北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2016/12/31

NO.1195

民事再生中の南部バスから全事業の譲渡受ける/岩手県北バス






 岩手県北バス(盛岡市)は、青森県南部地方を中心にバス事業を展開し、民事再生手続き中の南部バス(八戸市)から全事業を引き継ぐ事業譲渡契約をこのほど締結した。譲渡金額など詳細は協議中で、譲渡は2017年2月15日頃の見込み。
 南部バスから譲渡を受けるのは、同社の全事業と原則全ての雇用(11月現在の従業員は正社員約180人を含む約250人)。同社は南部地方のほか、八戸市と洋野町大野、軽米町を結ぶ路線バス各1路線、八戸-盛岡間の高速バスなどを運行している。














駅と電車内の迷惑行為ランキング(16年度)/日本民営鉄道協会






 日本民営鉄道協会が行った2016年度「駅と電車内の迷惑行為ランキング」の結果は、「騒々しい会話・はしゃぎまわり等」(33.8%)が8年連続1位になった。16年度から新たに追加された項目「歩きながらの携帯電話・スマートフォン操作」は2位だった。
 また、3位の「座席の座り方」、4位の「乗降時のマナー」と「荷物の持ち方・置き方」はそれぞれ前年度2位、3位、6位で、依然として上位にランクインした。「座席の座り方」では、さらにどのような行為が迷惑に感じるかと聞いたところ、「座席を詰めて座らない」が65%、「背中や肩のリュックサック・ショルダーバッグ等」が62%と高い割合を占めた。
 同協会は、駅と電車内のマナーに関して99年からアンケート調査を実施している。今年度は10月1日から2ヵ月間、同協会のWebサイト上で行われました。調査は15項目の複数選択式(最大3つまで)で、2899人から回答を得た。














住民運営のコミュニティバスが運行開始から5年/徳島市の一地区






 徳島市北部のベッドタウン・応神地区の住民が、コミュニティバス「応神ふれあいバス」を自ら運行して5年間たった。地域の各世帯から要望を聞いてダイヤやルートに反映してきていて、高齢者を中心に一定の利用者数を維持している。バス路線の維持は難しく、国土交通省によると、2010~14年度の5年間に計約6200kmが廃止されていて、同市には全国の自治体や住民グループの視察が相次いでいるという。
 吉野川北岸に位置し東西に細長い同地区には、徒歩圏内に大きなスーパーがなく、住民がバスの必要性を訴えると同時にルートなどに関する要望を聞いて回った。10年5、6月に計15日間、無料試験運行を実施し、徳島市や国の支援決定にも後押しされ、11年12月のスタートにこぎ着けた。
 市内のタクシー会社に委託し、乗客9人乗りのジャンボタクシーを利用。地区東寄りのアパート前から火、木曜日は北方面のスーパー、金曜日は西方面のスーパーへと向かい、それぞれ1日4往復する。停留所は郵便局や病院など計約30ヵ所。代金は往復400円で、定期券もある。













国道でバスが軽ワゴン車に追突 乗客ら9人けが



キャプチャ1



 警視庁によりますと、28日午後2時ごろ、東京・足立区中央本町の国道4号で、左端の車線の先頭に軽ワゴン車、その後ろに足立区のコミュニティーバス(日立自動車交通)が信号待ちをしていました。信号が変わり、バスが走り出しましたが、軽ワゴン車が停車していたため、追突したということです。この事故で、軽ワゴン車に乗っていた男性2人とバスの乗客7人がけがをしました。警視庁が事故の詳しい原因を調べています。













路線バス 乗用車と衝突し住宅に突っ込む 鹿児島


キャプチャ




 28日午後、鹿児島県霧島市の国道で路線バスと乗用車が衝突して弾みでバスが、道路沿いの住宅に突っ込み、乗客など合わせて3人がけがをしました。28日午後1時半ごろ、鹿児島県霧島市牧園町の国道223号線で、鹿児島交通の路線バスと乗用車が衝突し、弾みでバスが道路沿いの住宅に突っ込みました。
 警察によりますと、この事故で、バスの乗客と運転手、それに乗用車を運転していた人のいずれも男性合わせて3人が、けがをしたということです。全員意識ははっきりしているということです。
 バスが突っ込んだとき、住宅には、この家に住む男子中学生1人がいましたが、けがはなく無事だということです。
 調べによりますと、バスは、霧島市内のホテルから鹿児島空港を経由して指宿市内のホテルに向かう途中で、乗客はけがをした男性1人だったということです。
 現場は霧島温泉を通る片側1車線のほぼ直線の道路で、警察によりますと、乗用車の男性は「中央線を越えてしまった」と話しているということです。警察はさらに詳しい状況を調べています。
 バスが突っ込んだ住宅にいて無事だった男子中学生は、「2階でテレビを見ていたら大きな音がして、地震かと思うほど揺れました。玄関が壊れたので、別の出入り口から外に出ましたが、けがはありませんでした」と話していました。34歳の母親は、「職場にいたら『バスが自宅に突っ込んだ』と連絡を受けて、頭が真っ白になりました。家族が無事でよかった」と話していました。














岡山でバスに乗るのは必死です 指南サイトに驚きと共感






 バス停で待っていても、バスが停車するとは限りません――。そんな前置きで岡山市内での路線バスの乗り方を指南するサイトがネット上で話題だ。「バス停では必ず立って」「バスが来る方向をじっとにらみつけながら待ちましょう」。そんな助言が並ぶが、岡山でバスに乗るのは難しいのだろうか。
 「岡山でバスに乗るには必死感を出さなければならないことを学んだ」
 11月下旬、ツイッターにこんな「つぶやき」とともに、あるサイトの画像が掲載された。
 岡山市内の路線バスや路面電車計約20路線の時刻表などを案内するサイト「いそあ」内にある「岡山での路線バスの乗り方」というページの画像だ。「バス停での待ち方」という項目にはこんな文章が並ぶ。
 「バスの死角に立たないように気をつけましょう」「バスが停車したら我先に乗り込みましょう」
 「つぶやき」は8800回以上リツイートされるなど反響は広がった。「岡山のバスに乗れる気がしない」「岡山では常識」。ツイッター上が驚きや共感のコメントであふれた。
 なぜこのような乗り方を紹介しているのか?
 サイトを運営する岡山市内在住の会社員もりげんさん(40、ハンドルネーム)に会って話を聞いた。
 ログイン前の続きもりげんさんは岡山大工学部情報工学科に在学中、日常的に路線バスに乗り、今も通勤に利用している。
 「乗り方」を書いたのは3年ほど前。過去に何度かバス停で待っていたバスが通り過ぎていった経験があり、「自分と同じ目に遭う人が減れば」と思い、執筆を思いついたという。
 「おせっかいな性格なんです」ともりげんさん。バス停でどのバスに乗るか困っている人を見ると、助けたくてうずうずするという。「話しかけたら不審がられるからサイトを作ったんです」とも話す。
 「いそあ」には長年バスを使って覚えた路線や時刻表なども書いてある。現在もダイヤ改定に応じて更新を続けているという。

■「乗る」アピールを

 普段は車で移動している記者も市内を走るバスに乗ってみた。バス停に立って待っているとバスが到着。にらみつけて待っていたわけではなかったが、きちんと停車してくれ、無事乗ることができた。
 いつもバスを使っている人たちはどうなのか。バスを待っていた30人に質問した。「バスが通り過ぎてしまったことありますか?」
 「ある」と答えたのは7人。20代の男性会社員は「バスの陰に隠れてしまって見落とされることはたまにあるけど、次のバスを待てばいいやと思う」。
 7人のうち見過ごされた回数が「今までに1回」と答えた人が2人。「週に1回」という人も1人いた。
 岡山市交通政策課によると、市内で運行するバス会社は7社。県バス協会によると、市内は複数のバス会社が乗り入れ、他県の主要都市などと比べて路線数が多いのが特徴だという。
 「乗車が難しい」との指摘について、県バス協会の担当者は「複数の会社のバスが止まる停留所も多い。バスが連なって止まることもあり、運転手が乗客を見つけにくいこともあるかも知れない」と語る。
 あるバス会社では運転手に「バス停に人がいれば止まるように」と指導しているというが、路線バスの運行管理をしている担当者は「乗客のみなさんにも、ベンチから立ち上がったり、手を挙げたりするなど、乗る意思表示をしてもらうと大変助かります」と話す。
 たくさんのバスが行き交う岡山市内。乗り過ごしたくない時は、手元のスマートフォンにうつむきがちな顔をぱっと上げるなど、「乗りたい」アピールが必要かも知れない。
    
【もりげんさんが指南する岡山のバスの乗り方】
 ・バス停では必ず立って、動きやすい状態で待ちましょう。座っているとバスが通過することがあります。
 ・必ずバスが来る方向をじっとにらみつけながら待ちましょう。ぼうっとしているとバスは通過します。
 ・バス停の前後も意識しましょう。
 ・やって来るバスの死角に立たないように気をつけましょう。バス運転手の死角にならない位置にこまめに移動しながらバスを待ちましょう。
 ・バスが停車したら我先に乗り込みましょう。(サイトから抜粋)














JR西日本の車掌 乗務中の列車内でゲーム動画






JR西日本の車掌が、今月、鳥取県内を走っていた特急列車の乗務員室で、業務用のタブレット端末を使って、仕事とは関係のないゲームの動画を見ていたことがわかりました。車掌は「これまでも乗務中に何度か見た」と話しているということで、JR西日本岡山支社は処分を検討しています。
 JR西日本岡山支社によりますと、今月28日、鳥取県内を走っていた鳥取発岡山行きの特急「スーパーいなば6号」の27歳の男性車掌が、乗務員室で業務用のタブレット端末を使い、仕事とは関係のないゲームの動画を見ていたということです。
タブレット端末は運行状況の確認や観光案内のため会社が貸し与えているもので、インターネットに接続できるということです。
 乗客からの連絡で発覚し、会社の調べに対して、車掌は「業務が一段落したので、上手な人がゲームをしている画面を映した動画を見た。これまでも乗務中に何度か見た」と話しているということです。
 JR西日本岡山支社は「誠に遺憾で、大変申し訳ありません。乗務員への指導教育を徹底します」とコメントし、車掌の処分を検討しています。
スポンサーサイト
NO.1196 |TOP| NO.1194

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
10位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム