北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2014/02/27

NO.866

長野でバスに雪崩が けが人はなし






27日午前、長野県松本市の国道沿いの斜面で雪崩が起き、国道を走行していた高速バスの一部が巻き込まれました。
けが人はいないということで、警察などが詳しい状況を調べています。
27日午前11時すぎ、松本市安曇の国道158号線沿いの斜面で雪崩が起き、東京・新宿から岐阜県高山市に向かっていた高速バスの一部が巻き込まれました。
警察によりますと、バスには乗客10人と運転手1人が乗っていましたが、いずれもけがはないということです。
警察によりますと、バスの左側の斜面から崩れた雪が道路に高さ2メートル、幅10メートルほど積もった状態になっていて、バスは反対車線のガードレールにぶつかって止まったということです。
この事故で、国道158号線は現場付近で通行止めとなっています。
国道158号線は、松本市中心部から20キロほど離れた山間部を通っていて、長野地方気象台では、今月18日から県内全域に雪崩注意報を出しています。









間一髪:高速バスに雪崩 乗客ら11人は自力脱出で無事






 27日午前11時ごろ、長野県松本市安曇の国道158号で雪崩が起き、高速バスが巻き込まれた。道路を管理する県松本建設事務所によると、バスは反対車線脇のガードレールまで押されたが、そこで止まり、道路沿いの梓川への転落は免れた。乗客10人と乗員1人の計11人は自力で脱出し無事で、他に巻き込まれた車はなかった。
 事務所によると、現場は小雪薙(なぎ)トンネル付近の片側1車線の道路で、トンネルから松本市側に約30メートルの位置。バスの左側斜面から雪が崩れたという。バスを運行する「濃飛乗合自動車」(岐阜県高山市)によると、東京・新宿を同日午前7時に出発、中央自動車道を経て、岐阜県高山市へ向かっていた。





http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140227002143.html
スポンサーサイト
2014/02/25

NO.865 貸切バスの新運賃・料金制度等への移行に伴う通達等の一部改正及び制定に関するパブコメ

一般貸切旅客自動車運送事業の新たな運賃・料金制度等への移行に伴う通達等の一部改正及び制定に関する意見募集について






貸切新運賃の実施に伴う通達改正に向けたパブリックコメントが、
24日(金)19:30より意見募集が開始されました。




今回のパブリックコメントにおいては、


・貸切バス事業の運賃・料金の変更命令の処理基準等を定める通達の一部改正、


・届出の指導及び運用を定める通達の制定、


・貸切バス選定・利用ガイドラインの改正、


・運送申込書・引受書の記載方法の変更について






の意見募集です




宜しくお願いします




↓ click here


http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155140908
2014/02/25

NO.864

今秋から70歳以上が琴電ICカードで運賃半額へ/高松市






 高松市は公共共通機関の利用を促進するため、今秋から70歳以上の市民を対象に、高松琴平電鉄のICカード乗車券「IruCa(イルカ)」を使うと電車とバスの運賃が半額になるサービスを導入する。サービス開始に合わせ、市内を走る全ての路線バスやコミュニティバス、大型タクシーを使った乗り合いバスでイルカが利用できるようにする。対象となる70歳以上は約7万4,800人という。
 新規購入時の価格は2,000円で、1,500円分は運賃としてチャージされ、500円もカード返還時に返却される。琴電が新デザインの専用のイルカを発行する。














高齢者対象のバス優待を70歳からに年齢引き下げへ/佐賀市





 佐賀市は、75歳以上の高齢者を対象に実施しているバスの乗車券補助を、4月から70歳以上に引き下げる。現市長が昨年の市長選で、助成年齢の引き下げをマニフェストに掲げていた。
 市バスは65歳以上、昭和バスは70歳以上を対象に1回100円で乗れるシルバーパスを発行している。年間で市バスが1万6,000円、昭和バスが2万600円だが、市の助成で市バスは1,000円、昭和バスは2,000円で購入できる。
 引き下げにより対象人口が1万3,000人ほど増えるため、購入者は約3,000人増えると見込んでいて、新年度予算案の購入助成事業費は今年度より約4,600万円多い、2億1,900万円となるという。














鉄道各社に線路工事の安全通達 回送電車脱線で国交省






 JR川崎駅構内(川崎市幸区)で23日未明、回送電車が作業車に衝突した事故を受け、国土交通省は24日、全国の鉄道会社に対し、線路工事の安全確保を徹底するよう通達を出した。作業車は工事前に電車が入らないようにする「線路閉鎖」の完了前に線路内に進入、回送電車が後から突っ込み、事故は起きた。
2014/02/23

NO.863

京浜東北線の回送電車が脱線・横転…JR川崎駅


20140223-943622-1-N.jpg

前方車両が脱線、横転した京浜東北線の回送電車(23日午前2時38分、JR川崎駅で)


 23日午前1時11分頃、川崎市のJR川崎駅構内で、京浜東北線の回送電車(10両編成)が、線路設備の保守作業をしていた軌陸車に接触し、先頭車両が横転、2両目も脱線した。
 市消防局によると、回送電車の運転士(34)と車掌(25)が頭や足にけがをしており、市内の病院に搬送した。いずれも命に別条はないという。
 JR東日本横浜支社によると、京浜東北線は運行を終了した後だった。同社は23日の始発から、京浜東北線の運転を蒲田―鶴見間で見合わせる。同日中に復旧するかは未定という。














銀河鉄道の旅へ 4月12日から


20140221-916210-1-N.jpg

試運転中の「SL銀河」(21日、遠野市の「めがね橋」で)


 東日本大震災で被災した釜石市と童話作家・宮沢賢治の出身地・花巻市を結ぶJR釜石線で、復興支援の一環として修復された蒸気機関車「C58形239号機」が牽引(けんいん)する「SL銀河」が、4月12日から運行を開始する。JR東日本盛岡支社が21日、発表した。
 SL銀河は土日を中心に年間約80本の運行を予定。土曜は花巻駅発釜石行き、日曜は釜石駅発花巻行きとなる。両駅間の運行所要時間は通常約2時間だが、SL銀河は途中の遠野駅で給水作業などのため約1時間停車するなどし、約4時間25分かけて運行する。全席指定で、予約は乗車の1か月前から可能。運行開始日の予約は駅窓口かインターネットで3月12日午前10時から受け付ける。
 SL銀河は現在、同線などで試運転が続けられている。3月4、5日には沿線自治体関係者を、3月末には県内の子どもたちを招待した試乗会も予定。嶋誠治・JR盛岡支社長は、「沿線自治体と協力し、観光面から被災地を盛り上げ、銀河鉄道の旅を楽しんでいただきたい」と話した。














JR、制服を一元管理…備品流出対応策






 JR北海道の制服や列車の扉を開ける鍵、内部文書などがインターネットなどを通じて外部に流出した問題で、同社は再発防止策をまとめ、国土交通省北海道運輸局に報告した。報告は14日付で、制服の貸与の状況を本社のパソコンで一元管理できるシステムなどを導入したという。
 同社によると、制服や帽子についてはこれまで、現場の部署ごとに貸与した日付、社員の名前、個数などの情報をバラバラに管理していたが、今後はパソコンで統一して管理できるシステムを作り、本社でも現場の管理状況をすぐにチェックできるようにした。鍵は現場の部署ごとに、貸与した社員の名前や個数などの情報を台帳で管理するようにし、不要になった内部文書は速やかに廃棄することを改めて周知した。
 同社では、制服や鍵のほか、「取扱注意」の内部文書などが鉄道ショップやインターネットのオークションサイトで販売されるなど、外部に流出。これを受け、昨年10月に同運輸局が再発防止策を報告するよう指導していた。
 同社広報部は「再発防止策を全社員に徹底し、備品の外部流出が起きないようにしていく」としている。
2014/02/22

NO.862

復興支援「SL銀河」4月12日から運行 JR釜石線で






 JR東日本盛岡支社は21日、東日本大震災の復興支援のため今春から岩手県内を中心に運行する蒸気機関車「SL銀河」について、4月12日からJR釜石線の花巻―釜石間で運転を始めると発表した。土日祝日を中心に年間80本程度を運行する予定。
 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をイメージした客車4両と連結する。全席指定で定員は176人。運賃は通常の乗車券に加え、指定席料金800円(子供400円)=4月1日以降に購入分は820円(同410円)=が必要。指定券は3月12日から発売する。
 SLは1940年製のC58形239号機。72年の引退後は盛岡市内の公園で展示されていたが復活が決まり修復した。














ATS破壊で罰金30万円 JR北海道の元運転士に簡裁






 列車の自動列車停止装置(ATS)をハンマーで破壊したとして、札幌区検は20日、器物損壊の罪で、JR北海道社員の小林忍元運転士(33)を略式起訴した。札幌簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し、元運転士は納付した。
 札幌地検の浦田啓一次席検事は「列車運行の安全性について市民に不信感を抱かせ、信頼を害した悪質な犯行だ」と処分理由を説明したが「被害弁償を済ませ、反省している」とも述べた。
 JR北海道によると、スイッチは先頭の1カ所以外は切らなければならなかったが、元運転士が切り忘れた結果、列車を非常停止させた。同社の調査に対し「後輩2人が同乗していたので、自分のミスを隠したかった」と説明していた。














日航787から白煙、バッテリーが異常高温 1月の問題で国交省






 成田空港で1月、日本航空ボーイング787型機から白煙が出た問題で、国土交通省は21日、バッテリーのリチウムイオン電池が異常な高温になっていたと発表した。
 昨年1月に日米で起きた同型機のバッテリー発火事故と同様のトラブルだが、昨年の事故後に行った改修の効果でバッテリーシステムの機能は維持されていた。
 問題が起きたのは1月14日。出発準備中に整備士が機体下部から白煙が出ているのを発見し、バッテリーの中に8つある「セル」と呼ばれるリチウムイオン電池の1つが過熱した痕跡が見つかっていた。
 国交省によると、セルの内部にあるアルミニウム製の部材が熱で溶けており、660度以上の高温状態になっていたことが確認された。
 損傷したセルの電圧は失われたが、残り7つのセルの電圧は維持され、運航に必要なバッテリーの能力は保たれていたという。
 昨年1月の発火事故を受け、ボーイングはバッテリーシステムを改修し、セルの過熱が他のセルに伝わってバッテリー全体が損傷する事態を防ぐ構造にした。国交省航空局幹部は「改修が功を奏した」としている。
 今回公表したのは調査の途中経過で、セルが過熱した原因は昨年の発火事故と同様に不明のまま。同省は今後もボーイングなどと連携して原因究明を続ける。
次へ>>

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
9位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム