北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2012/03/30

NO.433

石川、浅野川線の設備更新に3年で約8億円の投資計画/北陸鉄道


 北陸鉄道は、石川・浅野川両線の存続に向けて2013年度から3年間で約8億円の設備更新を計画している。同社が試算した約8億円の設備更新費を、国、県、沿線4市町が3分の1ずつ負担する可能性が出てきた。
 北鉄はこれまで、国の補助事業を活用して設備を更新していて、11年度は事業費2686万円のうち、国、県、北鉄が3分の1ずつ負担した。12年度は総額4億4千万円を、国、県、沿線が3分の1ずつ負担する計画で、金沢、白山、野々市、内灘の沿線4市町が利用者数や線路延長、財政規模などから負担割合を算出し、北鉄の負担分を肩代わりする考え。4億4千万円の内訳は、信号・保安設備の改良3億1千万円、枕木などの交換6600万円、レール交換5900万円という。








広見線新可児-御嵩駅間の存続へ沿線とともに努力/名古屋鉄道


 名古屋鉄道はこのほど、廃線が取り沙汰される広見線の新可児-御嵩駅間について、沿線自治体と負担を分け合う中で、存続を前提に経営努力をしていく方針を示した。
 広見線については沿線の可児市、岐阜県御嵩町、同八百津町でつくる対策協議会で、2012年度までの3年間、年1億円の運行支援を行うことが決まっている。13年度以降の見通しについて、沿線自治体の支援を前提に同社も継続する方向で努力する考えを表明した。








岡山市中心部の100円均一循環バスに新規参入/八晃運輸


 タクシー会社の八晃運輸(岡山市)は、7月中にも同市中心部で100円均一の循環バス「めぐりん」を運行開始する。市民の利便性が高まる一方、既存の路線バス事業者との競合が激化する見通し。
 運行するコースは、岡山駅前発着で中心部の市役所等を回り1周約4.5km。左右の両方向を1日55周ずつ、午前8時から午後8時まで、朝夕のピーク時が5~10分、最長で28分間隔で運行する。停留所は左回り13ヵ所、右回り12ヵ所に設けるという。車両は低床式ノンステップの小型バス7台(1台は予備)を使用する計画で、定員は立席と座席合わせて計32人。








岩泉線廃線へ/復旧に130億円再開断念 JR、きょう発表


 JR岩泉線の線路上に崩れ落ちた土砂に乗り上げて脱線した車両(2010年7月31日、本社機から撮影)  2010年7月の土砂崩落による脱線事故で全線不通となっているJR岩泉線について、JR東日本は廃止の方針を決め、29日、沿線の宮古市と岩泉町に伝えた。30日に正式発表する。新幹線開業に伴う並行在来線の経営分離を除き、同社の廃線は1997年の信越線横川―軽井沢以来となる。
 JR盛岡支社によると、茂市(宮古市)―岩泉(岩泉町)間(38・4キロ)を結ぶ岩泉線は10年7月31日、普通列車が岩泉町内で崩落した土砂に乗り上げて脱線、乗客3人と運転士、車掌の計5人が軽傷を負った。JR東日本のその後の調査で、沿線111か所で崩落や落石の恐れがあり、復旧に約130億円もの費用がかかることなどから、同社は再開を断念した。同線の乗客は09年度、通学の高校生ら1日平均46人と年々減少し、同社の在来線67路線で最少。だが、山あいの押角駅(宮古市)は、全国有数の「秘境駅」として、鉄道ファンの人気を集めていた。
 この日、JR盛岡支社の社員が両市町を訪れ、「復旧費が多額に上ることや、利用客が減少していることから存続は厳しい」と説明。岩泉町の橋場覚(さとる)副町長は読売新聞の取材に対し、「多額の復旧費用がかかるのは分かったが、鉄路での復旧を求める町の姿勢は変わらない」と話した。
 宿泊客向けに同線の利用ツアーを組んでいた「ホテル龍泉洞愛山」(岩泉町)の中村貞司社長(58)は「多くの鉄道ファンや、住民の生活を支えてきた。消しゴムで消すみたいに(簡単に)廃止するなんて……」と、ショックを隠せない様子だった。今年1月には、町民や宮古市民計約900人が決起集会を開き、早期再開を求める大会決議を採択。約1万5000人分の署名を集め、JRに提出していた。







洲本市、巡回バスにBDF/年3600リットル 「菜の花の資源循環実感を」


 BDFを糟谷総務部長(左)に手渡す福島会長(洲本市宇原で)  廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)として再利用する「菜の花・ひまわりエコプロジェクト」を進める洲本市は、同市大野地区と市中心部を結ぶ巡回バスの燃料として、精製したBDFの提供を始めた。同プロジェクトのBDFが地域で活用されるのは初めて。市農政課は「さらに品質を高め、農機の燃料などに利用が広がるよう周知していきたい」としている。(竹上知秀)
 同プロジェクトは、市内各地で菜の花を育て、菜種油を販売。市の施設で回収した廃食油からBDFを作り、燃料に使って資源循環を図る。
 昨年度は1万8000リットルを回収し、うち1万2000リットルをBDF化。これまでに、市の公用車や精製施設の自家発電などに利用している。
 今回、同地区と市中心部のスーパーなどを結ぶ「あったか友愛バス」の燃料として提供。年間約3600リットルが使われる。
 同バスは、「淡陽自動車教習所」と大野連合町内会(福島啓壽会長)が運行し、週に3回、1往復している。2009年に始まり、現在は同地区の約60人が会員として利用する。
 同地区は今年、8ヘクタールで菜の花を栽培しており、市全体(25ヘクタール)の3分の1近くを占める。同町内会が「地域の足に利用して栽培の機運をさらに高めよう」と、市に利用を申し出た。
 同市宇原の市民交流センターで29日、福島会長が同教習所の糟谷亮介総務部長に燃料を手渡した。福島会長は「地元で資源の循環を実感してもらい、BDFの利用、菜の花の栽培拡大につながってほしい」と話していた。





スポンサーサイト
2012/03/27

NO.432

大幅値下げして1日乗り放題切符を4月から発売へ/井原鉄道


 井原鉄道(井原市)は4月から、土日祝日限定の1日乗り放題切符「ホリデーパス」を大幅値下げし、「スーパーホリデーパス」として発売する。井原線は2010年度の利用者数が100万人を下回るなど厳しい経営が続いていて、通勤・通学客の少ない週末の乗車率アップで業績回復を狙い、年間7千人の利用を目指すという。
 現行のホリデーパス(大人1400円、小学生700円)は、09年4月から販売し同年度には約5900枚売れたが、11年度は約3400枚(2月末現在)と低迷していた。「スーパー」は大人800円、小学生400円と現在より4割以上安くなる。総社-神辺間が乗り降り自由で、沿線の飲食・土産物店や美術館など48施設で割引サービスが受けられる。







被災の在来線で初めて八戸線の全線で運転を再開/JR東日本


 JR東日本は、東日本大震災の影響で不通になっていた久慈(久慈市)-種市(岩手県洋野町)間が復旧し、17日に八戸線の全線で運転再開した。被災したJR在来線7路線のうち全線復旧したのは初めて。
 八戸線は、陸中中野-宿戸間で大浜川橋りょうが橋脚部分を残して流失したほか、線路約1.2kmや陸中八木、有家(うげ)の両駅も被災した。同社は震災後、同線の運転区間を徐々に拡大し、昨年8月8日から八戸-種市間を暫定ダイヤで運行。久慈-種市間の復旧工事は同月から着手し、津波対策として沿線に避難路72ヵ所を設けるなど安全対策も進めてきた。







市営バスに乗り放題の通学定期券を4月から試験導入/松山市


 松江市交通局は4月から、市営バスに乗り放題の通学定期券「のりほSP(スクールパス)」を試験導入する。バスの利用者増と放課後や週末に市中心部への外出を促す効果を狙う。2012年度は700人、売上げ2200万円が目標で、13年度の本格導入を目指すとしている。
 対象は小学生から専門学校生、大学生までで、観光循環バスと同市八束町内の路線を除き全線で使える。価格は中学生以上1ヵ月5千円、小学生以下同2500円と、大幅な値下げになっている。
 中国運輸局などによると、中国地方では岩国市交通局が小学生以上、宇部市交通局が中学生以上を対象に、乗り放題の通学定期券を販売しているという。







北海道新幹線 全トンネル貫通


貫通式で整列する工事関係者ら(26日午前、北斗市で)=広瀬誠撮影  2015年度の北海道新幹線開業に向けた鉄路建設工事で、北海道北斗市の新茂辺地トンネル(全長3345メートル)の貫通式が26日、同トンネル内で行われた。同新幹線の新青森―新函館(仮称)間の道側トンネルは6本あり、今回の貫通で全てのトンネルが貫通した。
 式には、工事関係者ら約190人が参加。掘削の様子が映像で流れ、「無事、貫通いたしました」とアナウンスが流れると、関係者は一斉に拍手し、万歳を繰り返した。北斗市の高谷寿峰市長は、「北海道新幹線開業に向け、新たな一歩を踏み出したのは感慨深い」とあいさつしていた。
 同トンネルの工事進捗(しんちょく)率は8割程度で、14年度末に完成する。







バス停まで送迎タクシー・・・佐世保市が鹿町で社会実験


 佐世保市は21日、同市鹿町町で、利用者をバス停まで送迎する予約型乗合タクシーの社会実験を始めた。マイカーなどがない交通弱者対策が目的。7月20日まで続け、利用率や利用者へのアンケート結果を基に、本格導入するかどうかを決める方針。
 鹿町町にはタクシー会社がなく、バス路線は南北に走る西肥自動車だけ。自宅からバス停が遠い高齢者などが不便さを訴えており、市は対策を検討していた。
 実験は、鹿町町の北部と南部を3地区ずつに分けて実施。委託を受けた同市江迎町のタクシー会社2社が、それぞれの担当地域の地区ごとに週2日、1日4往復運行する。日曜は運休。
利用する場合は、前日までにタクシー会社に住所やバス停(指定された7か所から選択)、希望時刻などを電話で連絡する。運賃は利用するバス停によって片道300円か600円で、通常の半額以下。差額は市が委託料として2社に支払う予定で、実験中は180万円を見込んでいる。
 21日、鹿町行政センターで出発式が行われ、朝長則男市長は「住民の声を十分に聞き、今後、他の交通不便地区にも広げていけたら」と話していた。
2012/03/23

NO.431

バス事業のあり方検討会第13回終了/4月にとりまとめ



 標記の検討会が3月23日、約1年3カ月にわたる論議を終了した。今後は、「新高速バス」規制に約2年間をかけて移行する。これによって、既存の高速バス、高速ツアーバスなどが一本化になる。この移行期間には、フォローアップ委員会、運賃・料金の検討会、バス停留所の設置に向けた委員会が開かれる。
 いずれにしてもこの案件、行政に訴え続けてきて7年目を迎えるが、ようやく一定の方向性が見えた。掲げられた課題は山積しているが、「絵に描いた餅」にならぬよう、今後も行政に対し働きかけていく。







労働基準法違反、バス・タクシー乗務/福岡



 福岡市内のあるタクシー事業及びバス事業者が、タクシー乗務員に過重な長時間労働をさせていたとして、当該タクシー乗務員の関係者が福岡中央労基署に労働基準法違反として告発した。
 タクシー乗務を終えた後すぐに送迎バスの運転業務を指示、20時間勤務のあとに疲労と睡眠不足のまま幼稚園の送迎業務を数時間にわたってさせていたというもの。
 この会社の言い分として、「送迎の途中に十分仮眠できた」などと主張しているようだ。
 園児の父兄からは、「もし居眠り運転でもされたら子供の命がなかった」、と怒りの声が上がっている。 
 2002年のタクシー業界の規制緩和によりタクシーの台数が増加。業界は過当な競争となっており、減収にともない乗務員にしわ寄せがいっている。









東北の高速道路無料化、原発避難者に限定 4月から




 国土交通省は22日、東北地方の高速道路無料化について、4月1日以降は東京電力福島第1原発事故の避難者に限り、当面9月末まで無料を続けると発表した。観光や復興支援を目的とする一般の車両、東日本大震災の津波被害による避難者らは1日午前0時で無料化を打ち切る。引き続き無料通行できるのは、震災発生時に警戒区域などに住んでいた人で、運転免許証などの提示が必要。







快速 誤って4駅通過/JR仙山線



 JR仙山線で22日午前、山形発仙台行き上り快速電車(6両編成)が、停車予定だった葛岡、東北福祉大前、北山、東照宮の4駅(いずれも仙台市青葉区)に止まらず、通過するミスがあった。4駅では計約200人が乗降するはずだった。
 JR東日本によると、この日は除雪作業のためにダイヤが一部変更されており、快速電車も一部区間で各駅停車とする計画だったが、運転士に伝わっていなかったという。


2012/03/21

NO.430

約60年間、富士の製紙業を支えてきた貨物輸送が終了/岳南鉄道



 岳南鉄道の貨物輸送が16日、約60年の歴史に幕を下ろした。戦後、富士市の製紙業の発展を支えてきたが、同社は貨物輸送の終了で、旅客業務のみでは存続が難しいとして、昨年12月、富士市に公的支援を要請し、同市は支援策を検討している。
 岳鉄は1950(昭和25)年に貨物輸送を開始し、市内の製紙工場からJR吉原駅まで商品を運んでJR貨物に引き渡す役割を担ってきたが、トラック輸送が主流になり、JR貨物が4月以降の貨物取引の廃止を申し入れていた。








田野畑-久慈間の4月再開を記念し1日フリー切符発売/三陸鉄道



 2014年4月の全線再開を目指す第三セクター・三陸鉄道(宮古市)は、北リアス線田野畑-久慈間の4月1日からの運行再開を記念し、期間限定の1日フリー切符を3月15日に発売する。
 北リアス線は現在、陸中野田-久慈間と宮古-小本間で運行しているが、陸中野田-野田玉川間の復旧工事の完成で田野畑-久慈間が開通する。フリー切符は1枚千円で、4月の1ヵ月間、1日に限り運行中の全路線が乗り放







阿佐海岸鉄道の経営安定基金上積みへ新年度予算計上/徳島県など



 徳島県や同県海陽町などは、第三セクター・阿佐海岸鉄道(徳島県海陽町)の赤字を補填している鉄道経営安定基金が2011年度末でほぼ枯渇するのに伴い、新たな積立金を12年度当初予算に盛り込んだ。積み立ては1992年の開業時に基金を創設して以来、初めてで、今後5年間で積み立てられる高知側の負担分も合わせ、総額は4億2千万円になるという。
 同鉄道は92年3月の開業以来、毎年約5~7千万円の赤字が続き、開業時に積み立てた基金5億円は3月末で約1300万円に減る見通しになっている。これまでは各年度の赤字に対し、基金の取り崩しに加えて関係自治体が必要額を支出して補填してきた。今後は基金の取り崩しだけで補填する仕組みに変えることになり、今回の積立金は今後5年の赤字補填分と見込まれている。
 各自治体の積立額は、基金創設時の負担とほぼ同様に配分する考えで、徳島側では今回の積み立て分の、県2億2110万円、海陽町1億960万円、牟岐町180万円、美波町350万円を一括して12年度当初予算に計上した。高知側では、県と11市町村が8400万円を5年に分けて積み立てる。
2012/03/15

NO.429

東名で高速バス事故、8人軽傷 上り線でトラックに追突


 15日午前3時45分ごろ、静岡市清水区の東名高速道路上り線で、岡山県倉敷市から東京に向かっていた両備ホールディングスの高速バスが大型トラックに追突、乗客20人のうち8人が首などに軽傷を負った。
 静岡県警高速隊によると、負傷者は岡山市や倉敷市などの男性3人と女性5人。
 バスは追い越し車線を走行中、渋滞で停止していた大型トラックに追突。トラックはさらに前方の中型トラックに追突した。いずれの運転手もけがはなかった。
 県警はバスの運転手(37)から事情を聴き、原因を調べている。







軽トラを電気自動車に改造 見学会を佐賀県が開催


 次世代エコカーの普及を進める佐賀県は事業者向けに、軽トラックの電気自動車(EV)への公開改造を佐賀市内で始めた。自動車関連企業が、モーターや電池の取り付けを見学。ビジネスの可能性に興味を示した。公開改造は14日まで。
 農業県である佐賀での需要は特に高く、メーカーのEV化もまだ進んでいない軽トラック。県はEVへの化で、温室効果ガスの削減をはじめ、部品など関連産業の創出を目指す。
 改造は佐賀市若宮の「モトシマ・デンソー部」を会場に12日から始めた。県が委託した神奈川県の専門業者が当たる。軽トラックのエンジンを取り外し、座席下部分にモーターを設置。荷台の下に専用ケースを設けて8個のEV用バッテリーを取り付ける。
 唐津市のナゴヤ自動車の坂本秀正社長(62)は手順などを熱心に見学。「改造はこれまでの技術でできそうだ。ただ電池などコストがどこまで下がるかがニーズにつながるポイント」と感想を話した。
 県は来年度、今回造った試作車を使い、軽トラックの利用が多い唐津市の離島で性能やコスト面の実証試験を行う。
 14日の改造は午前9時半から。見学の問い合わせは県地球温暖化対策課、電話0952(25)7474。







「想定外、不慣れ…」 新幹線停止でJR九州陳謝


在来線ホームに用意された列車で一夜を明かす乗客たち=14日午前5時16分、JR博多駅 九州新幹線が非常停止して全線(博多-鹿児島中央間)で運転を見合わせたトラブルを受け、JR九州鉄道事業本部長の青柳俊彦常務は14日、福岡市のJR九州本社で記者会見を開き、列車への送電を止める緊急装置「保護接地スイッチ」の不具合が原因だった、との見解を示した。不具合への対応は緊急時マニュアルなどで想定されていなかった。復旧作業に時間がかかって列車のバッテリーが上がり、自力走行不能に陥ったことがトラブルの長期化につながった。
 会見の冒頭、青柳常務は「多数のお客さまに迷惑をかけたことを心よりおわび申し上げます」と陳謝。九州運輸局は同日、JR九州に対し、トラブルの原因究明と再発防止を口頭で指導した。
 トラブルは13日午後4時ごろ、福岡県筑後市の久留米-筑後船小屋間で下り線の架線に農業用とみられる黒いビニール片(縦3・1メートル、横2・1メートル)が引っかかり、新大阪発鹿児島中央行き「さくら557号」(8両編成)が非常停止したことで発生。運転士は保護接地スイッチを作動させる運転台のボタンを押し、上下線で架線の送電も止めた。乗客約280人を乗せた列車は約6時間立ち往生した。
 ビニールの大半を撤去後、運転士は送電を再開しようとボタンを再度押したが、解除されなかった。このため運転士は車両の屋根に上がり保護接地スイッチの機器をハンマーでたたいて動かし、解除した。しかし停止から約3時間20分後には列車のバッテリーが上がったため、パンタグラフが作動せず、自力走行ができなくなった。
 スイッチは12日の点検では正常に作動したという。JR九州は不具合の原因を調べている。
 列車のバッテリーは3時間程度しかもたず、予備のバッテリーを準備していなかったことも明らかにしたうえで、青柳常務は「対策が十分でなかった」と釈明。さらに「全線開通から1年。不慣れな部分があった」と、復旧作業に時間がかかりすぎたことも認めた。
 また、トラブル発生前の午後3時半すぎに現場を通過した新幹線4本が、架線周辺に複数のビニールが散乱しているのを確認していたが、「支障はない」と判断し、運行を継続していたことも明らかにした。
 今回のトラブルで上下線とも約6時間半にわたり運転を見合わせ、計45本が運休、28本が最大8時間近く遅れ、約9千人に影響が出た。







博多ー佐賀、時短わずか2分 九州新幹線長崎ルート


 2022年に開業予定の九州新幹線長崎ルートの博多-佐賀の所要時間について、佐賀県は13日の県議会で、現行の特急に比べ、時間短縮は2分程度で、33分とする国交省の試算を明らかにした。博多-新鳥栖の一部が在来線扱いで、新幹線の最高速度を出せないため。当初、5分を想定していた時短効果は低下することになりそうだ。
 国交省が進めている長崎ルートの費用対効果の検証作業の中で試算した。当初は博多-新鳥栖全区間で新幹線の最高時速260キロによる走行を想定、「時短効果は5分」と県民向けにも説明してきた。
 しかし、昨年3月に開業した九州新幹線鹿児島ルートの博多-新鳥栖(28・6キロ)は一部で減速走行しているため、平均時速132キロにとどまっており、長崎ルートについても時短効果を見直した。
 減速しているのは博多-博多南で、制限速度は120キロ。山陽新幹線(新大阪-博多)を運行するJR西日本が車両基地がある博多南まで回送用に使い、その際、特急として通勤客などが利用している。JR西日本は「新幹線区間に変えたら料金が上がり、通勤客が利用できなくなる」とし、今後も在来線扱いを続ける意向を示している。
 国交省鉄道局は「当初は、長崎ルート開業までには制限速度の問題も解消されると考えていたが、現状に合わせて試算した」と説明する。







バス衝突、子供ら28人死亡 スイス南部


 【ジュネーブ共同】スイスのメディアによると、南部のアルプス地方のシオン近くで13日夜、乗客52人を乗せた観光バスがトンネル内の壁に衝突、子ども22人を含む28人が死亡し、24人が負傷した。運転手も死亡した。地元当局が事故原因を調べている。
 主要メディアによると、子どもらはベルギーの小学校の児童らとみられ、10~12歳。スキー旅行の帰りだったという。
 ロイター通信によると、ベルギーのディルポ首相は声明で「全てのベルギー人にとって悲しい日だ」と弔意を表明、自らスイスに向かう意向を示した。
 在ジュネーブ出張駐在官事務所によると、日本人の乗客はいなかった。
次へ>>

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
9位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■  QRコード

QR

■  検索フォーム