北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2013/06/24

NO.722

通勤・通学客減少を観光で補うため集客競う/秋田の三セク鉄道2社






 秋田県内の第三セクター鉄道2社は、ともに通勤・通学客などが減少する中、観光客の取り込みで利用客減少に歯止めをかけようと知恵を絞っている。秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)は7月に資料館を開設し、由利高原鉄道(由利本荘市)はワンコインバスツアーなどを実施するという。
 秋田内陸縦貫鉄道は、7月1日に内陸線・阿仁合駅前に鉄道ファン向けの「内陸線資料館」を開設する。国鉄阿仁合線・角館線時代からの写真資料のほか、森林鉄道や鉱山鉄道の歴史がわかる資料も合わせ計105点を展示する。
 由利高原鉄道は7月末までの週末、祝日に矢島駅を発着として鳥海山の山麓を周遊する500円のバスツアーを実施する。由利本荘市から補助金が出るために格安で、既に予約は満杯という。鳥海山の魅力をアピールしてリピーターを増やす狙いで、秋の紅葉の時期にもツアーを企画する考え。また、同鉄道の検定試験を8月に実施する計画で、地元だけでなく東京都内にも試験会場を設ける。














長尾台コミュニティバスの再試行運行へ/川崎市多摩区の協議会






 川崎市多摩区の長尾台地区で、7~9月の3ヵ月間、コミュニティバスの試行運行が行われる。高台にある同地区では地域住民主体で導入を検討し、11年11月に1ヵ月間、運行実験を行ったが、見直し作業を進めた運行計画について妥当性を調べるため再度実験に取り組む。市に試行運行の支援を申請し実現した。事業採算性が見込めれば、14年度以降、本格運行に踏み切る考え。
 同地区は1970年前後に造成が行われ、約470戸の住宅が立ち並んでいるが、急坂が多く、最寄りのバス停から地区中心部までは約600m離れている上、高低差が35~60mほどある。このため、2008年9月、地元自治会を母体に「長尾台コミュニティ交通導入推進協議会」を結成し、運行計画などを検討してきた。
 今回の試行は最初の実験と比べ、1)利用者の少ない日曜・祝日の運行取りやめ、2)平日昼間の行き先別の増・減便、3)車両の大型化(定員12人のワゴン車から定員25人のマイクロバスの使用)などを行う。約2kmと約3kmの2ルートに停留所を12ヵ所設け、運賃は大人200円(小児、70歳以上、障害者は100円)。地元の旅客運送事業者に運行を委託し、市は運行経費から運賃収入を除いた額を負担するという。















12年度決算で2期連続黒字、累積赤字解消/IGRいわて銀河鉄道






 第三セクター・IGRいわて銀河鉄道(盛岡市)は、2012年度決算で2期連続の黒字を計上し、02年の開業以来続いた累積赤字を解消した。同社の累積赤字は04年度にピークの4億4217万円に達したが、11年度から線路使用料収入が増加して大幅に改善し、12年度に1億3138万円の黒字に転換した。
 当期の純利益は、過去最高だった前年度に次ぐ2億3473万円。当初見込みに比べ、旅客運賃収入が2237万円、広告などの収入が983万円増えたのに加え、人件費が1376万円、修繕費が5633万円減った。














大型バスと軽が衝突、中国人女性ら5人けが







 23日午前10時50分頃、北海道根室市東和田の道道交差点で大型バスと軽乗用車が衝突し、軽乗用車を運転していた同市駒場町の会社員女性(24)が顔などを打ったほか、同乗していた男性(24)、バスに乗っていた23~26歳の中国人女性3人の計5人が軽いけがを負った。
 道警根室署の発表によると、現場は信号機のない交差点で、軽乗用車側に一時停止の標識があった。バスは根室市内の水産加工会社が借り切り、同社で働く中国人研修生21人が乗って市内の大型商業施設に買い物に向かう途中だった。
 同署で事故原因を調べている。
スポンサーサイト
2013/06/19

NO.721

「バスが燃えている」、香港観光客ら41人避難






 18日午後3時15分頃、北海道室蘭市本輪西町の道央道上り車線で、「バスが燃えている」と通りがかった男性から110番があった。
 バスの運転手が異常に気付いて停車し、香港から来た観光客ら乗客・乗員計41人は近くのパーキングエリアに歩いて避難したため、けが人はなかった。
 道警高速隊によると、バスのエンジンが焼けており、同隊が詳しい原因を調べている。バスはこの日、小樽市から壮瞥そうべつ町の昭和新山に向けて出発していた。乗客らは代替バスで観光を続けたという。














笹子トンネル事故で最終報告書…教訓も指摘






 山梨県の中央自動車道・笹子トンネルの事故で、国土交通省の調査検討委員会は18日、最終報告書を公表し、類似事故の再発防止策として、全国の道路管理者に点検や補修記録の保存などを求めた。
 事故原因については、天井板をつり下げるアンカーボルトの施工不良や点検の不備など、複合的な要因だったとする中間報告書の内容を踏襲した。
 同委員会は、トンネルを管理する中日本高速道路が点検や補修の記録を適切に管理していなかったことを重視。事故の教訓として、道路管理者は記録を保存し、点検結果がその後の点検や補修に生かされる仕組み作りをすべきだと指摘した。
 最終報告書を受け、中日本高速道路は「ご遺族の皆さまに深くおわび申し上げます。抜本的な組織改革案を秋までにとりまとめ、再発防止の徹底と信頼の回復に努めます」とのコメントを出した。














日航乗員組合がスト回避 19日は平常通り運航





 日本航空乗員組合(宇賀地竜哉委員長、約1300人)は18日夜、人事賃金制度の見直し要求をめぐり19日に計画していたストライキを回避すると会社側に伝えた。日本航空が明らかにした。19日は始発から平常通り運航する。
2013/06/18

NO.720

ツアーバス業者半減へ、厳格基準でコスト増






 昨年4月に群馬県藤岡市の関越自動車道で乗客45人が死傷した高速ツアーバス事故を受けて国土交通省が8月に導入する新制度で、高速ツアーバス事業者のうち半数が、停留所の確保などコスト負担増を理由に撤退する方針とみられることが同省のまとめでわかった。
 同省は「現在よりも便数が減る可能性が高い」としている。
国交省によると、全国の高速ツアーバス事業者は昨年9月時点で228社。同省は、許可審査に約3か月かかるとして今年4月末までの申請を呼びかけてきたが、申請は今月14日時点で、新たに自社運行を始める旅行会社も含めて111社にとどまっている。撤退後は、観光などの団体向け運行に専念するとみられる。















踏切通過中の電車側面にタクシーが衝突






 16日午後2時50分頃、京都市右京区嵯峨野嵯峨ノ段町のJR山陰線東清水踏切(警報機、遮断機付き)で、通過中の京都発園部行き普通電車(4両)の側面に、個人タクシーが衝突した。
 タクシーに客はおらず、電車の乗客300人を含め、けが人はなかった。この事故で上下計6本が運休、6本が最大約1時間遅れ、約2800人に影響した。
 右京署やJR西日本によると、電車が通過中に、タクシーが遮断棒を押し上げて踏切内に侵入し、電車の運転士が衝突に気づいて緊急停止したという。同署は、タクシーの男性運転手(72)が運転を誤ったとみて、事情を聞いている。
 現場は、JR山陰線太秦駅西約400メートルの住宅街。
2013/06/17

NO.719

市巡回バスの運転手、酒気帯びで5人けがの事故






 群馬県警高崎署は16日、同県渋川市北牧、同市臨時職員丸山勝則容疑者(58)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。
 発表によると、丸山容疑者は同日午後4時40分頃、同県高崎市西国分町の県道で、酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。「飲酒して運転したのは間違いない」と供述しているという。赤信号で止まっていた同市内の女性会社員(27)の軽乗用車など、計3台を巻き込む玉突き事故を起こし、発覚した。この事故で、女性会社員ら計5人が軽いけがをした。
 丸山容疑者は渋川市の臨時職員として、同市が運営する無料巡回バスの運転手をしているという。















乗り継ぎ促進へ高松市内のバス停3ヵ所に駐輪場/ことでんバス






 ことでんバス(高松市)は、同市内のバス停3ヵ所に駐輪場を整備し、供用を開始した。 自動車に依存しない交通環境づくりに向け、同市が始めた制度を活用した取り組みで、自転車から路線バスへの乗り継ぎの利便性を高めて利用者増を目指す。
 同市は4月、「サイクル&バスライド駐輪場」を整備した事業者を支援する制度を創設した。バス利用者数や放置自転車の数などを踏まえて設置場所を選定し、整備費の半額程度を補助する。今回、整備された駐輪場は各バス停に8~20台、合わせて37台分を確保している。














ベビーカーへの配慮等含め公共交通向け指針を改訂/国土交通省






 国土交通省は、高齢者や障害者らが公共交通機関を利用しやすくするための事業者向け ガイドラインを改訂した。新たにベビーカー利用者にも配慮して施設や車両を整備するよう求めている。
 鉄道等でのベビーカーの利用は統一したルールがなく、事業者ごとにマナーの啓発をしているが、乗客からはベビーカー利用への不満の声もある。改訂版では、電車やバスの車椅子用スペースにベビーカーも利用可能であると表示するよう要請し、車椅子やベビーカーの利用者が多い路線は、スペースの増設が望ましいとしている。














除雪費用を支援する「1日オーナー」を募集/秋田内陸縦貫鉄道






 秋田内陸縦貫鉄道は、オリジナルヘッドマークで秋田内陸線を運行する「ワンデーオーナー号」の1日オーナーを募集している。オーナーになるための寄付金は、個人・団体問わず1日1万円で、今年度冬期の線路除雪経費に充てるとしている。
 「ワンデーオーナー号」として運転するのは、秋田内陸線の阿仁合-鷹巣間、鷹巣-角館間、角館-阿仁合間の各列車、1日各1本。ヘッドマークにオーナーの名前やメッセージ、会社の宣伝などを掲出するほか、車内アナウンスでも紹介する。その他の特典としては、オーナー自身の乗車が無料になるほか、オリジナルヘッドマークを掲出した車両の写真がもらえるという。
2013/06/14

NO.718

都バス24時間運行、12月から金曜深夜に






 東京都交通局は13日、都営バスの24時間運行に向け、渋谷駅―六本木駅間で今年12月から、金曜日の深夜に朝までバスを走らせると発表した。
 同区間は、現在も午後11時から午前1時過ぎまで深夜バスを運行しているが、12月からは午前1時以降も同5時頃まで、1時間に1本程度の間隔で走らせる。運賃は深夜バスと同じ400円に設定する。
 バスの24時間化は、猪瀬直樹知事が今年4月の訪米中に講演で言及していた。















山陽新幹線高架下で火災、一時運転見合わせ



 13日午前6時10分頃、山口県岩国市御庄のJR山陽新幹線新岩国駅高架下の工事現場で、白煙が上がっているのを同駅に停車していた新岩国発新大阪行き「こだま728号」の運転士が気付き、同駅職員が119番した。
 山口県警岩国署によると、高架のコンクリートを補修するために組まれていた足場の板が燃えたという。けが人はなかった。
 この火災で、JR西日本は午前7時45分から山陽新幹線岡山―博多駅間の上下線で運転を見合わせ、同8時46分に運転を再開した。この影響で上下線計27本が65~1分遅れ、約8100人に影響が出た。同署が出火原因を調べている。















復興庁幹部、書き込み放題「左翼の○○ども」






 復興庁の参事官(45)がツイッターで、被災者支援団体に対し、「左翼のクソども」などと中傷する書き込みをしていたことがわかった。同庁の調べに対し、この参事官は大筋で書き込みを認めており、同庁は処分を検討している。
 参事官は課長級で、福島県の被災者支援担当として今年3月、支援団体が開いた集会に出席。その翌日、「左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席」などと書き込んだ。また今年2~3月、「ドラえもん似の議員のレクがまだ始まらない」「某大臣の虚言癖に頭がクラクラ」などと、国会議員に対する批判的な書き込みもしていた。
 一連の書き込みはいずれも匿名で、直接に相手を明示してはいなかったが、参事官は職務に関する書き込みを頻繁に行っており、関係者には批判対象が誰なのか、推察できる状態だった。
 参事官は今月、このツイッターのアカウントを削除したが、復興庁が事情を聞いたところ、大筋で書き込みを認めた。同庁は国家公務員法違反(信用失墜行為)に該当する可能性もあるとみて、さらに調査している。
次へ>>

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
9位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム