北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2017/09/26

NO.1275

日本海沿線縦断観光ルートを確立/.新潟市など4市+高速バスのWILLER






 新潟市、敦賀市、舞鶴市、豊岡市の4市と高速バス事業者のWILLER(ウィラー)が発起人となり、日本海沿線を結ぶ新たな観光ルーツを創出の官民プロジェクトを立ち上げた。
 「表と裏ではなく、日本海側が主要な移動ルートだったことを思い起こし、それが誇りとなるようになるよう多くの人に来ていただきたい」と、プロジェクト事務局を引き受けた新潟市の篠田昭市長は訴える。
 今後、さらに日本海沿線の自治体や観光・交通事業者の参画を求め、訪日外国人旅行者の定番となっている富士山を経由する東京~大阪間のゴールデンルートに匹敵する「日本海縦断観光ルート」の確立し、観光による交流人口を増やし、日本海沿線の経済発展を目指す。
 同プロジェクトは、日本海沿線には9870万人の旅行者がいると試算する。ところが、観光庁がまとめた訪日外国人の宿泊数の4割は東京都と大阪府に集中。今回発起人となった4市のうち新潟市、敦賀市、豊岡市のある新潟県、福井県、兵庫県は、いずれもその他2割の約30県の中に含まれ、せっかく観光客が訪れても、再び太平洋側に戻っているという焦りがある。「ほとんどが北へ向かって南北で移動する」(多々見良三舞鶴市長)という状態だ。
 篠田市長は立ち上げの動機をこう説明する。「日本海のすばらしさを大勢の皆様に実感していただきたい。しかし、日本海沿岸を動こうとすると、うまくいかない。どうすればよいのか、4市1社で声を旗揚げした。今後、多くの方々に参画いただきたい。日本海側の魅力伝えようじゃないかという機運が一気に高まることを期待している」。
 また、民間唯一の発起人であるWILLERの村瀬茂高社長も、同業他社の参画を呼び掛ける。「日本海沿線には歴史があり文化がある。京都大阪だけでなく、こうした観光ルートを作ることは非常に大切。WILLERがやるではなく、もっとたくさんの交通事業者と連携して、観光交通の構築ができれば」。
 日本海縦断観光ルートを設立するためには、そのテーマが必要になる。また、それぞれの観光地をつなぐ観光交通が充分に整っていないという弱点がある。プロジェクトではこれらの課題を認識し、人材育成、観光交通、M情報発信の3つの部門を作り、日本海沿線の観光課題の解決にあたる。この夏にも第一弾として観光商品を発表、2018年初頭には発起人5者と新たな参画団体を加えた協議会を立ち上げる。達成目標については、「協議会立ち上げ時に発表する」(村瀬社長)。














千葉駅―幕張メッセに直行バス






 京成グループの「ちばフラワーバス」(山武市)は10月2日から、JR千葉駅周辺の「千葉都心」と幕張メッセを核とする「幕張新都心」とのバスの直行便を運行する。当面は平日の朝~夕方に上下9便を運行し、利用状況などを踏まえ、土日の運行や増便を検討する。
 同社によると、これまで千葉駅と幕張新都心を公共交通機関で行き来するには、電車やモノレール、バスのいずれでも乗り換えが必要だった。同社は、幕張メッセで開かれる大型イベントへの来場者を千葉駅周辺に呼び込みたい考えだ。さらに、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、会場となる幕張メッセと千葉駅を結ぶ交通手段として定着させたい狙いもある。
 直行便は高速バスの車両を利用する。1便につき50人前後の先着順で、運賃は片道400円。スーツケースなど大きな荷物はトランクに積むことができる。
 千葉都心側の停留所は、千葉駅東口、旧パルコ前の中央二丁目、京成ホテルミラマーレで、幕張新都心側はJR海浜幕張駅、幕張メッセ中央、イオンモール幕張新都心の3か所。全行程の運行時間は約1時間だが、例えば千葉都心側を出発した場合、京成ホテルミラマーレから海浜幕張駅までは約30分を想定している。途中に停留所が少ないことから、渋滞を避けたルートを通ることもできるという。














新幹線延伸、札幌駅ホーム地下案も






 北海道新幹線の札幌延伸を巡る札幌駅ホーム位置問題で、JR北海道と鉄道・運輸機構が駅地下にホームを建設する案を検討していることが23日、複数の関係者への取材で分かった。現在は現駅案と駅東側案が協議されているが、いずれも地上にホームを造る案で、在来線への影響や費用負担を巡り結論が出ず、膠着こうちゃく状態になっている。
 2012年に国が認めた現駅案では、在来線の大幅減便が迫られ、JR北が難色を示している。駅東側案では、在来線への影響はほとんどないものの、駅の商業施設JRタワーの改修に多額の費用がかかることが課題になっている。
 建設主体の鉄道・運輸機構は今年6月、札幌市内は札幌駅から約1キロは高架、それ以外はトンネルとする計画を明らかにしており、30年度の札幌延伸に向けて札幌駅ホーム問題の解決が懸案になっている。
 地下工事の場合、JR北が新たに負担する費用は原則としてないが、鉄道・運輸機構だけでなく、道と札幌市が費用の6分の1ずつを負担する必要が出てくる。そのため、新たな負担増に対する道議会や札幌市議会、道民の反発も予想される。
スポンサーサイト
2017/09/25

NO.1274

福島でバス運転手不足が深刻化 高賃金の復興事業へ流出






 福島県内でバス会社の運転手不足が深刻になっている。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による避難や高齢化などによる運転手の減少に加え、復興事業への人材流出が追い打ちをかける。被災地域では交通網の整備が帰還政策の重要な柱だけに、運転手の確保が喫緊の課題となっている。
 「生活路線の確保には、運転手の数が最大の問題。運転希望者がいれば、情報提供をお願いしたい」
 7月下旬、福島市内で開かれた公共交通整備を巡る会議の終盤で、新常磐交通の門馬誠・乗合(のりあい)部長が切り出した。
 会議には、県や原発事故に伴う避難指示が出た12市町村の担当者のほか、バス会社の幹部らが出席した。
 避難者の帰還を促したい自治体関係者からは「新しい路線を早く運行して欲しい」「停留所を多くできないか」など要望が相次いだが、門馬さんは「復興事業に運転手が流れ、本当に採用ができない」と運転者不足の深刻な現状を訴えた。
 東北運輸局が実施した東北6県の路線バス会社25社へのアンケート結果によると、バスを運転できる大型二種免許の保有者は、2015年度末で県内約1万7千人。01年度末と比べ、10%減った。主因は原発事故に伴う避難や高齢化だが、県沿岸部では別の事情が減少に拍車を掛ける。



■空港バス運休も
 いわき市に本社を置く新常磐交通によると、震災前、相双地区に約50人いた運転手は、避難や高齢化で数人に減少。平日通学時に運行する1日約850本を180人に満たない運転手で支える。
 ログイン前の続き運転手を増やそうと大型二種免許の取得費を補助するなどの工夫を施すが、運転手は廃炉事業に関わるバスやトラックに流れる。 一番の理由は賃金差だ。
 あるバス会社によると、廃炉関連では特殊勤務手当(危険手当)が支払われる分、おおむね月10万円前後、賃金が高くなる。
 加えて、中間貯蔵施設への汚染土の搬入が本格化すれば運転手の需要はさらに高まる。新常磐交通の担当者は「給料の高い会社に人材が流れる動きは止められない。既存路線も含めてギリギリの状況で運行している」。運転手不足から、いわき市内と福島空港を結ぶ高速バスは10月からの運休が決まった。



■人材育成を支援
 一方、避難指示が解除された自治体は市町村をまたぐバス路線など広域交通網の整備を強く望む。県生活交通課の担当者は「車の運転が難しくなった高齢者が通院などで利用しやすい」と説明。「交通網整備で生活が成り立つことを理解してもらい、帰還につなげたい」と話しており、バス会社は板挟みの状況にある。
 県も運転不足を解消しようと、今年7月から、バス運転手の育成支援を開始。バス会社に委託し、被災求職者に限り、賃金約15万円と人材育成経費約46万円を上限に支援する。
 被災地域間の公共交通網の整備に関わる福島高専の芥川一則教授は「運転手不足には賃金差の解消以外、思い浮かばない」と語る。全国的に人口が減り、利用客の大幅の増加が見込めないなか、「数十年後に日本の各地で起こることが今の浜通りに起きている。公共交通をどう使い、補助金をどう活用するか。公共交通の役割の再考が必要だ」と指摘している。














バスが田んぼに転落 十数人軽傷 埼玉


キャプチャ




埼玉・川越市で、工業団地の送迎用のバスがガードレールを突き破り、田んぼに転落し、十数人が軽傷を負った。
ガードレールを突き破ったバスは、田んぼに突っ込んで止まり、事故の衝撃で、ガードレールが変形している。
24日午後6時半ごろ、川越市鴨田の市道で、大型バスがガードレールを突き破り、田んぼに転落した。
バスには、工業団地にある会社の従業員など、およそ40人が乗っていて、十数人が病院に運ばれたが、いずれも軽傷。
警察によると、バスは工業団地から従業員を最寄りの駅まで送る途中で、T字路を直進してきた末に、突き当たりにあるガードレールを突き破ったということで、警察は、運転手に事情を聞くなどして、事故のくわしい原因を調べている。
















土砂流入・脱線で不通の山田線の山岳区間を再開へ/JR東日本





 JR東日本盛岡支社は、土砂流入による脱線事故の影響で運転を見合わせている山田線の上米内-川内間について11月5日から運転を再開、同線の山岳区間が全面的に復旧する。復旧工事は10月中旬に斜面の工事が終わり、同月下旬には軌道や信号などの工事も終了、11月4日まで試運転が行われる予定。
 山田線(盛岡-宮古-釜石間157.5km)は山岳地帯を横断する盛岡-宮古間(102.2km)と、三陸海岸沿いの宮古-釜石間(55.4km)で構成される。このうち海岸区間は東日本大震災で路盤が流失するなど甚大な被害が発生し、三陸鉄道が運行を引き継ぐことを条件に復旧工事が進められている。一方、山岳区間は2015年12月に宮古市内の松草-平津戸間で土砂流入が発生し、普通列車が土砂に乗り上げて脱線した。この影響で同区間を含む上米内-川内間が現在も運休しており、盛岡-宮古間を結ぶ都市間バス「106急行」への振替輸送が行われている。














低床バリアフリーの新型LRTを導入し営業運転開始/伊予鉄道






 伊予鉄道(松山市)は21日、新型の次世代型路面電車(LRT)2両の営業運転を始めた。愛媛国体・全国障害者スポーツ大会開催に合わせて導入し、費用は計4億円。新型車両導入は、旧型LRTを初めて購入した2002年以来だという。














乗客数が減少する中、開業88年で累計1億人を達成/津軽鉄道






 津軽鉄道の乗客数が21日、1930(昭和5)年の開業以来、開業88年目で累計1億人の大台に到達した。冬のストーブ列車で知られている津鉄だが、車社会の進展や少子化による利用客の減少が続き、ピーク時(1974年)に256万人だった利用客は年々下降線をたどって、2016年は26万人まで落ち込んでいる。こうした苦しい状況の中で、熱心なファンや観光アテンダントらがアイデアを凝らして誘客に取り組んでいる。
 地元のファンがつくる「津軽鉄道サポーターズクラブ」は、今年、津軽中里駅にある転車台を復活させるなど、様々な集客イベントで津鉄の盛り上げに関わっている。転車台の復活は、クラウドファンディングを活用して180万円余の修繕費を集め、5月にファン約300人が同駅を訪れて「本州最北端の転車台」を動かした。
 4人の津軽半島観光アテンダントは、車内案内だけでなく、花見シーズンの「お花列車」、作家・太宰治にちなんだ「太宰列車」など多彩な企画でファンを呼び込んでいる。10月にはSMAPの香取慎吾さんがペイントした「慎吾列車」のガイドツアーを初めて実施することにしていて、既に予約は満員という。女性ファンが列車のある嘉瀬駅に詰め掛けているのを見て、企画したという。
2017/09/23

NO.1273

高速バス運転手が走行中に体調不良 乗客が停車させる


キャプチャ1



 22日夜、宮城県大崎市の東北自動車道で、高速路線バスが中央分離帯に接触し、運転手が体調不良を示していたことから、近くにいた乗客2人がバスを停車させ、乗客21人にけがはありませんでした。運転手はその後死亡し、警察が当時の詳しい状況などを調べています。22日午後9時半ごろ、仙台市に本社があるミヤコーバスが運行する仙台駅発大崎市行きの高速路線バスが、大崎市の東北自動車道下り線の三本木パーキングエリア付近で中央分離帯に接触しました。
 警察によりますと、この時、運転手の男性がうめき声を上げるなど体調不良を示していて、近くにいた乗客2人がとっさにハンドルとサイドブレーキを操作してバスを道路脇に停車させたということです。
 乗客21人にけがはありませんでしたが、運転手の男性は搬送先の病院で死亡が確認されました。
 ミヤコーバスによりますと、運転していた46歳の男性は、22日の朝に出勤した際は健康状態や勤務状況などに問題はなかったということで、警察が当時の詳しい状況などを調べています。
2017/09/19

NO.1272

新東名バス火災、同型でも 国交省、早期の点検要求






 愛知県岡崎市の新東名高速道路を走行中に出火した大型バスと同型のバスが、北海道で火災を起こしていたことが15日、国土交通省への取材で分かった。三菱ふそうトラック・バス製大型バスの型式「MS96VP」で、いずれもリコールによる回収、修理済みだった。国交省は火災が相次いだことを受け、同型バスを所有する事業者に対し、早期に点検するよう求めている。
 国交省によると、9日に新東名高速道路上り線を走行中の高速乗り合いバス(乗客乗員41人)から出火し、その後全焼した。14日には北海道小樽市の国道を走行中の回送バス(乗員1人)でも火災が発生した。いずれもけが人はなかった。














オリジナルヘッドマークの列車掲示希望者募集/わたらせ渓谷鉄道






 わたらせ渓谷鉄道(みどり市)は、列車に付けるオリジナルヘッドマークを募集している。家族や友人の誕生日、恋人へのプロポーズなどを想定していて、同鉄道にもっと愛着もってもらうとともに財務支援の役割にも期待をかける。掲示後はマークをもらえる。
 ヘッドマークは直径57cmのアルミ複合板で、料金は個人が10日間掲示で3万2400円。デザインをデジタルデータで送ると、受託業者が1~2ヵ月で制作するが、デザインを依頼する場合は別途料金がかかる。企業からも受け付け、料金は応相談という。














常磐線・竜田-富岡間の再開に向けて試運転を開始/JR東日本






 JR東日本は、東日本大震災と原発事故の影響で運休している常磐線・竜田-富岡間(6.9km)で、10月21日の運転再開に向けて試運転を始めた。震災の津波で駅舎が流失した富岡駅(福島県富岡町)では、震災前より北側に約100m移転させ、新駅舎の再建工事が進んでいる。
 同社は14、15日に試運転して、線路や橋の状況を点検するほか、踏切や信号機などの設備の動作を確認する。その後は乗務員を乗せた訓練運転を実施する。














LCC向けフリー切符に10月から「U25」版を追加/JR北海道






 JR北海道は、LCC利用者を対象に発売しているフリー切符「ひがし北海道フリーパス」と「きた北海道フリーパス」に、12歳以上25歳以下を対象にした「U25」版を追加する。若い世代が将来の鉄道利用者になってもらえることに期待をかける。
 「ひがし北海道フリーパス」「きた北海道フリーパス」は、道東や道北地域のJR線が4~5日間乗り降り自由となる切符で、2017年度(9月10日時点)の売上げは前年同期の2倍に当たるおよそ1030枚のヒット商品になっている。
 今回発売される「ひがし北海道フリーパスU25」(価額1万2千)と「きた北海道フリーパスU25」(同1万円)は、通常版より2500~3500円割安。発売期間は10、11月の2ヵ月間で、新千歳空港駅(千歳市)で搭乗当日のみ発売する。利用期間は、「ひがし」が10月1日~12月4日、「きた」が10月1日~12月3日。














電車の回生電力で電動バスを運行する実証事業開始へ/さいたま市






 さいたま市は、住友商事と埼玉高速鉄道の協力を得て、世界初となる、電車の回生電力を電動バスに超急速充電する「ゼロエミッション地域公共交通インフラ(電動バス)」の開発・実証事業を開始する。
 今回の事業では、回収することが従来難しかったとされる電車の回生電力を蓄電池に全量回収し、パンタグラフ接触式充電器により電動バスに5分以内で超急速充電するというもの。2018年秋、埼玉高速鉄道・浦和美園駅(さいたま市)のバスターミナルに超急速充電システムを設置し、JRさいたま新都心駅(同)との間で電動バスの運行実証を開始する。20年には、東京オリンピック・パラリンピックの会場間をつなぐ交通機関として営業運行を開始する予定としている。














「ねこカフェ列車」を運行し、保護された猫の里親探し/養老鉄道






 養老鉄道は、殺処分を前に保護された猫と触れ合う「ねこカフェ列車」を、養老線でこのほど運行した。列車はカフェ風の装いで、東京や福岡など全国から応募のあった79人の乗客がお茶や食事を楽しみながら、2時間近く猫と戯れるひとときを過ごした。
 「里親探しの機会にしたい」と同鉄道が企画したもので、全国初の試みという。3両編成の列車は大垣駅を起点に養老-池野間を往復し、約40kmのコースを2回に分けて運行。猫の保護活動を行う「こねこカフェ Sanctuary」(各務原市)の協力で、生後2ヵ月から2歳までの猫24匹が乗った。
2017/09/11

NO.1271

都営バスに「フルフラットバス」導入し通路の段差解消へ/東京都






 東京都交通局は、車内後方への通路の段差を解消した「フルフラットバス」を都営バスに導入し、2018年内にも運行を開始する予定。バス前方での混雑が緩和され、快適通勤にも寄与することを期待している。ヨーロッパでは現在、こうした段差のない車両が主流になっているが、日本では初めてという。
 都営バスで現在使用している全車両は、乗降口に段差のない「ノンステップバス」だが、車内後方の通路には段差があり、乗客が車両の前方にとどまりやすくなって、混雑の原因になったり転倒の危険性を抱えていた。「フルフラットバス」は通路の段差解消に加え、傾斜を約2.9度とし、バリアフリー法や関連条例で定める建築物の傾斜路の基準1/20以下にしている。




市営のバス・地下鉄の通学定期券値下げで子育て支援へ/横浜市






 横浜市交通局は、子育て世帯の家計負担を軽減するため、市営バスと市営地下鉄の通学定期券を2018年3月(予定)から値下げする。値下げ率は市営バスは約13~19%、市営地下鉄は約10~12%で、市バスでは通学定期を導入した1948年8月以来、地下鉄では72年12月の開業以来初めての値下げ。
 値下げ額は、市営バスが中学生以上の1ヵ月で980円(現行7720円を6740円に)、小学生以下の1ヵ月で500円(現行2670円を2170円に)、中学生以上の3ヵ月で2790円(現行2万2000円を1万9210円に)、小学生以下の3ヵ月で1430円(現行7610円を6180円に)値下げする。
 市営地下鉄では値下げ率は区間によって異なり、たとえば横浜-新横浜駅間の場合、中学生以上の1ヵ月で610円(現行5650円を5040円に)、小学生以下の1ヵ月で310円(現行2830円を2520円に)、中学生以上の3ヵ月で1740円(現行1万6110円を1万4370円に)、小学生以下の3ヵ月で870円(現行8060円を7190円に)値下げする。














国鉄分割民営化後の鉄道維持策の破綻で厳しい状況に/JR北海道






 JR北海道は、2016年度の連結営業赤字が398億円と過去最大になり、現在の営業路線の半分にあたる10路線(1237km)が「単独では維持困難」として、赤字路線の廃線も念頭に関係自治体と協議を始めている。
 これだけ経営が悪化した背景には、JR北海道だけの事情だけではなく、国の国鉄民営化後の地方鉄道維持策として設けた経営安定基金が所期のとおりの効果を果たしていないことがある。面積が広く維持費がかさむJR北海道では、最初から年500億円の営業赤字が見込まれ、1987年の発足に際してそれを補てんするために、国は6822億円の経営安定基金を設けた。当時は長期金利の指標となる10年物の金利が6%前後だったことを受け、国は7.3%の利回りを想定し、この基金で年約500億円の運用益を出せば同社の経営を支えられると考えていた。しかし実際は、その後のバブル崩壊で日本経済はデフレ状態に陥り、金利もずるずると下がり続けたため、基金の運用益は約10年前から200億円台に落ち込んでしまった。基金の積み増しや金利の補填も実施してきたが、抜本的な解決にはつながらなかった。














自転車、折り畳まず列車に…JR東が初の専用車



キャプチャ



 サイクリングを楽しみに千葉県内に来る人たちに利用してもらおうと、JR東日本千葉支社が、自転車を折り畳まずに乗車できる専用列車の運行を来年1月から始める。
 同支社によると、首都圏からの運行を計画しており、JR東日本管内で自転車専用列車を走らせるのは初めてという。
 同支社によると、自転車は、分解したり折り畳んだりして袋に収納した上で、列車内に持ち込むことが内規で定められている。支社では2009年から、自転車の競技大会やイベントなどに合わせ、つり革から伸ばしたベルトなどで自転車を固定できる「サイクルトレイン」を限定的に運行してきた。
 今回はこの車両を改造。6両編成のうち、1~3、5、6号車の座席背面に、自転車をそのまま立てかけられる専用ラックを設置する。ラックの数は座席数と同じ計99基。4号車にラックはなく、座席や映像を映すモニターを設け、フリースペースとする。
 列車の名称は「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」(略称「B.B.BASE」)。「房総に自転車で繰り出す基地」の意味を込めた。車体も基地をイメージしたグレーに塗られ、側面には自転車のデザインを大きくあしらう。
 千葉県観光企画課によると、県内は道路が比較的平坦へいたんで、気候が温暖であることなど、サイクリングに適した条件が整っているという。県は10年から「サイクルツーリズム事業」に取り組み、サイクリングコースや休憩所を整備するなどしている。
 同支社は、首都圏から県内にサイクリングに来る人たちに向けた旅行プランを企画し、その移動手段として使うことを検討しており、「自転車好きの人に、より快適に利用してほしい。千葉の魅力発信や地域活性化につながれば」と期待。県内のサイクリングコースをホームページなどで発信している県観光物産協会の担当者も「サイクリングブームが高まりつつある中、専用列車の運行で来県者が増えてくれたら」と話している。













記念ロゴや人気キャラも…弘南鉄道90周年電車


キャプチャ1




 弘南鉄道(本社・青森県平川市)が開業90周年を迎え、90周年を記念したロゴや、人気キャラクターのヘッドマークを付けた電車の運行を始めた。
 弘南鉄道は1926年3月に設立され、翌年9月7日に開業。今月7日に90周年を迎えた。弘前市と黒石市を結ぶ「弘南線」と弘前市と大鰐町を結ぶ「大鰐線」を運営しており、地域住民だけでなく、鉄道ファンにも根強い人気がある。
 ヘッドマークに使われている90周年ロゴは、「90」という数字を「∞」(無限大)や英語の「go」に通じるデザインにした。枕木をモチーフにした文様を右肩上がりに配置することで、どっしりした岩木山もイメージ。全体として「今後の力強い歩みという思いを込めた」という。
 また、人気のキャラクター「鉄道むすめ」をあしらったヘッドマークを付けた電車も運行。ロゴ列車は来年3月末まで、キャラクター列車は今月末まで運行する。
 平賀駅(平川市)では、車両の中に約70枚の写真や切符、行き先表示板などを展示した「開業90周年弘南鉄道写真パネル展」(平川市教育委員会主催)が10月29日まで開かれている(9月18、21日は休み)。
次へ>>

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
8位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  QRコード

QR

■  検索フォーム