ホールディングスの小嶋光信会長は、「『安く運ぶ』から、バスに『乗ることが目的』になる車両。価格競争で疲弊してしまったバス業界を、『憧れの業界』に変えていく牽引役にしたい」と言います。このバスの事例が今後、他社にも波及し、夜行バスの進化を促していくかもしれません。













新東名の追突死亡事故、バス整備不良の疑いで書類送検


キャプチャ2



 愛知県岡崎市の新東名高速上り線で昨年10月、故障で路肩に止まっていたバスに大型トラックが追突し、バスの運転手2人が死亡した事故で、愛知県警は11日、バスを運行する中央交通バス(大阪市)と、同社の整備責任者(58)、死亡した運転手2人を道路交通法違反(整備不良)の疑いで書類送検し、発表した。整備責任者は「安易な判断をしてしまった」と容疑を認めているという。
 県警によると、整備責任者は昨年10月2日午前0時ごろ、滋賀県でバス後輪の部品が外れたとの連絡を運転手から受け、修理を指示。運転手2人は針金で修理し、そのまま運転を続けた疑いがある。
 バスは同日午前2時過ぎ、岡崎市の新東名高速で右側後輪のエアブレーキが故障し、路肩に停車した。県警は、外れた部品が走行中にエアブレーキの配管に接触したとみている。














バスと車が衝突、中国人観光客ら13人けが 北海道







 北海道共和町ワイスの国道5号で9日午後9時15分ごろ、中国人観光客11人を乗せた会社役員の男性(51)運転のマイクロバスと、会社員男性(20)運転のワゴン車が正面衝突し、2台の計13人が擦り傷や打撲などの軽傷を負った。道警岩内署によると、現場は片側1車線の緩いカーブで、路面が凍結していた。同署はワゴン車がスリップして対向車線にはみ出したとみて調べている。現場は外国人観光客に人気のスキーリゾート・ニセコ地区の近く。
 中国人観光客は小樽市で食事や観光をした後、留寿都村に向かうところだったという。














三菱電機も違法残業、人手不足で現場にきしみ






 長時間労働問題にまたメスが入った。厚生労働省神奈川労働局は11日、労使協定の上限を超える残業を社員にさせたとして、労働基準法違反の疑いで法人としての三菱電機と、同社の幹部を書類送検した。昨年末にも電通が労基法違反容疑で書類送検されたばかり。長時間労働がなくならない背景には、深刻化する人手不足がある。
 独立行政法人労働政策研究・研修機構が昨年末に発表した調査結果が興味深い。回答企業の5割強が「人手不足が生じている」と答えたが、それらの従業員は深刻な悩みを抱えていることを示していたのだ。
 8割以上が「人手不足ストレス」にさらされている――。調査で分かったのは、「(自分の職場の人手が)かなり不足している」と考える従業員の34.7%がストレスを「強く感じている」ということ。「やや感じている」と合わせると実に8割超の従業員がストレスを抱えている。
 この調査は30人以上規模の企業1万2000社を対象に調査票を配布し、2406社が回答した。併せて同企業を通じて正社員6万人分の調査票を配布、7777人からの回答を集計した。
 職場で人手が足りなくなれば、当然、業務量は増える。調査結果でも、「人手がかなり不足している」とした795人のうち、37.5%が1年前と比較して自身の業務量が「かなり増えた」と回答。「やや増えた」と合わせると74.5%が業務量の増加に直面していることが分かった。
 企業側に人手不足が職場に及ぼしている影響を聞くと、「時間外労働の増加や休暇取得数の減少」が約7割に達した。人手不足が長時間労働の温床となっていることは明白だ。
スポンサーサイト
NO.1199 |TOP| NO.1197

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
9位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム