北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車 WILLER.jpgimages.jpg1076386.jpgWiller_Express_1008_Ponta_Express.jpg

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2011/11/29

NO.411

両備ホールディングス/2階建てロンドンバスにクリスマスデコレーション

006.jpg



 両備ホールディングス株式会社(本社:岡山県岡山市北区錦町6番1号、社長:松田久)は、本社敷地内(岡山市北区錦町7-23)に設置し、錦町のシンボルとなっている「2階建てロンドンバス」(公共交通の利用促進としてパークアンドライドの広告塔に使用。1950年製。1978年にロンドン市から購入。2000年より現在地に設置)にLEDと電球、約5,000個で装飾を施し、11月24日から約1カ月間、イルミネーションの点灯を行います。
 ロンドンバスのクリスマスデコレーションは、明るい街づくりの一助として、また公共交通の利用促進にも繋がればと実施し、今年で6回目となります。24日(木)の点灯式では、松田敏之専務の両備サンタが中心となり、沿道の皆様にささやかなるクリスマスプレゼントを配布いたします。

◆ 催事名称: ロンドンバス・クリスマスイルミネーション
◆ 外  装:LED(発光ダイオードー)と電球で電飾 全体の色のバランスに気を配り、統一感を持たせて、きら びやかでありながら落ち着いたイメージとしました。
◆ 内  装:両備ホールディングス社員有志が協力して飾りました。
◆ 実施期間:平成23年11月24日(木)~12月25日(日)
スポンサーサイト
2011/11/29

NO.410

仙台西港-陸前山王間の運行を8ヵ月半ぶりに再開/仙台臨海鉄道


 仙台臨海鉄道(仙台市)は、25日、東日本大震災・津波で被災し運休していた仙台西港-陸前山王(多賀城市)間6.7kmの区間で8ヵ月半ぶりに運行を再開した。キリンビール仙台工場が製造したビールの輸送を担う。
 同社は、1970年に宮城県などが出資して設立した第三セクターで、ビールやガソリンなど工業団地の製品をJR線に運んできた。震災で津波に襲われ、所有していた機関車3台全てが冠水したり、駅舎が破損するなどの被害を受けた。ビール工場も甚大な被害を受け、今月2日にトラックでの出荷を再開したばかり。
 同社は機関車2両を使って6両編成の貨物列車を1日3、4便運行し、仙台港駅を経由して陸前山王駅まで荷物を運ぶ。運休が続く仙台港-仙台埠頭間1.6kmは来年3月頃に復旧予定で、残る仙台北港までの1.2kmは立地企業の再稼働に合わせて運転を再開するとしていて、全線9.5kmの復旧は来年9月になる見通し。







休日のバス料金を百円にするICカード利用の社会実験/新潟市



 新潟市は、新潟交通などと連携して行っているバスICカード「りゅーと」の利用者に対し、12月10日から新潟駅-古町間の運賃を現行料金の半額の100円にする社会実験を開始する。
 中心市街地の活性化対策の一環として実施するもので、実施時期は2012年2月12日までの約3ヵ月間のうち、土日祝日と1月3日の計24日間。同市では社会実験を通してカードの普及を図り、公共交通への転換を促進したい考えで、実験結果を検証したうえで今後の方向性を検討するという。







「歩くまち・京都」フリーパスを今年度も発売へ/京都市など


 京都市などは、今年度も「電車・バスでまわる『歩くまち・京都』京都フリーパス」を発売する。昨年、「歩くまち・京都」総合交通戦略を策定した同市は、「公共交通ネットワークの構築」の一環として昨年度から同フリーパスの販売を始めたが、今年度も1日版と2日版の2種類を用意する。
 同市内に路線を持つ鉄道事業者7社、バス事業者8社協力で発売するもので、今年度からは1日フリー版でもJR西日本の路線を利用可能とする。1日フリー版(2000円)は「京都フリーパス」に「JRフリー乗車券」が付き、東海道本線(京都線、琵琶湖線)の桂川-山科間、山陰本線(嵯峨野線)の京都-亀岡間、奈良線の京都-宇治間も利用可能になる。その他、京都市営地下鉄全線、叡山電車全線、嵐電全線、近鉄京都線の京都-向島間、京阪線出町柳-中書島間、阪急京都本線河原町-洛西口間、阪急嵐山線に乗り降り自由となる。発売期間は12月9日から2012年3月22日まで。
 2日フリー版も利用範囲は1日版とほぼ同じだが、JR西日本の企画乗車券「京都観光フリーきっぷ」または「のぞみ&京都観光フリーきっぷ」として発売されるため、出発地によって価格が異なる。いずれも11月25日から販売を開始し、有効期間は1日版の発売期間と同じ。






地鉄路線バス 「緊急連絡装置」9割なし


 乗っ取りなどの緊急時に車外に異変を知らせる「緊急連絡装置」が、県内バス大手の富山地方鉄道(富山市)の路線バスの9割以上に取り付けられていないことが22日、分かった。同社が所有する車両174台(3月末現在)のうち、装置があるのは高速道を走る長距離バスの一部の12台だけ。同社は県内を走る路線バスへの取り付けは「経費がかかり、難しい」としている。(桜井啓道)
 緊急連絡装置は、バスの行き先を示したり、「乗降中」などと表示したりする車外の掲示板に、運転席からの操作で「SOS」などと表示するもの。今月16日、千葉市中央区で乗客乗員2人が人質になったバス乗っ取り事件では、行き先を示す電光掲示板に「緊急事態発生中」と表示された。千葉中央署は装置を「異変の早期発見につながる」と評価している。
 全国のバス会社2217社(8月末)が加盟する日本バス協会(東京都)によると、17歳の少年に女性客1人が殺害された2000年5月の西日本鉄道の高速バス乗っ取り事件を受け、同協会が同年7月から、装置の取り付けを各バス会社に推奨。同協会が2007年に行った調査では、加盟社が所有する全バスの7割が装置を装備していた。
 県西部で路線バス83台を運行する加越能鉄道(高岡市)は01年以降、新規購入する車両に「SOS」の表示が出る装置を付けることにし、現在、31台が運用されている。
 電装機器メーカー「レシップ」(岐阜県)によると、バスの車体後部に取り付ける装置は、普段「乗降中」、緊急時に「SOS」と表示するもので一つ当たり6万~7万円かかるという。
 富山地鉄は「高速バスは乗客が逃げにくく、乗っ取りに遭う可能性も高い」(総務課)として、01年以降に購入した長距離バスの一部に装置を取り付けた。現在、全地球測位システム(GPS)を利用し、位置情報とともに、営業所に異変を知らせる装置(1台約13万円)の導入を検討しているが、「資金的な余裕がなく、全てのバスに導入するめどは立っていない」としている。
2011/11/24

NO.409

公募新社長に豊田スタジアムの元副社長を内定/秋田内陸縦貫鉄道

 第三セクター・秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)は、一般公募していた新社長に豊田スタジアムの元取締役副社長・酒井一郎氏(63)をこのほど内定した。29日の臨時株主総会、取締役会を経て正式決定する予定で、就任日は同日までに決めるとしている。
 同社は、現社長の辞意表明を受けて今年9月から後任を一般公募し、応募者計63名の中から一次審査(書類選考)をパスした11人(うち1人辞退)の個人面接を実施し、酒井氏を社長候補に選定した。
 酒井氏は東京都杉並区出身で、1972年3月に同志社大学文学部を卒業し、そごう入社。96年3月、そごうの常務取締役豊田店長時代、開店以来の赤字体質から脱却するため、営業面積の縮小や人員削減などの大胆なリストラに取り組んだ経験があるという。06年にそごうを退社後、09年まで豊田スタジアム(豊田市)の取締役副社長を務め、現在は神戸市在住で無職。






12年4月から南海本線に新駅「和歌山大学前」を開業/南海電鉄

 南海電気鉄道は、2012年4月1日に南海本線の孝子-紀ノ川間で新駅「和歌山大学前」を開業し、急行と区間急行、普通を停車させる予定としている。相対式ホームの橋上駅として建設が進められており、地形や地質条件などの問題から、駅周辺では約1.2kmにわたって線路の付け替えが行われるという。
 新駅は、和歌山県と和歌山市、和歌山市和歌山大学前駅周辺土地区画整理組合による請願駅で、孝子駅から和歌山市駅方面へ約1.7km、紀ノ川駅から難波駅方面へ約3.6kmの距離に位置する。駅名は公募の結果、昨年9月に決定していた。
2011/11/21

NO.408

被災鉄路バス専用道に


20111120-489388-1-N.jpg
(本県・岩手3路線JR東、自治体と協議へ)


 東日本大震災で駅舎や線路が津波で流失した岩手、宮城県内のJR3路線について、従来の鉄道ルートに専用道路を作り、バスを運行させる「バス高速輸送システム」(BRT)で復旧させる案を、JR東日本が検討していることがわかった。鉄道を敷設し直すより早期の整備が可能な上、整備費用も半分以下で済むメリットがある。JR東は、実現に向けて被災自治体と協議していく方針だ。
 BRT導入が検討されているのは、不通となっている東北地方のJR7路線のうち、気仙沼線と大船渡線、山田線の一部区間で、計154キロ。線路が橋脚や路盤ごと流失するなど被害が大きく、原状回復には400億円近くかかるとみられる。今後、市街地が高台に移転すれば、ルート変更を余儀なくされるため、震災から8か月たった今も、本格的な復旧工事の着手すら困難な状態だ。
 沿岸被災地では、鉄道の代替でバスが運行されているが、朝夕を中心に通勤や工事の車両で渋滞。地元からは「通勤時間が震災前の倍近くかかる日もある」との声も上がるなど、鉄道の早期復旧を望む声は強い。
 従来の鉄道ルートをそのまま活用するBRTは、レールを敷く必要がなく、駅はバス停のような簡易な施設で済むため、鉄道より早く整備することができる。市街地が高台に移転する所や、鉄道の橋脚が津波で流された所では、一般道を使うなど、柔軟なルート設定も可能で、運行コストも安上がりだ。
 一方、被災地側では、「事実上の廃線では」との懸念が出る可能性があるが、宮城県気仙沼市では、現在策定中の復興計画に鉄道に代わる「新交通システム」を盛り込むことを検討しており、同市企画政策課では、「早く復旧するなら鉄道にこだわらなくてもいい」と理解を示す。
 JR東の清野智社長は「バス転換というと、マイナスのイメージがあるかもしれないが、住民の足を守るのが大前提。地元や専門家の意見を聞きながら議論したい」と話す。
 横浜国立大大学院の中村文彦教授(都市交通計画)は「BRTは建設費や維持管理費が従来の鉄道より圧倒的に安く、学校や病院へ迂回(うかい)するなど地域の需要にもきめ細かく対応できる」と評価。「被災地だけでなく、今後、各地の地方交通網を見直すきっかけにもなりうるのではないか」と指摘している。

◇バス高速輸送システム(BRT) Bus Rapid Transitの略。一般道と分離した専用道路にバスを走らせる新交通システムで、路線バスのように渋滞の影響を受けることがないため、ダイヤ通りの運行が保たれ、車両の連結で輸送力も高められる。交通渋滞の激しい中国、韓国、ブラジルの大都市などで運行されている。






バス籠城、緊迫40分…運行会社は日頃から訓練


20111116-427415-1-N.jpg
(バス内に突入する警察官ら・16日午前10時22分、千葉市中央区で)


 千葉市中央区中央で16日朝、男が男性運転手と女性会社員の2人を人質にとったバスの乗っ取り事件。立てこもりから約40分後、県警の説得に応じた男を、県警は人質強要処罰法違反容疑の現行犯で逮捕したが、白昼の繁華街で起きた事件に、現場付近は一時騒然となった。
 逮捕されたのは、自称東京都荒川区南千住、無職荘司政彦容疑者(65)。
 発表によると、荘司容疑者は16日午前9時36分にJR千葉駅を出発し、千葉営業所行きの千葉中央バスの路線バスに乗車。最後部席に1人で座り、千葉駅の一つ先のバス停「中央二丁目」の手前付近で、果物ナイフ(刃渡り約9センチ)を、前の席にいた女性会社員(29)に突きつけた。「報道関係者を呼べ」などと脅し、残りの乗客を降ろさせ、会社員と運転手(38)を人質に立てこもった疑い。
 捜査員は、女性が開けたバスの窓から説得。約40分後、説得に応じて立ち上がった荘司容疑者がバスの中央部の降り場付近まで歩いたところで突入し、取り押さえた。近くにいた男性会社員(32)は、「『確保』か『逮捕』かという声を聞いた後、警察官が続々とバスに入っていった。身近でこんなことが起こるとは」と驚いた様子。アルバイト女性(20)は、「こんな身近でバスジャックが起こるなんて」と不安そうに話した。
 荘司容疑者は7月から東京都荒川区南千住の簡易宿舎に入居、10月末までここで過ごしていた。管理人によると、管理人にパンやコーヒーなど食事を運んだり、宿舎の廊下の雑巾がけをしたりしたこともあったという。管理人は「事件を起こすような人には見えなかった」と話し、同じ宿舎にいる男性(75)らは、「いつも笑顔で人当たりのいい人」と話した。
 一方、バスを運行する千葉中央バス(同市緑区)は、過去のバスジャック事件を教訓に訓練してきた。
 同社は2002年から、バスの前後、側部の行き先を表示する電光掲示板に、「緊急事態発生中」「SOS」「警察に通報してください」などと表示できるバスの導入を進めている。
 茨城県取手市で昨年12月に起きた路線バス内にいた中高生が切りつけられた事件を受け、年1回、全運転手が受講する講習会で、バスジャック時の対応を学ぶ講座を導入した。その中で、「相手を絶対に刺激しない」など乗客の安全を第一に考える行動や、非常事態を車外に伝える「緊急スイッチ」の使用方法を確認しているという。
 同社の木村雄一取締役総務部長は「乗客、乗員ともに無事解放されてほっとしている。訓練のおかげで冷静に対応できたと思う」と話していた。
2011/11/17

NO.406

9人乗り幼稚園バスに64人 中国で事故、20人死亡

t_RTR201111160103.jpg

(中国甘粛省慶陽市で16日起きた衝突事故の現場で、大破したバスから園児を救出する救急隊員=チャイナデイリー/ロイター)

 16日午前9時15分ごろ、中国甘粛省慶陽市で幼稚園のスクールバスとダンプカーが衝突し、幼稚園児18人と運転手、教師の計20人が死亡した。バスはワゴン車タイプで9人乗りだったが、64人を乗せており、中国中央テレビなどは「重大な定員オーバーだった」と大きく報じている。
 事故があったのは、甘粛省の東端にある農村。同省政府によると、バスには幼稚園児が62人、運転手と教師が1人ずつ乗っていた。亡くなった20人のほか、44人が病院で治療を受けており、うち10人以上が重傷。
 地元警察幹部は同テレビに「幼稚園バスは速度超過だったうえ、衝突時は逆走していた」と証言。乗車する幼児の数は日によって変わり、今回のようにすし詰めのこともあったという。







「千葉日報」記者の腕章を借用 千葉立てこもりで県警

 千葉県警は16日、バスに立てこもった容疑者を取り押さえるにあたって、捜査員が地元紙「千葉日報」の男性記者(28)から社章入りの腕章を借りて身につけたことを明らかにした。同社は貸与について「記者倫理上、慎重さを欠いた」として口頭で記者に注意した。
 県警などによると、容疑者が人質の女性に背後からナイフを突きつけた状態で「報道関係者に渡したいものがある」と発言。現場にいた複数の捜査員の判断で、近くにいた千葉日報の記者に腕章の貸与を依頼した。腕章をつけた捜査員は、容疑者が逮捕されるまでの数分間、交渉役の捜査員の近くにいた。交渉役の捜査員は容疑者に「記者も来ているぞ」と呼びかけた。
 県警は「緊急でやむを得ない行為だった。現場ではベターだと判断した」と説明している。
 千葉日報社の大澤克之助編集局長によると、記者は上司に相談をせず、自らの判断で貸した。その後、同社に「人質がいて予断を許さない状況だと思い、人命を優先させるべきだと判断した」と報告したという。大澤局長は「記者の思いがわからないではないが、少なくとも会社に報告した上で判断を仰ぐべきだった」と話した。







捜査機関への不満が動機か 千葉バス籠城事件

 千葉市のバス立てこもり事件で人質強要処罰法違反の疑いで現行犯逮捕された無職、荘司政彦容疑者(65)が「服役中の不当な扱いを捜査機関に訴えたが、取り合ってもらえなかったので事件を起こした」などと供述していることが16日、千葉県警への取材で分かった。
 「事件を起こすため、4、5日前に千葉に来た」とも供述しており、県警は、不満を募らせた荘司容疑者が事件を起こして主張を訴えようとしたとみて、詳しい動機を調べている。
 県警によると「刑務官からぬれぎぬを着せられ、何度も被害届を出した」とも述べ、警視庁など東京や大阪の捜査機関から郵送された書類数十枚が入った封筒を所持していた。書類は荘司容疑者の訴えを不受理とした回答書とみられる。
 捜査関係者によると、荘司容疑者は2000年に大阪市で内縁関係の女性を絞殺したとして殺人罪で、08年に千葉市で女性の首を絞めて身動きできないようにしたとして逮捕罪で、それぞれ実刑判決を受けて服役した。

次へ>>

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254


kotsu@soleil.ocn.ne.jp

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  台湾公視テレビ/日本巴士安全~改革

↓ Crich Here
CropperCapture[30]

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
8位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム