北海道中央バス沿岸バスニセコバス弘南バス三八五バス山形交通仙台バス会津乗合会津乗合自動車新常磐交通福島観光バス新潟交通くびき自動車蒲原鉄道日本中央バスCropperCapture[4]東洋バス(観光)東都観光バス大野観光阪急観光
都島自動車観光CropperCapture[5]岸和田北港観光バス一畑バス日本交通鳥取両備バス岡電バス下津井電鉄広交サンデン交通サンデン観光バス船木鉄道東交バス産交バス熊本都市バス長崎線新車長崎遊覧バス祐徳昭和自動車

交通労連 軌道バス部会

全国のバス・鉄道に係る情報です
2010/08/31

2018.8.31 NO.257

道路と線路走れる車両、新型は3両編成


20100831-296842-1-N.jpg



札幌市東区の苗穂工場で、道路とレール両方を走ることができる「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の新型車両を公開した。
 25~29人乗りの3台を連結することが可能で、課題だった「輸送人員の少なさ」を克服したという。同社は、冬季の安全性などをさらに検証し、2011年度中の実用化を目指す。
 新型車両は、トヨタ自動車のマイクロバス「コースター」を改良した。重さは1台約7トンで、ディーゼルカー1台を購入するより4分の1程度の費用で済むという。道路上ではバスと同じ速度、鉄路では時速70キロ程度で走行する。この日は、3両編成の試験走行も公開された。
 同社は「DMVの実用化によって、ローカル線を有効活用できる余地が高まる」(柿沼博彦副社長)と強調。過疎地で列車を運行させている国内の鉄道会社から「早く販売してほしい」という要請も強いという






奥能登に周遊バス 能登空港、穴水駅を核に  

奥能登広域圏事務組合は今秋、能登空港、のと鉄道穴水駅を核とした奥能登周遊バスの運行実験を始める。2014年度の北陸新幹線金沢開業を見据え、2市2町の誘客促進へ二次交通体系を構築する狙い。奥能登の自治体間を行き来する地元住民の利便性向上にもつなげる。
 30日に輪島市役所で行われた市9月補正予算案の発表で、事務組合長の梶文秋市長が明らかにした。市の補正予算案で、公共交通運行対策費として組合への負担金49万5千円が計上された。残る3市町も補正予算案に負担金を盛り込む。
 実験は、秋の観光シーズンに合わせ10月ごろに開始する予定で、周遊ルートのほか、酒蔵めぐり、千枚田(輪島市白米町)までのシャトルバスなどを検討する。組合は県、商工会議所、北陸鉄道などと設けた奥能登地域広域公共交通活性化検討委員会で、運行ルートや本数など実験内容を詰める。実験には、過疎地域の活性化に向けた総務省の自立活性化推進交付金1千万円を活用する。
 北陸鉄道企画部によると、現在、奥能登を周遊するバス路線は、和倉温泉発着の「のとフライト号」が一日1便のみ。定期観光バスであるため、奥能登の住民が途中乗車することはできない。
 また、特急バスは、JR金沢駅を起点に能登有料道路終点の此木インターチェンジ(穴水町)を扇の要とし、輪島、珠洲両市、能登町方面に放射線状に走っている。観光客や地元住民が2市2町間を移動する際は、乗り継ぎが強いられており、奥能登広域圏事務組合は周遊バスの運行実験により、2市2町の新たな公共交通体系の在り方を探っていく。





スカイマークが減便 神戸-旭川、鹿児島、熊本 

 
スカイマークは30日、神戸空港発着の新千歳経由旭川便と、鹿児島便(9月1日開設)、熊本便(10月1日開設)を、10月31日から1日1往復ずつ減便すると発表した。
 旭川便は7月9日に就航。現行は1日2往復だが10月末から1往復となる。3往復の予定だった鹿児島便と熊本便は1日2往復となる。
 北九州‐那覇、9月1日に就航する鹿児島‐奄美(鹿児島)は10月末で運休。羽田‐北九州は増便する。
 また、台風の影響で、31日午前6時那覇発神戸行き590便と、午後0時35分那覇発神戸行き594便が欠航する。



スポンサーサイト
2010/08/30

2018.8.30 NO.256

観光バスとトラックが衝突 北海道・小樽、8人死傷

 30日午前8時15分ごろ、北海道小樽市朝里川温泉1丁目の道道「朝里峠トンネル」で、トラックと大型観光バスが衝突した。トラックの運転手が死亡、バスの乗客、乗員5人とトラックの2人の計7人がけがを負って病院に運ばれた。
 観光バスを運行する銀嶺バス(札幌市)によると、搬送されたバスの5人は軽傷で、乗客は観光に訪れた50代の夫婦だけ。小樽署によると、夫婦は愛知県から訪れたとみられ、死傷者の身元確認を急いでいる。
 バスは午前7時半に札幌市の定山渓温泉を出発し、小樽市などを経由して函館市に向かう予定だった。バスの運転手は「トンネルのカーブで対向のトラックが突っ込んできた」と話しているという。





バスと乗用車接触、新潟市

 30日午前8時前、新潟市中央区花園1の市道で、JR新潟駅前のバスターミナルにバックで入ろうとした新潟交通の路線バスと、赤信号で停車中だった同区の会社員男性(43)の乗用車が接触した。バスに乗客はおらず、双方の運転手にけがはなかった。
 新潟東署によると、乗用車の右前部と、バスの左前部が接触した。同署はバスの男性運転手(43)の確認が不十分だったとみて調べている。





駅改修に合わせ田原町に「交通広場」整備を検討へ/福井市

 福井市は、福井鉄道福武線とえちぜん鉄道三国芦原線の相互乗入れ計画に伴う田原町駅の改修に合わせ、同駅の交通結節機能を向上させるため、バスや乗用車の乗降スペースを確保する「交通広場」の整備に向けた調査に着手する。9月補正予算案に、同駅周辺の主要施設へのアクセス状況などを調査するため400万円を計上した。
 同駅は両鉄道の乗換え駅で、1951年築の木造駅舎は福鉄が所有している。駅周辺には体育文化施設や高校・大学などが集積していて、市は同駅を「地域拠点」と位置付け、まちづくりの観点から交通広場の整備と老朽化した駅舎のあり方を検討する考え。県が今年度行う相互乗入れの事業費精査に向けた概略設計調査と連携させ、福鉄が新田塚駅まで乗入れ開始予定の2013年度を睨んで検討を進めるとしている。





関西再発見へ4都市でまち歩きラリーを共同実施/関西3電鉄

 阪神電気鉄道と阪急電鉄、南海電気鉄道の3社は、「南海・阪急・阪神で巡る『関西あそ歩』-京都・大阪・神戸・堺 まち歩きラリー-」を共同実施する。大阪市と大阪商工会議所、大阪観光コンベンション協会が構成する「大阪集客プラン支援事業実行委員会」の「大阪へ行こう!大阪で遊ぼう!アイデアプラン支援事業」に認定されている。
 この事業は、大阪で6コース、京都、神戸、堺で各2コースの計12コースを設定し、ラリーで集めたスタンプ数によって抽選で、協賛している19ホテルの宿泊券やスルッとKANSAI対応カード3000円分、3電鉄のオリジナルグッズなどをプレゼントする。ラリーはコースマップに従って自由に回るほか、それぞれのコースでガイドコースも用意するという。事業の実施期間は9月18日から12月19日まで(ガイドツアーは10、11月の一定期間に、各回定員15名で実施)で、参加費用はラリーは無料だが、ガイドツアーは1人1000円を徴収する。





留学生向けに2~3日間の乗り放題切符を発売/JR九州

 九州旅客鉄道(JR九州)は、留学生向けに乗り放題切符「JRKYUSHU留学生パス」を販売する。同社は、九州新幹線鹿児島ルートの全線開業をにらんで、外国人専用乗り放題切符「JR九州レールパス」の販売推進などで外国人旅行者の誘致に取り組んでいるが、留学生に対しても九州内の旅行をしやすくし、帰国後の口コミやリピーター効果などでアジアを中心とした外国人の利用拡大につなげたい考え。
 北部九州の普通・快速・特急列車(自由席)に乗れる切符は、2日間有効のものが5000円、3日間が7000円、九州新幹線を含む九州のすべてのJR線に乗れる切符は2日間が9000円、3日間が1万3000円。販売期間は25日から来年2月末までで、購入には外国人登録証明書の提示が必要。





宮古市内で10月から25年ぶりの新駅を開業/三陸鉄道


 第三セクター・三陸鉄道は、10月16日に「山口団地駅」(宮古市)を開業する。同鉄道では25年ぶりの新駅。
 新駅は、北リアス線の宮古-一の渡駅間の宮古駅から1.6kmの場所に設置する。駅周辺は市営住宅を初めとした住宅地で、地元からは駅新設の要望が出ていた。同鉄道では新駅で1日200人程度の乗降客があると見込んでいる。







バス追突で乗客ら27人重軽傷 トレーラーに、9人重傷
(その後の詳細)


0321_1.jpg




 23日午前3時5分ごろ、静岡県富士市中里の東名高速上り線で、三重県菰野町の菰野東部交通が運行する大型バスが大型トレーラーに追突した。静岡県警によると、バスに乗っていた乗客全員の26人と運転手1人がけがをして病院に運ばれた。
 県警などによると、バス運転手の西内宏太郎さん(51)=三重県菰野町=と千葉県の女性(16)、愛知県の女性(42)ら9人が足や顔などを骨折し重傷。トレーラーの運転手利光覚さん(51)=大分市竹矢=にけがはなかった。
 県警高速隊によると、現場は2車線のほぼ直線。バスは走行車線を走行中で、現場近くのバス停付近に止まっていて、走行車線に入ろうとしたトレーラーに追突したとみられる。
 バスは三重県を出発、千葉県浦安市の東京ディズニーランドに向かっていた。トレーラーは宮崎県から川崎市に冷凍鶏肉を運送する途中だったという。
 県警はトレーラーが走行車線に入ろうとした際、加速に時間がかかり、高速で走行していたバスが追突したとみて、利光さんらから事情を聴くなどし、事故の詳しい状況を調べている。
2010/08/25

安全確保に向けて~曖昧なツアーバスの定義

「東名高速で玉突き事故、観光バスがトレーラーに」(修正)




この観光バスは、
菰野東部交通、三重県に本社を持つ会社、
運行形態は「ツアーバス」であったことが判明した。


現在、運転手に事情聴取中だが、
推測の域をでないが、
居眠り運転ではないか?

(つい、あずみ野観光、バスネットをイメージしてしまう)


現場はバス停留所、
危険箇所とは言いがたい



その裏には過酷な労働条件が見え隠れする
改善基準告示は守られていたのだろうか?


結果を待ちたい



いずれにしても、
先般の生活路線に参入しようとした宮城県川崎町の問題もある


やはり、一定のルールを構築しなければ、
「バス」という存在意義は消滅する




“運べれば”何でもいいということはないのだ




今後、国土交通省、また日本バス協会に協力を要請し、
安全を基本とした「バス」の構築に向けて取り組んでいく。




<9.6現在>
トラックがバスの高速停留所から出てきたところにバスがぶつかったらしい。双方に責任があるようだ

2010/08/25

2010.8.25 NO.254

国交省、高速無料化1500億円 来年度予算で

 国土交通省は24日、来年度予算の概算要求で、高速道路の無料化に必要な経費として1500億円を計上する方針を決めた。北海道新幹線の新青森―新函館など工事中の整備新幹線5区間の建設費(国費)は、本年度と同額の706億円を要求する考え。
 高速道路の無料化は、本年度1千億円を使って年度途中の6月から37路線50区間を対象に社会実験の形でスタート。財源の制約から来年度の要求額が500億円の上積みとなったことで、無料化区間の拡大はわずかにとどまる見通しだ。
 また無料化実験を実施中の区間については、渋滞の状況や公共交通機関への影響を見極めた上で、実験を継続するかどうか検討する。
 整備新幹線は、地元自治体の負担などを合わせた事業費ベースでは、開業に遅れが出ないよう本年度の2600億円から上積みする方向で調整している。北陸の金沢―敦賀など建設方針が決まっていない未着工3区間の新規着手については「今後の検討結果を踏まえ適切に対応する」として、着工するかどうかや要求額は明示しない。





鹿児島-大阪 3時間47分 九州新幹線 3月12日全通検討 新列車「みずほ」投入
 
JR西日本とJR九州が、九州新幹線鹿児島ルートについて来年3月12日全線開通を軸に検討し、全通とともに直通運転が始まる九州・山陽新幹線で、新大阪-鹿児島中央を3時間47分で結ぶ「みずほ」の運行を検討していることが24日、分かった。同区間を所要4時間で結ぶ「さくら」と同じN700系の車両を使い、停車駅を絞ることで時短を実現する。4時間を切る最速新幹線で航空機の利用客を取り込む。
 運行ダイヤは12月に発表する予定。JR幹部によると、「みずほ」は東海道・山陽新幹線の「のぞみ」に相当する。山陽区間は現在停車駅が最も少ない「のぞみ」が停車する新神戸、岡山、広島、小倉、博多に停車し、九州区間は熊本、鹿児島中央にのみ停車する見通し。出張客が多い朝晩などに本数を絞って運行する。
 「みずほ」の名称は、かつて東京-熊本・長崎を走った寝台特急名として関西以西の利用客にも親しまれていた。 九州新幹線のダイヤは、博多-熊本が1時間に4本、うち2本が鹿児島中央行きとする方向で検討している。この2本のうち、新大阪から鹿児島中央まで乗り入れる「さくら」は1時間1本程度。「みずほ」より停車駅を数駅多くする。
 「みずほ」の運行を、この4本と別にするのか、時間帯によって「さくら」に代えるのか、などは未定。山陽新幹線と直通しない博多-鹿児島中央の急行タイプも「さくら」の名前で運行する可能性もある。博多-熊本、博多-鹿児島中央の「つばめ」は各駅停車のみとする方向。
 国土交通省によると、鹿児島県と近畿圏を結ぶ交通機関のシェアは航空機9に対してJRは1。所要時間は、航空機は空港までの移動時間を含め約2時間40分。JRは現在は約5時間かかるが、「みずほ」を3時間台で走らせ、航空機のシェアを奪いたいとしている。
 運賃は、伊丹-鹿児島の航空機の普通運賃片道2万6800円に対し、JRは現在、山陽新幹線とJR九州の在来線、九州新幹線を乗り継ぎ2万1500円となっている。全線開通後の運賃は未定だが、JRは割引切符などで割安感を打ち出したい考えだ。
2010/08/24

2010.8.24 NO.254

乗り継ぎ利便改善へ9月から循環バスを試験運行へ/気仙沼市

 気仙沼市は、市内の主要施設を回る循環バスを9月から6ヵ月間試験運行する。運賃収入で経費の5割以上を賄えれば本格運行したい考えで、市中心部から放射状に走る在来路線との乗り継ぎを促し、バスの利用客を増やそうという狙い。同市内では民間6社が路線バスを運行しているが、約8割の路線は公的補助を受けている。
 期間の前半と後半でルートを変える計画で、いずれも右回りと左回りを混ぜて運行する。JR南気仙沼駅を起終点とし、前半3ヵ月は市立病院や市役所などを回る環状ルート(8.9km、1周31分)で1日21便、後半3ヵ月はジャスコ気仙沼店前を経由する大回りルート(12.5km、1周46分)で同16便を走らせる予定。試験運行はミヤコーバスが業務を受託し、バス2台を使用するという。運賃は130円~200円で、在来路線と乗り継ぐと割引が受けられる。乗り降り自由の一日乗車券(500円)も販売するとしている。





比でバス乗っ取り人質7人死亡 警官突入、元警官の男射殺


PN2010082301000943_-_-_CI0003.jpg


フィリピン警察当局によると、首都マニラで23日午前、観光バスが男に乗っ取られ、香港から来た中国人22人とフィリピン人3人が人質に取られた。同国のテレビによると、同日夜、警官隊がバスを取り囲み、犯人の男を射殺、バスを制圧した。警察当局者は最後まで人質となっていた7人が死亡し、8人が救出されたと語った。一方、新華社電によると、中国外務省の馬朝旭報道局長は乗客8人が死亡したと述べた。  警察によると、男は脅迫事件に関与したとして免職された元警官で、復職を要求していたという。自動小銃を所持していた。





邦人観光団がロ査証で国後島訪問

 福岡の旅行業者のツアー
 福岡市の旅行業者が組織した観光ツアーの客8人と業者1人の日本人計9人が23日、ロシアの査証(ビザ)を取得して北方四島の国後島を訪問したことが分かった。日本人グループがロシアのビザを取って北方四島への観光ツアーは初めてとみられる。
 外務省ロシア課は「事実なら閣議了解に反し、極めて遺憾」とし、調査に乗り出すとしている。
 日本政府は日本人がロシアのビザで北方四島を訪れることはロシアの実効支配を認めることにつながりかねないとして、1989年の閣議了解に基づき、自粛を要請してきた。しかし今回の旅行業者は無視していた。
 四島では7月にも北海道のメーカー技術者など2人が択捉島に渡るなど、日本人の渡航が続いている。今回、観光ツアーが表面化したことで、自粛要請のなし崩しが進む恐れが強まった。
 国後島の古釜布に入った旅行業者は共同通信の電話取材に対し、政府の自粛要請は知っていることを認めた上で「お客さんは皆70歳以上。世界各国を回られていて、行くところがなく、生きているうちには返還にはならないだろうということで、自分の目で日本領土だったところを見てみたい、というのが目的」と説明した。





会費無料のファンクラブを設立、優待乗車券の特典も/野岩鉄道

 第三セクター・野岩鉄道(日光市)は、来年10月に開業25周年を迎えるのを記念してファンクラブを設立し、会員の募集を始めた。利用者数が低迷する中でリピーターを増やすきっかけにしたい考え。会費は無料だが、入会者には会員証を発行して限定バッジをプレゼントするほか、誕生日に優待乗車券を贈呈する。
 日光市の新藤原駅と福島県南会津町の会津高原尾瀬口駅を結ぶ同鉄道は、総延長30.7kmで、全9駅の沿線には川治温泉や湯西川温泉などの観光地がある。ただ、近年は知名度不足や不況の影響などから赤字続きで、昨年度の利用者数は約48万9千人と減少が続いている。


次へ>>

■  プロフィール

事務局

Author:事務局
幾度となく重大事故が繰り返される。その都度、安全規制が強化されるが問題は、守れない事業者にいかに守らせ、守れなければ排除すること。誤った規制緩和を是正し、利用しやすい公共交通の確立をめざし、行政に対して政策を訴え続けます。掲げた政策の実現のため日々、努力あるのみです。


問い合わせ 050-3540-1254

■  国・行政関係各種検討会に参画



バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会



「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」フォローアップ会議



バス事業のあり方検討会(新)


貸切バス運賃・料金制度ワーキンググループ


高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会


バス事業のあり方検討会





■  FC2カウンター

■  Coming Soon

■  凍結防止ワイパー

↓ Crich Here
CropperCapture[7]

■  レインボースキット

Click Here ↓
CropperCapture[8]

■  NNNドキュメント「迷走する轍わだち~貸切バス業界の闇~」

↓ Crich Here
CropperCapture[4]

■  TV金沢②バス事故/違反事業者の実態

↓ Crich Here
CropperCapture[1]

■  TV金沢①バス事故/守られない運賃

↓ Crick Here
CropperCapture[2]

■  「旅行業者の責任重い」

↓ Click Here
toukouwebrog.gif

■  「参入要件の見直しと徹底的な監査を」

↓ Click Here

■  違法行為の数々 ずさんな管理~長野スキーバス事故

↓ Click Here
CropperCapture[2]

■  格安スキーツアーの実態

↓ Click Here
CropperCapture[1]

■  格安ツアーの止まらない恐怖

↓ Click Here
CropperCapture[6]

■  適切な点検実施せず/西区事故 社長逮捕のバス会社

Click Here ↓
無題

■  「長距離運行の安全を確保するには」

Click Here ↓
労働の科学 5月号

■  交通労連結成50周記念レセプション

↓ Click Here

■  「保安要員」義務化を

toukouwebrog.gif

■  繰り返される事故~国対策も安全確保不十分

Click Here ↓
無題

■  人不足 遠い労務改善

Click Here ↓

■  石川テレビ「北陸道夜行バス事故」

↓ Click Here
写真「バス事故」

■  第1回バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会~「バスの運転者が足りない!」

↓ Click Here

■  高速バス新時代 勝ち抜く条件は?

↓ Click Here

■  『あれから1年/ツアーバ本格規制』

Click Here ↓
無題

■  関越道高速ツアーバス事故から1年/安全規制は?

↓ Click Here

■  大型2種免許取得者減/国の後押し必要

toukouwebrog.gif

■  貸切バスにも距離基準

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  第5回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  第1回バス事業のあり方検討会(新)

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(意見交換)③

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)②

↓ Click Here

■  高速ツアーバス実態調査(金沢駅周辺)①

↓ Click Here

■  第4回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here
220px-TSD40_J_bus_fan_club.jpg

■  規制緩和の是正と新たなルールの構築

Click Here ↓
労働の科学 9月号

■  『安全対策 道半ば』

Click Here ↓
無題

■  責任~関越道バス事故から3ヶ月

↓ Click Here

■  関越道高速ツアーバス事故をめぐる労組などの動向

Click Here ↓

Business Labor Trend 7月号

■  第3回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓ Click Here

■  闇に消えた安全

↓ Click Here

■  第1回高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会

↓Click Here

■  『提言に7年/遅れた乗合一本化』

Click Here ↓
logo.gif

■  『安全置き去りに』

Click Here ↓
toukouwebrog.gif

■  『夏休みまでに早急な対応を』

Click Here ↓
logo-nikkei.gif

■  前田国土交通大臣への要請

↓Click Here
DSC_0023.jpg

■  『行政の対応遅い』

Click Here ↓
lo,,go

■  夜行ツアーバス「危険運行の実態」

↓Click Here

■  貸切バス事業者評価制度

click here ↓
img_safety_bus2.gif

■  カテゴリ

■  リンク

■  テールランプ~労連新聞編集後記



↑Click Here ♪

■  最新コメント

■  最新記事

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
7位
アクセスランキングを見る>>

■  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■  カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  QRコード

QR

■  検索フォーム